サイケデリック感満載のオープニングが時代を感じませます。フォントがやたらかっこいいですね。



共産主義下のチェコで誕生した傑作SF「イカリエ−XB1」5月19日公開決定!

 共産主義下のチェコでつくられた本格SF映画「イカリエ−XB1」のデジタルリマスター版が、5月19日から東京・新宿シネマカリテほかで全国公開されることが決定。あわせて、モノクロームの劇中カットを組み合わせ、「人類はやがて遭う」というコピーを添えたメインビジュアルもお披露目された。

〈中略〉

 密室の中で徐々に狂気に染まっていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を独創的なスタイルで描き出した「イカリエ−XB1」。インドゥジヒ・ポラーク監督が築き上げたオリジナリティあふれる世界観は、スタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」にもインスピレーションを与えたという逸話を持つほどだ。今回の上映素材は、16年に4K修復され、同年のカンヌ国際映画祭カンヌ・クラシック部門で脚光を浴びたデジタルリマスター版で、日本では劇場初公開となる

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2018年2月11日




 この『イカリエXB-1』については以前こちらで記事にしています。「キューブリックにインスピレーションを与えた」かどうかは微妙なところですが、観たのは確実ですので、良い面であれ悪い面であれ、参考にしたのは事実でしょう。キューブリックは「良い映画からと同じように、悪い映画からも何かを学ぶことができる」と常々語っていたようです。

 この『イカリエ−XB1』のデジタルリマスター版は、5月19日から東京・新宿シネマカリテほかで全国順次公開されるそうです。DVD/BD化もありそうです。楽しみですね。