ap
『アーリアン・ペーパーズ』でヒロインを演じる予定だった、ヨハンナ・テア・ステーゲの衣装合わせの写真。



 巨匠スタンリー・キューブリック監督の右腕として、完璧主義の映画を支えてきたレオン・ヴィタリが、自身が題材のドキュメンタリー作品『フィルムワーカー(原題)/ Filmworker』について、5月11日(現地時間)、ニューヨークのキーノ・ローバーのオフィスで単独インタビューに応じた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/ 2018年5月18日




 キューブリックが進めていた、第二次世界大戦下のポーランドで生き延びるユダヤ人の美しい伯母と少年の話である小説『五十年間の嘘』の映画化『アーリアン・ペーパーズ』が中止になったのは、スピルバーグの『シンドラーのリスト』が先に公開になったから、というのは今までもよく語られてきた理由ですが、個人的には他にも理由があると考えています。実はこの原作小説、確かにホロコーストを扱っていはいますが、それはあくまで「時代背景」であって、小説の主題はレオンがこのインタビューで

 彼はホロコースト自体よりも、ホロコーストの中で嘘をついて生き抜く伯母と少年の心理に興味を持っていたんだ。

と語っている通り、「ユダヤ人のしたたかさ」と「その狡猾さ」を中心に語られます。その語り口も自虐と諦観と皮肉に満ちていて、『シンドラーのリスト』のようにユダヤ人が一方的な被害者とは描かれていません。

 キューブリック自身もユダヤ人であるという事実を考えると、「ユダヤ人監督がユダヤ人を貶める映画を製作する」ということになってしまい、そのことについて快く思わない「ユダヤ人団体」が何らかの圧力をかけてきたとしても不思議ではありません。更にいえば、キューブリックの妻クリスティアーヌの叔父は、ユダヤ人排斥のプロパガンダ映画『ユダヤ人ジュース』を監督した、ナチス御用達の映画監督ファイト・ハーランなのです。マスコミや圧力団体の餌食ならずに済んだ(キューブリック一家は『時計…』で散々な目に遭っている)クリスティアーヌは『アーリアン…』中止の報を聞き、胸をなでおろしたとの感想を漏らしています。

 『アイズ ワイド シャット』に脚本で参加したフレデリック・ラファエルは、キューブリックが原作小説『夢小説』の中に存在するユダヤ人要素を徹底的に排除しようとしている様を、著書『アイズ・ワイド・オープン』の中で書いていますが、それは『アーリアン…』製作準備中に受けた「ユダヤ人団体」からの圧力に懲りていたからではないか、というのが管理人の推察です。よっぽど苛立ちを募らせていたのか、キューブリックは「ヒトラーは正しかった」と冗談とも本気ともつかないようなことを言っていたとも、その著書には記述があります。

 『シンドラーのリスト』はオスカーを獲得しましたが、前作『フルメタル・ジャケット』で、同じベトナム戦争ものの『プラトーン』がオスカーを獲得してしまい、そのことが『フルメタル…』の評価や興行成績に影響を及ぼした事実が、キューブリックの『アーリアン…』中止という判断に影響したとも考えられます。他には家族の問題(キューブリックは家族第一主義だった)などがあり、長期間イギリスを離れられない(東欧で撮影しようとしていた)という事情もあったようです。

 いずれにしても、中止の理由はひとつではないと思われます。ヒロインのターニャにキャスティングされていたヨハンナ・テア・ステーゲは「突然風船が破裂したように感じた」とショックの大きさを語っています。個人的には「キューブリックの『A.I.』」よりも、『アーリアン・ペーパーズ』を観てみたかったと思っているのですが、小説『五十年間の嘘』の映画化が将来あるとするならば(2009年に企画はされましたが、その後の進展は不明)、監督がキューブリックじゃなくてもぜひ観てみたいですね。