2001-a-space-odyssey

 『2001年…』の宇宙ステーションV(ファイヴ)内、ヒルトンホテルのロビーに設置されていた赤いイス、それがジンチェアです。デザインしたのはフランス人のデザイナー、オリビエ・ムルグ。1939年生まれで、フランスのインテリア・メーカーのエアボーン・インターナショナルに在籍中にこのジンチェアを製作したそうです。1965年だったそうですから、キューブリックまさに当時最先端の家具を採用したんですね。キューブリックが『2001年…』のセットや模型は全て破棄してしまっていますので、キューブリック展展示されているのは多分レプリカでしょう。

 このジンチェア、家具好きの間ではいわゆるミッドセンチュリー系として知られていますが、日本でミッドセンチュリーといえばイームズ・チェアの方が一般的で、レプリカでもを扱っている店はあまりないようです。でも検索するとチラホラと納入実績のある店舗もあるようですので、どうしても入手したい方は問い合わせてみましょう。

 因に上記店舗の納入先はラスクで有名なガトーフェスタ ハラダの新本館シャトー・デュ・ボヌールです。ジンチェアに座ってみたい方は家族サービスと称して訪れてみてはいかがでしょうか?嫁さんと子供が美味しいラスクを選んでいる間にニンマリしながら座り心地を楽しむ・・・うーん、一石二鳥ですね。