キューブリック初心者の映画女子におすすめしやすい順で勝手にランキング。かなり独断と偏見に満ちてます。ネタ程度にどうぞ。



シャイニング [Blu-ray](amazon)


1位 シャイニング

 主演がジャック・ニコルソンだし登場人物も少なめ、ストーリーもシンプルだからおすすめしやすい。コンチネンタル版でもいいけど、入手できれば全米版の方が説明多めで分かりやすいかな。女子はお化け屋敷的な「おどかし」を怖がるけど、そういう要素は少なめなのも安心。



アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


2位 アイズ ワイド シャット

 トム&ニコールなので出演俳優的にはものすごくおすすめしやすいし、セレブな雰囲気や美しい映像もアピールポイント。ただエロが多めなのはちょっと・・・。あと難解な印象も残るのでそれも若干マイナス。



バリーリンドン [Blu-ray](amazon)


3位 バリー・リンドン

 ヨーロッパ版大河ドラマと言えば説明も早いし、絵画のような風景や美しい衣装も好印象。恋愛ものの要素もあって、女子には受け入れられやすいかも。ただ長尺なのと印象が平板なので「退屈」と言われる危険性あり。



2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)


4位 2001年宇宙の旅

 1、2位でハリウッド映画にはないジリジリとしたキューブリック作品の独特の緊張感・世界観を知り、3位でゆっくりとしたテンポや長尺なのに慣れたところでこれを。ただし観賞後は質問攻めになる可能性大なので解説はほどほどに。



突撃 [DVD](amazon)


5位 突撃

 いわゆる「劇映画」的な面白さはここに結実しているので、キューブリック初心者にはかなり観やすいかと。映像作家としてではなく、演出家としてのキューブリックの集大成として4位と比較するといいかも。



スパルタカス [Blu-ray]


6位 スパルタカス

 主役が同じなのに5位との落差に愕然。これを観ればいかにキューブリックの映像センスが優れているか、メロドラマ的演出を嫌っていたかを逆説的に証明できちゃいます。ホモォなところも一部女子には好感かも。ただし「雇われ仕事だった」ことはちゃんと説明しておきましょう。



非情の罠 [DVD](amazon)


7位 非情の罠

 短いし、分かりやすいし、ハッピーエンドだし。キューブリックってこんなのも撮ってたんだよ、と巨匠を身近に感じてもらえる好機になるかも。ただし「当時26歳」ってことはちゃんと強調しておきましょう。



現金(ゲンナマ)に体を張れ [DVD](amazon)


8位 現金に身体を張れ

 これを面白いと思ってもらえるかどうか自信なし。登場人物も多いし時間経過の描写も今の感覚からすると観づらいだけ、と言われそう。絵に描いたような悪女シェリーもマイナス材料。



フルメタル・ジャケット [Blu-ray](amazon)


9位 フルメタル・ジャケット

 ここから難易度があがってきます。後半の戦闘シーンは『プライベート・ライアン』が凄惨な戦争描写のタブーを破っちゃったんで問題ないと思うけど、前半のイジメはキツいと感じる女子は多そう。女子は多かれ少なかれイジメを経験してるからね。野郎には大好評の軍曹語録も女子にはどん引き。



ロリータ [Blu-ray](amazon)


10位 ロリータ

 タイトルだけでダメだし必至。ただオシャレな雑貨屋で当時のビジュアルがポスターやポストカードで売られていたりするので、その線で攻めれば可能性はなくはないかも。でもいくらエロシーンはないと説明しても、自分はロリコンじゃないという事を信じてもらえるだけのルックスが備わっていなければ逆効果。でなければ潔く諦めましょう。



博士の異常な愛情 [Blu-ray](amazon)


11位 博士の異常な愛情

 ただ悪趣味、ひたすら悪趣味。時代背景が全く変わってしまった現在ではその一言で済まされそう。ギャグが寒いのも、特撮がチープなのもハードル高し。



時計じかけのオレンジ [Blu-ray]


12位 時計じかけのオレンジ

 イジメがあってエロで悪趣味で、さらに暴力満載といいところなし。深いテーマ性などおかまいなしに、ただひたすらの拒否反応まちがいなし。



恐怖と欲望 Blu-ray(amazon)


13位 恐怖と欲望

 作品として観るより、キューブリックの志向を確認するための貴重な資料として観るべきものなので最後でいいかと。ただ、ここまでたどり着いた女子はもう後戻りできなくなる可能性大。社会復帰(一般的なハリウッド映画をピュアに楽しめる感性)はもう無理です。諦めましょう。



 ・・・こんな感じでしょうか。想定できる一般的な女子の反応を目一杯考慮したらこうなりました。まあでも基本的にキューブリックは男性向けではありますね。あまり女性が観る事を考慮して創ってない気がします。でも、このアンケートによると一定数支持層はあるようですので、もっと一般層に面白さの認知が広がると嬉しいですね。

 キューブリック作品のファンには何かと「サブカルかぶれの御用達」や「難解なものを知ったかぶりする似非インテリ」などの批判をする向きもありますが、当ブログを読んでいただければそんな指摘は全くの的外れである事が理解できるかと思います。要は「面白ければそれでいい」のであって、男女を問わずそういったライトな感覚で「好き」と言える機会が増えればいいなと思っています。