Barry Lyndon [Soundtrack, Import](amazon)


1. Sarabande-Main Title (2:43)
 サラバンド=メイン・タイトル
 George Frederick Handel / Leonard Rosenman, National Philharmonic Orchestra

2. Women Of Ireland (4:12)
 愛のテーマ(アイルランドの女)
 Sean O Riada / The Chieftains

3. Piper's Maggot Jig (1:43)
 パイパーズ・マゴット・ジグ
 Traditional / The Chieftains

4. The Sea-Maiden (2:06)
 海の乙女
 Traditional / The Chieftains

5. Tin Whistles (3:45)
 ティン・ホイッスルズ
 Sean O Riada / Paddy Moloney And Sean Potts

6. British Grenadiers (2:15)
 イギリスの擲弾兵
 Traditional / Fife and Drum Ensemble

7. Hohenfriedberger March (1:17)
 フレデリック大王=ホーヘンフリードベルゲル行進曲
 Frederick the Great / Leonard Rosenman, National Philharmonic Orchestra

8. Lilliburlero (1:09)
 リリブレロ
 Traditional / Fife and Drum Ensemble

9. Women Of Ireland (0:56)
 愛のテーマ(アイルランドの女)
 Sean O Riada / Derek Bell

10. March, from Idomeneo (1:33)
 イドメネオより「行進」
 Wolfgang Amadeus Mozart / Colin Davis, Royal Philharmonic Orchestra

11. Sarabande-Duel (3:15)
 サラバンド―決闘
 George Frederick Handel / Leonard Rosenman, National Philharmonic Orchestra

12. Lilliburlero (0:55)
 リリブレロ
 Traditional / Leslie Pearson

13. German Dance No. 1 in C Major (2:18)
 ドイツ舞曲第一ハ長調
 Franz Schubert / Leonard Rosenman, National Philharmonic Orchestra

14. Sarabande-Duel2 (0:52)
 サラバンド―決闘
 George Frederick Handel / Leonard Rosenman, National Philharmonic Orchestra

15. Cavatina from "Il Barbiere di Siviglia" (4:32)
 セヴィリアの理髪師
 Giovanni Paisiello / Leonard Rosenman, National Philharmonic Orchestra

16. Cello Concerto E minor (3rd movement) (3:53)
 チェロ・コンチェルト・ホ短調(ヴィヴァルディ)
 Antonio Vivaldi / Pierre Fournier; Rudolf Baurngartner; Cello Festival Strings Lucerne

17. Bach: Adagio, from Concerto for Two Harpsichords and Orchestra in C minor (5:17)
 アダジオ―二台のハープシコードのための協奏曲から
 Johann Sebastian Bach / Karl Richter and Hedwig Bilgram, Munich Bach Orchestra

18. Piano Trio in E flat Major, Op. 100 (2nd movement) (4:18)
 ピアノ三奏曲ホ短調作品100より
 Franz Schubert / Holmes-Welsh-Goldstone Trio

19. Handel: Sarabande-End Title (4:09)
 サラバンド=メイン・タイトル
 George Frederick Handel / Leonard Rosenman, National Philharmonic Orchestra



 キューブリックが『バリー・リンドン』を製作するにあたり「サントラでは1曲も曲を書き起こす事をせず、全て18世紀の既存曲、もしくはそのアレンジでいく」と決意したのはいいのだが、それには様々な苦労があったようだ。

 まず大前提の「18世紀の既存曲」が「18世紀には悲劇的でロマンチックな曲がなかった」と、19世紀の楽曲であるシューベルト『ホ短調 三重奏曲 作品100』を採用せざるを得なくなってしまった。残りの曲はアレンジされる事になり、ジェームス・ディーンの『エデンの東』や『理由なき反抗』で作曲をしたレナド・ローゼンマンを起用。バッハ、ヘンデル、モーツァルト、シューベルト、ヴィヴァルディなどを編曲・録音した。しかし当のローゼンマンはこの仕事にかなり不満で

 「あの信じ難く退屈な映画に、私が選び出した音楽が繰り返し繰り返し流されるのを前にして、私は思ったよ『何てこった!滅茶苦茶じゃないか!』って。アカデミー賞は断るつもりだった」

『キューブリック全書』より)


と述べている。

 キューブリックが映像を18世紀の古色蒼然とした世界を忠実に再現するのに拘ったように、音楽にも同様のスタンスで望んだのは当然と言える。音楽考証的には多少目を瞑っても、どんな批判を受けようとも、それは絶対やり遂げなければならない命題だったのだろう。その判断が正しかった事は、21世紀の現在に於いて『バリー…』を見返してみても、この「古色蒼然とした18世紀の空気感」は全く損なわれていないという事実が証明している。

 時代物の多くの映画が、その作られた年代の空気をなんとなく感じさせてしまい、観返すだけの価値を失ってしまっている事を考えれば、キューブリックの徹底した拘りがもたらしたこの「普遍性」は、映像の力だけではなく音楽(選曲)のセンスによるものも大きいと言えるのではないだろうか。