博士の異常な愛情 [Blu-ray](amazon)


 ロシアのプーチン大統領とアメリカの映画監督オリバー・ストーン氏が、故スタンリー・キューブリック監督の映画「博士の異常な愛情」を一緒に鑑賞していたことが明らかになった。

 6月12日にアメリカの衛星テレビ「ショウタイム」で放送された、ストーン氏制作のドキュメンタリー番組で紹介された。

(全文はリンク先へ:HuffPost Japan/2017年6月13日




 できればストーンではなく、トランプと肩を並べて爆笑しながら観て欲しかったですが、「プーチンが『博士…』を観た」という事実は、キューブリックファンにとってはちょっと意識してしまいますね。今後、核関連のニュースがロシアから流れてくるたびに「『博士…』を観たプーチンがこう言っている」というバイアスが良くも悪くもかかってしまいますので。

 インタファクス通信によると、映画を見終わった後、プーチン氏は「当時と今とでは状況はあまり変わっていない。兵器のシステムがより複雑になったということぐらいで、『報復のための兵器システム』という根本思想は変わっていない」と感想を述べた。

とのことですが、核抑止力が現在の平和の均衡を保っているという一面は疑いもない現実です。しかしその反面、核の暴走の行く末が破滅なら、それを回避するために我々は一体何をすべきか?という問いに、世界の指導者は常に「正解」を出さなければいけません。しかもその「正解」は長い年月が経ち、「歴史」になってみないとわからないというやっかいなものです。もしかしたら映画は、そのやっかいな正解を可能な限り正確に予測する最良の媒体かも知れません。キューブリックが意図したのか、していなかったのかはわかりませんが、いくつかのキューブリック作品がそういった未来予測の役割の一旦を担っているのだとしたら、やはり「キューブリックは天才」(本人は嫌がっていたようですが)という評価は揺るぎないと思わざるを得ませんね。