2019年05月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
PATHS OF GLORY_kubrick
『突撃』を撮影中のカーク・ダグラスとキューブリック。『God Fearing Man』の脚本は『突撃』の後、1958年頃に書かれた。本人が語る「誰も欲しがらなかった2本の脚本」の内のひとつだと思われる。

TV Drama Based on Stanley Kubrick Script Set for Production

A high-end television drama based on an original screenplay by acclaimed filmmaker Stanley Kubrick has been set as a first scripted project for new European production company Media Musketeers. “God Fearing Man” was one of two initial projects announced Tuesday by the company, which was officially launched in April by former Warner Bros executive Chris Law and former Apple executives Sebastien Janin and Andy Docherty.

“God Fearing Man” is based on a book by Herbert Emerson Wilson and Kubrick’s original screenplay which tell the true story of a Canadian church minister-turned-safecracker who became one of the most successful bank robbers in U.S. history.

Media Musketeers will collaborate with U.K. independent producer ForLan Films on the project. ForLan has developed the project as a four-hour TV drama, working with Philip Hobbs, who served as co-producer on Kubrick’s 1987 Vietnam War classic “Full Metal Jacket.” Hobbs will produce alongside ForLan’s Steve Lanning. Janin and Docherty will serve as executive producers.

 評価の高い映画監督スタンリー・キューブリックによって書かれたオリジナル脚本に基づくハイエンドのテレビドラマは、新しいヨーロッパの制作会社、メディア・マスケーターズの最初のプロジェクトとして立ち上がりました。『God Fearing Man』は、火曜日に同社が発表した2つの最初のプロジェクトのうちの1つであり、4月にワーナー・ブラザーズの元幹部Chris Lawとアップルの元幹部Sebastien JaninとAndy Dochertyによって正式に発表されました。

 『God Fearing Man』は、ハーバート・エマーソン・ウィルソンの小説とキューブリックのオリジナル脚本に基づいています。これは、アメリカの歴史で最も成功した銀行強盗の一人となった、牧師から転身した金庫破りのカナダでの実話を基にしています。

 メディア・マスケーターズは英国の独立制作会社、フォーラン・フィルムズと共同でプロジェクトを行います。フォーランは、このプロジェクトを4時間のテレビドラマとして制作します。フィリップ・ホッブスは、1987年制作のベトナム戦争映画の名作『フルメタル・ジャケット』の共同プロデューサーを務めていました。 JaninとDochertyがエグゼクティブプロデューサーを担当します。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:VARIETY/2019年5月14日




 以前こちらで記事にした、ハーバート・エマーソン・ウィルソンの小説『私は1600万ドルを盗んだ』をキューブリックが脚本化し、それを基にしたTVドラマ『God Fearing Man』の制作が進行中のようです。

 この『私は1600万ドルを盗んだ』は、キューブリックが『突撃』公開後の1958年頃に進めていた企画で、ジム・トンプソンと共同で脚本を書き、カーク・ダグラスを主役に向かえて映画化するつもりでしたが、肝心のダグラスがこれを気に入らずボツになった経緯があります。本人も「復活させて映画化すつもりはない」と明言していますので、無名時代のキューブリックが書いた脚本にいかほどの価値があるのか疑問が残ります。

 気になったのは記事中にフィリップ・ホッブスの名前があること。ホッブスが『ルナティック・アット・ラージ』の脚本を見つけたとニュースになっていましたが、この脚本もホッブスが見つけたのでしょうか? この方、キューブリックの長女カタリーナの元夫で、結婚時『フルメタル・ジャケット』の共同プロデューサーを務めたのですが、『アイズ…』には病気で不参加、キューブリック逝去の際には様々な手配に奔走したそうです。その後カタリーナと離婚(原因は不明)してしまいましたが、結婚する前はケータリング業(おそらく映画関係)をしていたそうなので、プロデューサーとしての力量は全く不明です。

 記事には元ワーナーや元アップル幹部の名前もありますが、アップルが動画コンテンツのサブスク事業に乗り出しているのは周知の通りです。これからの5G時代、インフラはあれどコンテンツがないという事態は容易に想像できるので(この企画はTVシリーズですが)、こういった「ちょっとでも衆目を集められそうな企画」は今後も増えるでしょうし、その「衆目集め」のためにキューブリックなどのビック・ネームが利用されるということは起こりうるし、すでにこうして起こっています。

 こちらがメディア・マスケーターズ社のサイト、こちらがそのフォーラン・フィルムズ社のサイト、こちらがその該当ページですが、これを見る限り実績は怪しい感じがします。どちらにしてもPVくらいは観せてもらわないとなんとも判断がつかないし、以前記事になってからすでに5年近くも経っていますので、このまま話が立ち消えにならないことを祈るばかりです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 以前この記事でラモーンズについて少し触れましたが、そういえば彼らはこんな曲をリリースしていました。もちろん元ネタは『時計じかけのオレンジ』のデュランゴ95です。ただ、この頃(1980年代半ば)といえばパンクは下火で、ニューウェイヴ(死語)やヘビメタが世間を席巻(ダジャレではなく。笑)していた時代です。そんな頃に3コードのロックンロールなんて時代遅れに聞こえても仕方ないですね。

