キューブリックが『2001年…』を製作するにあたり参考に観た映画のひとつ。

 旧ソ連製のSF映画で、あらすじは「金星探査に向かったソ連の宇宙船三艇の内、一艇が隕石と衝突して破壊されてしまう。それにも挫けずソ連人民と共産党の期待に応えるべく残りのクルーで金星探査を続行するが、そこには人間を喰らう植物や恐竜、荒ぶる火山などが行く手を阻む・・・」という物語。

 未知の惑星探査、謎の声と先史文明の存在、クルーの相棒的存在のロボットなど『禁断の惑星』の影響をかなり感じさせますが、宇宙服や水陸両用車のデザインなどは一周回ってかなりかっこ良く感じます。宇宙船のセットや特撮にもそれなりにお金がかかっているし、人間を裏切るロボットがアメリカ製であるなどプロパガンダ臭もあるので当時の共産党宣伝部が真面目に、それなりのお金を使ってつくったんだろうなあ、とは思います。

 まあでも水や海や植物まであって火まで起こしているのに、いつまで宇宙服着っぱなしなの?とか、なんでもかんでも敵とみれば銃をぶっ放すのはどうなの?とか、突っ込みどころは満載ですが、それはそれ、1961年の映画なので大目に見てあげましょう。

 でもこのストーリー、キューブリックやクラークが当初構想していた『2001年…』のプロットの

 「地球外の人工物体との出会いを、発端ではなくクライマックスに置くというものだった。その手前では、いろいろな事件なり冒険をとおして、月や惑星の探検が描かれるという趣向だ」

『失われた宇宙の旅2001』より)


とそっくりなんですが。まさかパクっ・・・たわけではないでしょうけど、この作品を反面教師としたのなら『2001年…』にインスパイアを与えたと言えなくもないので、その線で宣伝してみるのも悪くないかもしれないですよ、DVDの販売元さん! でも、そのせいで抗議や批判を浴びても当方は責任を持ちませんので、悪しからず。

 余談ですがこの作品、かのB級映画の帝王ロジャー・コーマンが安価で買いたたき、事もあろうに改作映画を2本(『原始惑星への旅』、『金星怪獣の襲撃』)を製作、上映したそうです。そういう意味では改作作品は立派なB級でも、本作をB級呼ばわりするのは違う気がしますね。『Warriors of the Wind』はB級だとしても『風の谷のナウシカ』をB級呼ばわりするようなもんです。一応は真面目にSF映画を作ろうとした当時のソ連スタッフの熱意に免じ、「アメリカに負けじとSF大作を目指したが中途半端に終わった失敗作」くらいの評価でいいんじゃないでしょうか。


火を噴く惑星 [DVD](amazon)



原始惑星への旅 新訳版 [DVD](amazon)



金星怪獣の襲撃 新・原始惑星への旅 [DVD](amazon)