映画「2001年宇宙の旅」公開50周年展
 
 フランクフルトの映画博物館では、3月21日から9月23日まで、スタンリー・キューブリック監督「2001年宇宙の旅」公開50周年を記念した特別展「Kubricks 2001. 50 Jahre A SPACE ODYSSEY」が開かれています。小道具や衣装、プロダクションノートや撮影中の写真など、貴重な資料を通し、映画史に多大な功績を残した同作品を改めて振り返ります。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ドイツ・ニュースダイジェスト/2018年5月4日




 フランクフルトのドイツ映画博物館で開催中の『2001年宇宙の旅』公開50周年記念展覧会『Kubricks 2001. 50 Jahre A Space Odyssey』ですが、上記の記事はドイツ在住の記者の方のレポートです。でもやっぱりもっと詳細な展示内容を知りたいので、そろそろ誰かYouTubeにアップしてくれたりしていないかな?と考えて探したのが上記の動画です。見た限り、『スタンリー・キューブリック展』で展示されていたものより充実しているようです。でも最後のアレは謎(笑。単なる目隠しかな?

 この『2001年宇宙の旅』公開50周年記念展覧会の会期は9月16日まで。これ以降はスペイン・バルセロナで『スタンリー・キューブリック展』の開催が決定しています。日本に来るとしたら来年以降ですね(泣。