2018年10月6日からいよいよ日本でも公開になる、クリストファー・ノーランが監修した『2001年宇宙の旅』アン・レストア70mm版ですが、公式サイトを引用すると

 『2001年宇宙の旅』製作50周年を記念して、クリストファー・ノーラン監督の協力の元、公開時の映像と音の再現を追求して、オリジナル・カメラネガからデジタル処理を介さずにフォトケミカル工程だけで作成された70mmニュープリントでの上映。音は1968年の公開当時と同じ6チャンネルで、上映前の前奏曲、休憩時の音楽、終映時の音楽まで再現されている。

(引用元:国立映画アーカイブ:製作50周年記念『2001年宇宙の旅』70mm版特別上映


とのことです。

 では具体的にどう違うの? という話ですが、すでに70mm版が公開されているアメリカでは予告編がYouTubeにアップされています。



 これをソースに同シーンをBDから抜き出してBD→70mmの順で比較した動画が一番上の動画ですが、けっこう印象が違います。当然キューブリックの意図は後者なので、後者を基本に考えるべきですが、BDを見慣れていると違和感も否めません。ただしモニターとスクリーンでは映像の投影方法が異なるので映画館で観ればこれとは印象は異なるかも知れません。その確認の意味でも今回の上映は貴重なのですが・・・。それにしても12回の上映回数は少な過ぎますね。