beyond1
『善悪の荒野(Beyond good and evil, make way toward the waste land.)』と題されたアート作品



 銀座の資生堂ギャラリーにて2017年11月21日〜12月24日まで『1/2 Century later.』と題したアート展が開催されていて、そこに『2001年…』の白い部屋をモチーフにしたアート作品『善悪の荒野(Beyond good and evil, make way toward the waste land.)』が展示されているそうです。

以下は資生堂ギャラリーのホームページからの引用です。

 本展でTHE EUGENE Studioは、展覧会を終えるとともにちょうど「半世紀」が経過することになる『1968年』をひとつのモチーフに、『1/2 Century later.』―つまり、「あれから半世紀(あるいはこれから半世紀)」を主題とした未発表のインスタレーションを展示します。THE EUGENE Studioはいままで、過去の未来像に対比させ、現在の「私(たち)」が現実とのつながりの中で作り出すことのできる新しい鮮やかな未来像を思索してきました。展示会場では、「過去の物語で描かれた未来像の遺産」をモチーフとしたガラス張りの大型インスタレーションと、それを取り囲むように、次の未来を反映する作品群が立ち現れます。

 ということらしいですが、キューブリックファン的には再現度が気になるところです・・・というわけで観に行ってきたのですが、なかなかすごい再現度で驚きました。小説版『2001年…』によると、この「白い部屋」は異星人が燃やしてしまった(二重星の業火から守る壁の中に存在していたが、その壁を異星人が取り払った)ことになっていますが、実際に部屋のセットを組んだあと燃やしてしまったそうです。なんてもったいない(笑。

 とても迫力のある展示なので『2001年…』を観ていなくても印象深いですが、やはり『2001年…』を知っているのと知らないのとでは大違いでしょう。同伴者が観ていない場合はなるべく映画を観せてあげてからの鑑賞をおすすめいたします。

 開催概要は以下の通り。

■1/2 Century later.
日程:2017年11月21日(火)〜12月24日(日)
時間:月〜土曜日 11:00〜19:00 / 日曜日 11:00〜18:00 / 日曜日 11:00〜18:00
定休日:月曜日
場所:資生堂ギャラリー
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
入場料:無料

 以下は展示のネタバレです。






beyond3

 なんと、ボーマンが落として割ってしまったグラスまでありました。これには驚きました。灰に埋もれて見つけづらいので、よく探してみてください。

beyond2

 そして、展示と対峙するように三体のモノリスが・・・! ただしこれは正確に模したものではなく、一応「アート作品の展示用壁」ということになっていて、中央のモノリスには白いキャンバスが、左右のモノリスにはiPhoneが据え付けられていて、そこに映像が流されていました(これも『White Painting』と題されたアート作品)。しかしどう考えてもモノリスを意識したものとしか思えません。展示スペースを上から眺めていて、このことに気付いた時には思わず笑ってしまいました(笑。

 このように、このインスタレーション(空間展示)自体が『2001年…』のラストシーンを追体験できるようになっています。小説版では白い部屋は二重星の業火に焼かれてしまいましたが、スターチャイルドと化したボーマンが見た最後の光景、それがこの「燃えた白い部屋」の展示の裏テーマなのかもしれません。キューブリックファンなら絶対体験してみるべき展示だと思います。ぜひ訪れてみてください。

追記:展示作品の撮影はOKですが、ガラスにレンズが当たると危ないのでくれぐれも足元の線の外からの撮影をお願いいたします。