2001-a-space-odyssey-japanese-poster
ファンにはおなじみ、初公開時のポスター。

●プレミア上映(MGM)
1968年4月10日(シネラマ)
※テアトル東京にて上映

●初公開(MGM)
1968年4月11日〜9月18日(シネラマ/70mm)

●凱旋興行(MGM)
1969年3月1日〜4月4日(シネラマ/70mm)

●リバイバル上映(CIC)
1978年10月28日〜(シネラマ/70mm/35mm)
※1978年から1984年にかけて70mmや35mmで全国の数多くの映画館で上映された
※テアトル東京(1981年閉館)や大阪OS劇場(1991年閉館)などのシネラマ館でシネラマ上映された

●『2010年』との併映(CIC)
1985年5月11日〜6月27日(35mm)

●ニュープリント版(ヘラルド)
1995年2月3日〜3月2日(35mm)

●新世紀特別版(ワーナー)
2001年4月7日〜5月18日(35mmの上映で70mmの1:2.2を再現)

●新宿バルト9上映(ワーナー)
2007年2月24日〜3月2日(35mm)

●キューブリック監督生誕80周年アンコール上映(松竹)
2008年6月28日〜7月18日(35mm)
※東劇

●新宿プラザ劇場閉館上映(松竹)
2008年11月2日(35mm)

●新宿テアトルタイムズスクエア閉館上映(ワーナー)
2009年8月29日(35mm)

●早稲田松竹特選名画劇場(ワーナー)
2010年1月2日〜1月8日(35mm)

●午前十時の映画祭(ワーナー)
2010年2月6日〜2011年1月21日(35mm)

新・午前十時の映画祭(ワーナー)
2013年4月6日〜2014年3月21日(DCPの上映で70mmの1:2.2を再現)

ライブ・シネマ・コンサート『2001年宇宙の旅』(ワーナー)
2015年11月25〜26日(DCP)
※渋谷オーチャードホール

●恵比寿ガーデンシネマ「爆音映画祭」(ワーナー)
2016年4月3日、6日(DCP)

ニュープリント70mm版(ワーナー)
2018年10月6〜7日、11〜14日(ニュープリント70mm)
※クリストファー・ノーラン監修、アン・レストア版
※国立映画アーカイブのみ



 以上、ざっくりとしたまとめですが、追加情報としてアメリカではIMAX70mm版が8月24日から1週間限定で上映される予定になっています。この「IMAX70mm版」が、日本で唯一のIMAX70mm上映実績がある「109シネマズ大阪エキスポシティ」でそのまま掛けられるのかどうかは、上映技術に詳しくないのでわかりませんが、可能性はあると思っています。もし情報解禁になるのなら、今回の70mm上映チケット発売日前というパターンも考えられるので、特に関西在住の方は動向に注視しておくことをおすすめします(もし空振りだったらごめんなさい)。

 さて、上記の通り『スター・ウォーズ』でSF映画ブームが沸き起こった1978年から1980年代半ばまで、『2001年…』は全国の映画館でリバイバル上映が繰り返されました。当時フィルムは70mmと35mmの2種類があり、70mmの上映施設がある映画館(日比谷スカラ座、新宿プラザ劇場、新宿ミラノ座、渋谷東宝、渋谷パンテオン、松竹セントラルなど)では70mmで、それ以外は35mmで上映されました。つまり今回の70mm上映はそれ以来ですので、約34年ぶりということです。

 そうなると初公開組は60〜70歳くらい、リバイバル組でも50〜60歳くらいですので、それより若い世代は70mm初体験という貴重な機会になります。そのためチケット争奪戦は必至かと思われますが、国立映画アーカイブさんには、ぜひとも上映期間の延長をご検討いただきたいですね。

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
「2001年宇宙の旅」日本公開記録