今ハリウッドで最も旬な2人、ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットをダブル主演に迎え、極限状況に置かれた男女の愛と運命を壮大なスケールで描くスペース・スペクタクル・ロマン『パッセンジャー』(2017年3月24日日本公開)。極限状況に置かれた、男女の愛の物語の裏に、あの名作サスペンス『シャイニング』(80)の要素があったことを、主演のクリス・プラットが明かした。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ハリウッドニュース/2017年4月1日




 現在公開中の『パッセンジャー』に、『シャイニング』のオマージュが仕込まれているという話はチラホラとネットでも話題になっていましたね。上記の予告編にもオマージュされたバーシーンが登場しています。シャイニングカーペットらしいものもチラっと映りますね。宣伝部的には「宇宙版タイタニック」として売り出しているみたいですが、他にも様々な要素が盛り込まれているようで、評判は悪くないみたいです。

 ただ・・・ハリウッドニュースさん、「ジャック・ニコルソン演じるロイドは、誰もいるはずのない無人のバーに度々出入りし、ロイドという存在しないバーテンダーと語らう。この時点からロイドの精神状態は少しずつおかしくなり始めるのだが・・・」って完全に間違ってますよ。ジャック・ニコルソンはロイドではなくジャック・トランスです。ロイドはバーテンダーの名前ですね。またもや「ちゃんと観たんかい!」とツッコミたくなる初歩的な間違いですが、これで「ハリウッドニュース編集部」って名乗っちゃうってどうなんでしょ? ロイド→ジャックの単純な間違いなんでしょうが、校正もロクにしないネットメディアの情報の正確性ってこんなものなんでしょうね。

 元ネタのバーシーンはこちら。