84794

 スタンリー・キューブリック監督作『2001年宇宙の旅』の70mm版特別上映が、10月6日より東京・国立映画アーカイブにて行われる。『2001年宇宙の旅』製作50周年を記念して、クリストファー・ノーラン監督の協力の元、公開時の映像と音の再現を追求して作成された70mmニュープリントが、今年5月に開催された第71回カンヌ国際映画祭クラシック部門での初お披露目、欧米での上映を経て、ついに日本に上陸する。

 前売り券が販売されるやいなや、ものの数分で完売し、早くも追加上映を望む声が上がっている本企画。今回リアルサウンド映画部では、本上映を主催する国立映画アーカイブの主任研究員・冨田美香氏にインタビューを行い、上映実現までの道のりや、本上映の見どころについて話を聞いた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Real Sound 映画部/2018年10月5日




 70mm上映の技術的・コスト的難しさと今後の70mm上映への波及効果の期待、2,500円という価格設定の根拠、デジタル化で失われるフィルムの質感など、今回の上映の希少性がよく理解できる貴重なインタビューです。この特別上映を実現させたワーナー・ブラザース・ジャパンと国立映画アーカイブ関係者様の努力には頭が下がります。今後、他作品の70mm上映の機会を増やすためにも、大きな混乱もなく、ぜひ成功して欲しいですし、私たちファンもそれへの協力を心がけたいですね。