DSC00222
アクセスは東京メトロ銀座線京橋駅、都営地下鉄宝町駅が近いですが、東京駅の八重洲口からも歩けます。



 東京・京橋にある東京国立近代美術館フィルムセンター 7階展示室で開催中の『ポスターでみる映画史Part 3 SF・怪獣映画の世界』を観てきました。キューブリック作品の展示は、

・『博士の異常な愛情』立看板

・『2001年宇宙の旅』ポスター

・『2001年宇宙の旅』レンチキュラー版

・『時計じかけのオレンジ』1979年リバイバル版ポスター

となっていますが、貴重なのはなんといっても『博士…』の立看板。ポスターは見たことがありましたが、立看板は初めて見ました。更に『2001年…』のレンチキュラー版も貴重。「レンチキュラー」とは、見る角度によって絵柄が立体的に見える印刷のことで、昔、下敷きや定規に印刷されていたのを覚えている方も多いはず。絵柄はマッコールのクラビウス基地のイラストが使用されていました。これも存在自体を初めて知りました。全体的には『スター・ウォーズ』関連と、『ゴジラ』『ガメラ』などの日本の特撮映画が充実していた印象。その他のSF映画はファンなら誰もが知る有名作品ばかりなので、そんなに詳しくない方でも楽しめると思います。

 展示は常設展示の『日本映画の歴史』に引き続く形で展示スペースが用意されていましたが、この常設展示も中身が濃く、戦前・戦中・戦後(1950年代まで)の日本映画の歴史をダイジェストで紹介しています。最後に日本のアニメーションの黎明期の展示が少しあり、手塚以前の日本のアニメ映画の歴史を知ることができますので、こちらもおすすめです。

●概要

会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(7階)

会期:2018年1月4日(木)−3月25日(日)

開室時間:11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)

休室日:月曜日は休室です

観覧料:一般250円(200円)/大学生130円(60円)/シニア・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料

*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*フィルムセンターの上映企画をご覧になった方は当日に限り、半券のご提示により団体料金が適用されます。

主催:東京国立近代美術館フィルムセンター

(引用先:東京国立近代美術館フィルムセンター「ポスターでみる映画史Part 3 SF・怪獣映画の世界」