FMJ

 原題の『ザ・ショート・タイマーズ』を採用せず、「響きが美しく象徴的だから」と『フルメタル・ジャケット』というタイトルを採用したキューブリック。「響きが美しい」は原題と比較すればすぐ理解できるが、「象徴的」とは何を象徴していると考えてのコメントだったのだろうか。

【フルメタルジャケット弾(full metal jacket / 被覆鋼弾、完全被甲弾)】

 貫通性が高い通常の弾丸。弾芯が金属(メタル)の覆い(ジャケット)で覆われているメタルジャケット弾の一つ。ボール(Ball)弾とも呼ばれる。ほとんどのフルメタルジャケット弾は弾芯である鉛をギルディング・メタル(真鍮。混合率は銅95%、亜鉛5%)で覆っている。軍用ライフルでは、目標衝突時の弾頭変形を防ぎ貫通力を高めるため、このフルメタルジャケット弾が使われる。〜中略〜ハーグ陸戦条約第23条の「不必要な苦痛を与える兵器、投射物、その他の物質を使用すること」への抵触を避けるなどの人道上の理由から、軍用弾にはフルメタルジャケット弾が用いられる。

弾丸/Wikipedia

 この解説を読む限り、フルメタルジャケットとは戦場で使用されている通常の銃弾そのもののようだ。では改めてその「銃弾」が象徴するものとは何だろうか。

 映画では冒頭の散髪のシークエンスから、ラストの炎をバックにして行軍するシークエンスまで、徹頭徹尾人間を物としか扱っていないかのような空々しさが漂う。戦場では思想も、哲学も、理想も、絶望も、夢も、未来も、感情も、自由も、真実も、虚構も、そんな人間性を伴うもの全てがまるで悪い冗談にように虚しく通り過ぎてゆくだけだ。唯一の現実はただひたすら銃弾によって殺し合うこと。銃弾は一度放たれたら最後、嘘や冗談も言わずただ粛々と命を奪ってゆくだけ。すなわち戦場では銃弾=真理なのだ。冗談を言わない銃弾。冗談を言う人間(ジョーカー)に真理は無い。だから戦場で真理となるには銃弾になる必要があるのだ。

 だが、物語中唯一銃弾にならなかった(なれなかった)人間がいる。そう、レナード(パイル)だ。実はレナードこそ人間なのだ。人としての感情に富み、正直さ、弱さ、優しさに溢れている。劇中唯一本名を与えられていた事からもわかるように、レナードこそ人の良心、人間性そのものと言って良い。

 だから狂った。人間だから、良心があるから狂った。でもそれは戦場では何の役にも立たない不良品。良心を持った銃弾など戦場では使えない。それは当然のように排除の対象となる。キューブリックは劇中唯一このシークエンスだけにタイトルを台詞に載せている。「フル・・・メタル・・・ジャケット」と呪いのように呟き、自ら銃口を口に銜えるその姿は、人間のままでいたいともがくレナードの最後の抵抗なのだ。そして銃弾が脳天にめり込んだ瞬間、レナードは銃弾になることなく人間のまま死んだ。

 それ以降、人間は誰一人として登場しない。登場するのは人間の形をした銃弾だ。あの可哀想に見えるベトコン少女でさえもそれは例外ではない。少女は知っていた。銃弾になってしまった自分を救えるのは銃弾でしかないことを。ジョーカーも気づいていた。銃弾である自分が、少女が銃弾であり続けることを終わらせられる唯一の存在であることを。それが「血みどろの親密さの共有」。少女は撃ち殺して欲しいと望んだ。レナードと同じように。そして銃弾が体内にめり込んだ瞬間、少女は銃弾から人間へ還り、死んだ。

 これがフルメタルジャケット。それはかつて人間だった単なる消耗品。フルメタルジャケット。それはいっさい嘘や冗談を言わない戦争の真理。『フルメタル・ジャケット』・・・これがキューブリックが描いた戦争の本当の姿。

2019年7月14日追記:フィリップ・キャッスルが描いた、ポスターなどに使用されたヘルメットのイラストに描かれた弾丸の数が、本編で死ぬ海兵隊員と同じ「7」であることに、もっと多くの人が気づくべきでしょう(詳細はこちら)。