 ジャケ写はニューヨークのセントラル・パーク内にあるトンネルで撮られたそうですが、当然『時計…』のオープニングに続くファーストシーンをオマージュしたもの。本家の撮影場所はロンドンのヨークロードの道路下通路です。

 1984年にリリースされた8枚目のオリジナルアルバム『TOO TOUGH TO DIE』収録曲ですが、熱心なファン以外には知られていないでしょう。でも、評価はそこそこ高いようですね。

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
Im AGAINST IT!/ラモーンズ後期の作品の真相

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
81KKpOmWo0L._SL1500_

 スターエーストイズからラインナップされている、デフォルメ&リアルがコンセプトのシリーズ「デフォリアル」から『2001年宇宙の旅』に登場した宇宙飛行士のフィギュア4色がリリースされるそうです。赤はHALのブレインルーム、青はHALのモノアイ、黄色はスペースポッド、シルバーは月面活動シーンがそれぞれのバイザーにデザインされています。ディテールもなかなか作り込んでいるようで期待できますね。

 全高約150mm、PVC製の塗装済み完成品フィギュアです。価格は6,362円。発売予定日は2019年9月30日。現在予約受付中です。


スターエーストイズ デフォリアル ディスカバリー アストロノーツ レッドVer. (amazon)



スターエーストイズ デフォリアル ディスカバリー アストロノーツ ブルーVer.(amazon)



スターエーストイズ デフォリアル ディスカバリー アストロノーツ イエローVer.(amazon)



スターエーストイズ デフォリアル ディスカバリー アストロノーツ シルバーVer.(amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
joy-cuff-ne-seddon_28696756205_o
『2001年宇宙の旅』で仕事をするジョイ・カフ。

〈前略〉

 MGMスタジオでの私の契約は1966年2月に始まりました。実写(俳優)撮影はシェパートン・スタジオで完成していました。『2001年宇宙の旅』は65(70)mmフィルムで撮影されていました。私が映画制作に加わったとき、モノリスを調べるために「穴」に降りる宇宙飛行士のフィルムは缶に保管されていましたが、合成されていませんでした。

 MGMでは月面の模型を「マットショット」として制作することになっていました。石膏で作られた「穴」の中央フレームには、シェパートンで撮影されたライブアクションの映像を使うことになっていました。そしてそれはカメラで撮影され、合成されました。この手法は映画制作の初期の頃には完成していましたが、複製されたフィルムの品質が向上するにつれて、静止画像に実写を挿入する方法はあまり使われなくなりました。キューブリックは細心の注意を払い、主に高品質で再生することによってこの方法を使うことにしました。カメラマンのジョン・マッキーとマット・アーティストのボブ・カフは、月面セットの制作と撮影の両方の開発に携わった重要な技術者でした。

 私はミックスメディアのアーティスト兼彫刻家として働いていた時と同じく、月の模型を制作する際に石膏を使用し、順調に作業していましたが、私は映画制作のSFX分野、特にマットショット (個々のショットを合成して1つの完全なショットを作ること)については経験がありませんでした。私はこの分野のエキスパートであるボブ・カフと一緒に仕事をし、マットアーティストの技を学びました。『2001年宇宙の旅』の最も象徴的なショットの1つを制作する一方で、私はこの芸術形式を学ぶことに恵まれたのです。

 このショットとそれに続く月面バスのフィルム上のショット、そして宇宙船の窓からの風景は、実際には3フィート×6フィートの大きさで、約25フィートのトラッキング・ショットのために、10フィート四方のエリア内で相互動作する長いセットでした。私はスタンリー・キューブリック・アーカイブにあるサムネイルのスケッチから作業しました。私が作成したのは、スタンリーが描いたいくつかの簡単な図面(表面の平野とクレーターの縁を示す単なる図)で、全てのセット上で非常に慎重に構成されていました。ボブ・カフとジョン・マッキーがアバカス社を結成し、映画制作を始めた後(私は後にボブと仕事をするために彼らに加わることになりました)、私は一人で月面模型を制作し、後の段階でモデルメーカーのロジャー・ディキンが加わりました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:HISTORY PROJECT/Blogs/Anonymous's blog/The Stanley Kubrick Archives/2016年2月11日




 『2001年宇宙の旅』月面の模型を制作したジョイ・カフの書き込みがありましたのでご紹介。キューブリックが『2001年…』で行った特撮の方法は「原始的だがおそろしく手間がかかるもの」だということは知られていましたが、具体的な証言があるとイメージしやすいですね。いわゆる「マットペイント」と呼ばれる方法ですが、『2001年…』の場合、背景は絵(通常はリアルな背景絵を描く)ではなく石膏などで制作した模型を撮影し、それを背景素材として使ったようです。ムーンバス飛行中の窓の外を流れる風景は、模型をトラッキング・ショットで撮影したものが使用されたそうです。

