photo_Kubrick
※クリックでwebサイトへ


ムービーマスターズ第1弾 関連企画
スタンリー・キューブリック展

 20世紀の巨匠スタンリー・キューブリック監督。恐るべき才能と圧倒的な映像美感覚は没後16年経った今もファンから愛され続けています。今年、キネマ旬報DDは“ムービーマスターズ第1弾”と銘打ち、キューブリックの4作品を全国の14か所以上のスクリーンで蘇らせます。― もちろん広島でも。

 これに喜びを感じた有志が広島発信にて関連企画展として「スタンリー・キューブリック展」を開催。キューブリックがインタビューで応えた際の“ことば”や手記の中から抜粋した“名言”の紹介のほか、『アイズ ワイド シャット』に出演していた日本人俳優・故 楠原映二さんご遺族より貴重な展示物をお借りすることができました。ぜひご覧いただき、キューブリックの世界観に酔い痴れ、迷宮滞在をお楽しみください。

会期:2015年5月21日(木)〜6月9日(火)
場所:1F オリエンタルデザインギャラリー
時間 :11:00〜20:00(最終日は17:00まで)
無休 入場無料

(以下リンク先へ:オリエンタルホテル広島




 『スタンリー・キューブリック展』と言っても、現在メキシコ・モンテレイで開催中の『スタンリー・キューブリック展』とは別のものになります。記事にある楠原映二さんとは『アイズ…』で少女回春していた日本人役として出演していた俳優です。規模としては小さなもののようですが、入場無料ですので近隣の方はお出かけになってはいかがでしょうか。5月21日には基調講演もあるそうです。また、サロンシネマでの『スタンリー・キューブリック特集』上映日程が以下のように決定したそうです。

●日程
5月23日(土)〜6月5日(金)連日19:00台〜
『時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『フルメタル・ジャケット』『アイズ ワイド シャット』日替わり上映
※5月23日(土)『時計じかけのオレンジ』『フルメタル・ジャケット』『バリー・リンドン』オールナイト上映 3,000円

●チケット
大人1,400円、学生以下・シニア1,100円、4回券4,000円

※詳細はこちら

これで『キューブリック特集』のオールナイト上映は新文芸坐、キネ旬シアターに続き三館目です。隣県の岡山でも夏に上映が予定されているそうです。こちらも詳細がわかりましたらまた情報をアップいたします。