この作品を関連作品と呼べるのかどうか微妙だけど、一応ご紹介。本作で登場する巨大タンカーの内部をデザインしたのはあのケン・アダム。ただ、あまりにも巨大に造ってしまい、しかもアルミ製のピカピカだったものだからどうしてもライティングが上手く行かない。そこでケンが相談を持ちかけたのが、当時『バリー…』で一緒に仕事をしていたキューブリック。相談されたキューブリックはノークレジットを条件にアドバイスしたそうです。

 まあ、そんな事を考えながら観るのも一興だけど、007シリーズの中でこの『私を愛したスパイ』ってファンにとってはどういう位置づけなんでしょうね。ここを見る限りそんなに評判は悪くないようですが。白いロータスが海に潜るシーンがやらた印象に残っていますが、上記のシーンも懐かしいです。でもボンドの声が広川太一郎で脳内再生されるということは・・・たぶん映画館で観てないな(笑。


私を愛したスパイ (アルティメット・エディション) [DVD](amazon)