burnel1
『2001年宇宙の旅』でカメラマン(左)を、『スターウォーズ(新たなる希望)』でデル・ゴレン(右)を演じたバーネル・タッカー

BT
『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』ではワイロン・サーパー大尉(一番右)役で登場

 クラビウス基地の会議室や、モノリス前での記念撮影のカメラマンを演じたバーネル・タッカーは、『スター・ウォーズ(新たなる希望)』で反乱同盟軍の通信士デル・ゴレンを演じているのですが、次作『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』では同じく反乱同盟軍の氷の惑星ホスのエコー基地所属、ワイロン・サーパー大尉を演じています。かと思えば『007は二度死ぬ』で潜水艦のクルー、『オーメン』ではシークレット・サービス、TVシリーズの『謎の円盤UFO』ではパイロット、『電撃スパイ作戦』では通信士や潜水艦のクルー、『U-571』ではデューク提督、『フラッシュ・ゴードン』では旅客機の副操縦士などを担当。

 キューブリック作品では『博士の異常ない愛情』でマンドレイクの副官を、そしてきわめつけは『シャイニング』で警察官を演じてるんですね。でもそのシーンはキューブリックによって公開後すぐカットされちゃいましたが(笑。

burnel2
『博士…』出演シーン。セリフは「将軍から」のみ。

 典型的な「なぜかそんな役ばっかり」の役者さんですが、ここまで警察・航空・軍関係ばかりが続いているのはめずらしいのでは? そんなバーネル・タッカー、『スター・ウォーズ』ファンの間では結構有名な存在らしく、こんな動画まであります。



 ただ、バイオグラフィはカナダ生まれだということぐらいでIMDbにもそれ以上の情報がなく詳細は不明。俳優業も2012年のTVシリーズ『ドクター・フー』以降出演がないようです。キューブリック作品に3回も起用されていますし、どこかでインタビューでも受けてもらって、当時の撮影秘話など聞いてみたいものですね。