2001

8K版『2001年宇宙の旅』を一足先に見た! 1年に渡る修復で引き出された70mmフィルムのポテンシャル

NHKは本日、12月1日(土)に放送する8K版『2001年宇宙の旅』のマスコミ向け試写会を行った。

 12月1日は、新4K8K衛星放送が開始される日。8K版『2001年宇宙の旅』は、NHK BS8Kで午後1時10分から放送される。

〈中略〉

 8Kへのデジタイズは、ワーナーが依頼したラボが、オリジナル・カメラネガから8K化用に、新たに作成したフィルムを使って行った。またオリジナルネガを8Kスキャンし、傷や経年の色彩変化などを修復していった。

 実際の作業では、70mmフィルムを映写したものを見ながら、同じ色調になるよう、横に置いた4Kや8Kの小型モニターで、何度も何度も繰り返し丹念に作業を行ったという。8K化に要した時間は実に1年間というから、その作業の膨大さがよくわかる。

 ワーナーで作成されたファイルは、P2に収められてNHKへ納品された。解像度は8K(7,680×4,320)で、色域はBT.709。HDRではなくSDRの24pファイルとなる。音声は5.1ch。このテストファイルがワーナーからNHKへ届いたのが今年8月のことで、NHK側で24p→60p変換を行った。

 なお、この8K化の過程を紹介するドキュメント番組も、11月23日(金)午前4:30-4:59まで、NHK総合で放送される。この番組も、2001年ファンなら必見だ。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:PHILEWEB/2018年11月7日




 NHKの本気を見ました。受信料払っててよかった(笑。当然録画案件です。深夜帯〜明け方の放送なのでメモしておかないと忘れそう。期待しましょう!!

2018年11月8日追記:ドキュメンタリー番組のタイトルは『8Kでよみがえる究極の映像体験! 映画「2001年宇宙の旅」』、案内役は佐野史郎さんと中川翔子さんです。