le_garcon_sauvage_1951
『恐怖…』のポスターでポルノ男優のように扱われたフランク・ヴィラール(右)。

 全く稼がなかったキューブリックの劇場用映画第一弾『恐怖と欲望』と、二本立てで公開された『THE MALE BRUTE(野生の男)』ですが、LACMAで展示されたこのポスターでは「A Story of SIN,SEX and PASSION!(罪とセックスと情熱の物語)」とまるでポルノのように扱われています。ところが別の広告によると「The Story of a FRENCH PROSTITUTE ... and(フランスの売春婦の物語、そして・・・)」となっていますので、どうやらフランス映画のようです。

 調べてみると『THE MALE BRUTE』だけの広告を発見。出演俳優はMadeleine RobinsonとFrank Villardであった事が判明、ここまで来るとあとは簡単です。IMDdでこれを見つける事ができました。フランスでの原題は1951年公開の『Le garcon sauvage』、日本では『海を見た少年』としてVHS化された(劇場未公開)名匠ジャン・ドラノワ監督の作品です。

 ここに短い映像がありますが、ストーリーは「シモンは母親マリー(売春婦)に引きとられてマルセイユに戻ったが、キザな男ポールと、母の気ままな生活ぶりに反抗し・・・海の生活にあこがれる、多感な少年の姿を生き生きと撮った名匠ドラノアの作品」と、全くポルノではありません。原題を訳せば「野生児」となり、英題の『野生の男』は間違いじゃありませんが、「男」とはポールを指すのではなくシモン少年を指しているのであれば、『恐怖…』と同様、完全にプロモータ側のポルノへのミスリード戦略である事がわかります。

 この作品も『恐怖…』と同様、ジョゼフ・バースティン社が配給しています。つまり、当時キューブリックの後見人的役割を果たしていたジョゼフ・バースティンが、思うように稼がなかった『恐怖…』と『海を見た…』を抱き合わせ、ライフの記事にヴァージニア・リースが取り上げられた(1953年4月26日号のP122P125)のを利用し、(バースティンがライフ誌に記事にするよう持ちかけた可能性もある)映画には登場しないリースの半裸をビジュアルにした広告を制作、両作品をほとんどポルノとして上映し、なんとか出資金を回収しようとしたという経緯が想像できます。

 当時25歳のキューブリックは自作のこの末路をどう感じたんでしょう。このような屈辱的な経験をしたキューブリックが、自作の権利を頑なに守ったり、自作の広告の出稿状態を常にチェックしたりする姿を我々は異常だ、偏執狂だと笑えるでしょうか?そういう無知や無理解に一切反論しなかったキューブリック。せめてファンを名乗る我々くらいその心中を察し、理解してあげたいものです。