2019年10月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
LE DENIM

 ベイクルーズ運営のブランド「SLOBE IENA(スローブ イエナ)」から、『時計じかけのオレンジ』のロゴをあしらったロングTシャツが販売中です。

 色は白のみ、サイズはフリー。価格は6,050円(税込)。丈は長めで、今は流行っている前だけインさせると可愛いかもしれないですね。販売ページには「大好評につき追加生産が決定しました!」とありますが、知らない間に売れまくっていたようです。購入はこちらからどうぞ。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
jouetie

 ZARAでもメンズの『シャイニング』フーディは発売になっていましたが、こちらはレディースでしかも双子の少女デザインです。ただ予約販売でお値段も9,900円(税込)とちょっとお高め。両袖に公式ロゴ、背中に「REDRUM」、色はブラック、グレー、アイスブルー。サイズはMのみ。在庫僅少ですので欲しい方はお早めに。予約はこちらからどうぞ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
denhobi

 スタンリー・キューブリック監督によるSF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』に登場し、その世界観に魅力的なディテールを与えたメカニックがフィギュア化! 「アリエス号&スペースポッド」「オリオン号&ムーンバス」の2種セットがベルファインより2020年春発売予定です! また、同じく『2001年宇宙の旅』から全長25センチを超える「ディスカバリー号」も鋭意開発中とのこと。続報をお楽しみに!

(全文はリンク先へ:電撃ホビーウェブ/2019年10月26日




 管理人の知識不足ですが、こういった「メカもの」も「フィギュア」っていうんですね。定義がよくわかりませんが、組み立てキットを「モデル」、完成品を「フィギュア」と呼ぶ・・・ということでいいんでしょうか?

 写真を見る限りでは「汚し」もリアルでなかなか完成度は高そう。モデルに自身ない人でもフィギュアならそのまま飾っておけますので検討の余地がありそうです。サイズも小ぶりなので飾る場所にも困らないのが嬉しいですね。

 予定価格は各セットが6,800円(税別)、2020年発売予定。ディスカバリー号も楽しみです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
矢追氏のキューブリックへの電話インタビューの動画。訳は記事本文にあります。

〈前略〉

 1980年、キューブリック監督にアポなしで電話インタビューを試みていた矢追氏。「木曜スペシャル」の取材のため、ロンドンを訪れた矢追氏は「キューブリックが珍しくスタジオにいると聞いて『じゃあ、電話するか』と。電話でのインタビューの後、『今日は忙しくて会えない。(娘の)ビビアンにスタジオを案内させる』と言われて、色んなところを回ったんです。見学中には、キューブリックとすれ違ったんですよ。青い綿のシャツとブルゾンを着ていましたね。とても愛想がいい人という印象でした」と述懐。ビビアンとともに訪れたスタジオでは、「『2001年宇宙の旅』のスタジオは意外と小さい。衣装、小道具が全て手作りだったことに驚いた。まさに“家内工業”。この仕組みであんなファンタスティックな映像が撮れるとは」と語っていた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2019年10月24日




 まあ、その電話インタビューで『2001年宇宙の旅』を『スペース・トラベル2001』などど言ってしまうくらいキューブリックやその作品に関心なかった矢追氏なので、このレベルなんでしょう。キューブリックはスタジオにいたにも関わらず別室に逃げ、矢追氏の相手を娘のヴィヴィアンに押し付け、電話でインタビューを受けることにしたのでは?とこの記事で書きましたが、どうやら想像通りだったみたいです。

 記事中、矢追氏は「『2001年宇宙の旅』のスタジオは意外と小さい」と発言していますが、これはどこのスタジオを指しての発言かわかりません。おそらく矢追氏の知識不足でしょう。エルスツリー・スタジオには巨大なステージがあり、そこで「人類の夜明け」のシーンが撮影されました。ちなみに月面のモノリス発見現場はシェパートンで、ディスカバリー号などの主な特撮シーンはボアハムウッドのMGMスタジオ(現在は取り壊されて存在しない)です。

 さて、この話題、以前GIZMODOでも採り上げられていましたが、もっと丁寧に上記動画をShinさまに訳していただきましたので掲載したいと思います。

──日本の人々はあなたの映画を愛してます、特にトラベル・・・すいません、『スペース・トラベル2001』をです。

 ああ。 

──そして困惑しているのは、ラストシーンの意味は何なのか、ということです。老人がベットで寝ていたでしょう? 答えを教えていただけますか?

