180209_cinema-e1518086836352
ロゴ制作:鈴木一誌



 2018年3月までは「東京国立近代美術館フィルムセンター」という名称だったのが、本日2018年4月10日「国立映画アーカイブ」として東京国立近代美術館から独立した組織になり、開館しました。以下はそのプレスリリースにあった設置概要です。

独立行政法人国立美術館 国立映画アーカイブ設置のお知らせ

東京国立近代美術館フィルムセンターは、2018年4月、独立行政法人国立美術館の映画専門機関「国立映画アーカイブ」として新たな位置づけで設置されます。これまでも映画の収集・保存・公開・活用を行ってきましたが、今回、他の国立美術館と同格の機関として改組し、「映画を残す、映画を活かす。」をミッションとして、我が国の映画文化振興のためのナショナルセンターとして一層の機能強化を進めていきます。

独立行政法人国立美術館 国立映画アーカイブ 概要

◆名称:国立映画アーカイブ  英語名称:National Film Archive of Japan(略称 NFAJ)
◆設置年月日:2018年4月1日
◆館長(予定者):岡島尚志(おかじま ひさし)
◆ミッション:映画を残す、映画を活かす。
◆URL:http://www.nfaj.go.jp/
◆先付け映像:作者 山村浩二  ※映像はフィルムセンタートップページでご覧ください

◆独立後の体制
●広く外部から助言を得る体制
  アドバイザー(8人)
  岡田裕介氏(一般社団法人日本映画製作者連盟会長)
  奥田瑛二氏(俳優・映画監督)
  河瀬直美氏(映画監督)
  新藤次郎氏(協同組合日本映画製作者協会代表理事)
  長瀬文男氏(株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス代表取締役会長)
  堀越謙三氏(東京藝術大学名誉教授)
  松坂慶子氏(俳優)
  山田洋次氏(映画監督)
  機能強化会議(仮):産官学関係者、アドバイザー

◆ナショナルセンターとしての強化
 ●3 本の柱を核に収集・保存・公開・活用を一本化
  1.映画を保存・公開する拠点:保存・復元・上映・展示
  2.映画の文化・芸術振興拠点:教育・普及
  3.映画による国際交流拠点:FIAF機関との国際連携・協力
 ●大ホールを「長瀬記念ホール OZU」と改称。
 ●幅広く多くの人たちに向けて、監督別や国別、ジャンル別など様々なテーマによる上映会や、映画史上の名作を鑑賞する上映会、映画を学ぶ人たちに向けた上映会、親子向け上映会を実施。

(引用元:東京近代美術館ホームページ/2018年2月6日


 今年のカンヌ映画祭で上映される70mm版『2001年宇宙の旅』が、日本で上映されるとしたら今のところ、ここしかありません。プレスリリースにも「映画史上の名作を鑑賞する上映会」とあります。学芸員さん、日本のワーナーの担当者さん、期待していますよ!