ドクター・スリープ 上(amazon)



ドクター・スリープ 下(amazon)


 米ワーナー・ブラザースが、スティーブン・キングの長編小説「シャイニング」(1977)の続編小説「ドクター・スリープ」(2013)を映画化することになり、脚本に「ビューティフル・マインド」のオスカー脚本家アキバ・ゴールズマンを起用したと米Tracking Boardが報じた。

 前作は、スタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演の80年の映画版「シャイニング」でも広く知られる。その30年後が舞台となる続編小説の主人公は、中年になったダニー・トランス(ジャック&ウェンディ・トランス夫妻の一人息子で、前作ではまだ少年)。超能力“かがやき”を持つダニーが、似た能力を持つ少女アブラとともに、邪悪な存在に立ち向かう姿が描かれる。

(全文はリンク先へ:映画.com ニュース/2016年4月4日




 監督名が発表になっていないのが気になりますが、予想どおりの映画化ですね。小説はまだ読んでいませんが、前作とのつながりは導入部分だけで他は別の物語といってもよさそうです。映画完成後のインタビューでキングが「この監督はキューブリックより才能がある」とぶち上げるところまで予想しているのですが、さて、どうなることやら。

 個人的にはマーク・ロマネク監督で企画が進んでいる『シャイニング』の前日譚、『オーバールック・ホテル』の方に期待しています。