 映画が公開されてから、答えることを避けて来たんだ。もしアイデアだけを言ってしまったら、馬鹿馬鹿しく聞こえ、誇張することになってしまう。だが、やってみよう。つまり、彼は神のような形のない、純粋なエネルギーを持つ生物たち、知性のある「存在」によって、迎えられたということだ。

 そして彼らはボーマンを調査をするために、言うなれば「人間動物園」で閉じ込めたんだ。そこで彼は自分の人生が終わるまでそこにいたんだ。彼が時間の経過を感じることはないがね。映画で描かれたように。彼らはこの不正確な、フランス建築のレプリカの「部屋」を故意に選んだんだ。なぜなら、我々人間が動物にこのような檻に入れておけば、動物たちも快適だろうと感じるように、彼らも「部屋」がボーマンにとって快適な環境と思ったからだ。

 さて、彼らの調査が終わった後、数多くの文化の神話で語られているように、ボーマンは「超存在」に変化させられ、地球に送られたんだ。言わば「スーパーマン」に変えられたということだ。彼が地球に戻ってからのことは推測してもらうほかないよ。多くの神話のパターンをなぞったものだ。この映画ではそういうことを示唆したかっんだ。


 この矢追氏について、氏の存在を知らない人にどう説明していいか難しいのですが、いわゆる「芸能レポーター」ノリでUFOをはじめとする超常現象を追うレポーター、という立ち位置です。UFOだの超常現象だのを煽るヤラセバリバリのインチキ番組で活躍し、それなりに知名度もあったのですが、無事に新世紀を迎えられた2000年代になると、そういった「終末論」は飽きられて下火になり、すっかり存在自体を忘れられていました。

 まあ、お元気そうでなによりですが、深夜にオンエアされていたアダルト番組「11PM」の取材ではなく、ヤラセ番組(・・・と当時は視聴者もわかって楽しんでいた)『木曜スペシャル』の取材で立ち寄っただけなんですね。矢追氏自身もこの記事によると「僕が命がけでUFOや宇宙人を追いかけていたと思っている人が多いけど、本当は全然関心がない! 宇宙人がいようがいまいが関係ないし、興味もない」だったそうです。そりゃそうです、お仕事ですものね。キューブリックに直接会ったことがある数少ない日本人の一人がその矢追氏というのは全く納得できませんが(笑、「『シャイニング』撮影直後のエルスツリー・スタジオ内の映像が残っていた!」と海外のキューブリックファンが驚愕した貴重な取材をして頂いた、という意味では今では感謝しかありませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ZARA1

ZARA2

 ZARAでメンズ『シャニング』Tシャツが発売になったと記事にしたばかりですが、同シリーズでスウェットとフーディが販売になっています。

 スウェットのフロントはシャイニングカーペットとダニー「一緒に遊びましょうダニー」、右袖に公式ロゴ、左袖に「本の中の絵と同じだダニー本物じゃない」、バックはラストシーンの「Overlook Hotel July 4th 1921」、サイズはS・M・L・XL、色は黒のみ、6,990円(税込・送料無料)。

 フーディのフロントは血のエレベーターと「本の中の絵と同じだダニー、本物じゃない」、バックは繰り返しタイプされた「All Work and No Play Makes Jack a Dull Boy」、右袖とヒモに公式ロゴ、サイズはS・M・L・XL、色は黒のみ、7,990円(税込・送料無料)。

 スウェットの販売ページはこちら、フーディの販売ページはこちら

このページのトップヘ