『ロリータ』でハンバートとロリータとヘイズ婦人がドライブイン・シアターで観ていた映画。フランケンシュタインは幾度か映画化されていますが、これは1957年のもので実はカラー作品だったんですね。

 このフランケンシュタインの怪物(よく勘違いされるのですが、フランケンシュタインとは博士の事で、怪物は博士の創造物です)を演じているのはかの名優クリストファー・リー。『スター・ウォーズ』のドゥークー伯爵役や『ロード・オブ・ザ・リング』のサルマン役で有名ですが、それ以前はドラキュラだの、ミイラだの、フー・マンチューだの怪奇ホラー映画では欠かせない定番俳優でした。

 とくれば、その相手役のフランケンシュタイン博士はピーター・カッシングですね。この人も『スター・ウォーズ』のターキン総督役が有名です。ドラキュラシリーズのヴァン・ヘルシング教授役で上記のクリストファー・リーと息の合ったコンビぶりを見せています。TV版のシャーロック・ホームズ役でも有名だそうです。