 それにしても「人類の夜明け」の猿人たちが住む岩場だけでなく、月面のデザインまでキューブリックが指示していたとは。キューブリックが『2001年…』でアカデミー視覚効果賞を独占したことに異論を唱える向きもありますが、ここまで事細かに関わっていたとなると、それを単純に批判はできないでしょう。

miniature-moonscape_9169955237_o
ムーンバスが月面を飛行するシーンの背景。

moonscape-tma-1
モノリス発掘現場の背景と思われるが、映画とは月面の形状が違うのでボツになったか、修正を加える前のものかもしれない。

tycho-base-miniature-set_9171765070_o
ムーンバス着陸シークエンスのポラロイド。

 以下はIMDbのジョイ・カフのバイオグラフィ。「サンダーバード組」だったんですね。

 アートスクールを卒業した彼女の最初の仕事は、デレク・メディングスの彫刻家として『サンダーバード』(1965)に取り組んでいました。 彼女はAPフィルムの彫刻班で人形のための頭部を制作していました。 ジョイがAPフィルムに参加したときには、すでに作られていた主役ではなく、さまざまなエピソードに登場する悪役などの仕事をしました。

 1967年(1966年の間違い?)、ジョイはスタンリー・キューブリックの『2001年…』のために月の模型を作りました。 彼女はその時はまだミス・ジョイ・セドンでした。 ジョイは1964年にブライアン・ジョンソン(当時、デレク・メディングスと共に『サンダーバード』に取り組んでいたブライアン・ジョンコック)によってボブ・カフに紹介されました。ジョイは1969年にボブ・カフの息子(ポール・カフ)と結婚しました。


 こちらはジョイの最近のインタビュー動画です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリックの逝去から20周年を経て、『スタンリー・キューブリック展』がついにロンドンに上陸しました。

 『スタンリー・キューブリック展』がついにロンドンに上陸しました。アメリカの有名な映画監督の生涯と作品を記念するこの展覧会は、1960年代初頭にキューブリックが移住したイギリスを訪れることなく、ドイツからメキシコ、カナダ、スペイン、ブラジル、デンマーク、ポーランド、そして韓国まで、世界を巡回していました。キューブリックは1999年に亡くなっています。

 キューブリックの義長女カタリーナ・キューブリックは、その展覧会の創設以来ほとんどの展示を見てきましたが、観るたびに新しい発見があり、それをロンドンのデザインミュージアムが提供したと語りました。「彼らは素晴らしい『時計じかけのオレンジ』の車を発見しました。キャットレディーの家にあった彫刻もこれまでになかったものです。私はなぜ217号室が237号室になったかを説明する手紙を見つけました。このように、いつも新しい発見があります」とカタリーナは説明しました。「そして、それらをデザインミュージアムがレイアウトした方法は、スタンリーの人生を通り抜けるものです。それぞれの部屋はそれぞれ1つの映画作品に捧げられています。それは一種の連鎖です」

 約700点のオブジェ、映画、そしてインタビューを展示したこの展示は、キューブリックの創造力に光を当てました。 『2001年の宇宙の旅』のHAL9000のモックアップから『バリー・リンドン』や『シャイニング』の衣装、そして『時計じかけのオレンジ』のミルクバーのマネキンまで。カタリーナは父の映画は独創性を作品に注ぎ込み、その魅力は「魔法」であるため、時間の経過に耐えてきたと考えています。

 「数ヶ月で入れ替わる映画はたくさんありますが、これらは本物の芸術作品です。それはスタンリーが語った物語、物語の力、そしてその映画の一つ一つについての研究と、スタンリーがした仕事の量の証明であり、観客を裏切りることありません。観客はスタンリーの全てを提供され、そして全てに先立つ物はスクリーン上の映画です」と彼女は言いました。

『スタンリー・キューブリック展』は、2019年9月15日までデザインミュージアムにて開催中です。

(動画説明文/2019年4月27日)




 キューブリックの義長女、カタリーナさんは3歳の頃にキューブリックと再婚したクリスティアーヌに連れられてキューブリックの義長女となりました。キューブリックはカタリーナさんを実の娘(次女アンヤ、三女ヴィヴィアン)と分け隔てなく厳しく(カタリーナさん曰く「ボーイフレンドにも口うるさく干渉してきた」)接したようです。そのカタリーナさんは『時計じかけのオレンジ』のレコードショップの客役や『バリー・リンドン』での村の娘役、『アイズ ワイド シャット』でトム・クルーズの患者の少年(カタリーナの長男アレックス)の母親役としてエキストラ出演しています(詳細はここで)。その後映画制作の裏方として関わるようになり、『シャイニング』ではロケーション・リサーチを担当。『アイズ…』ではクルーズのマンションの壁を飾っていた絵画を提供しています。

 そのカタリーナさんが、地元ロンドンでの開催であるこの『スタンリー・キューブリック展』では、かなり突っ込んだ役割を果たした(それまではどちらかというとオープニング・ゲスト的な扱いだった)であろうことは、このインタビューからも十分察することができます。また、このインタビューでは触れられていませんが、『時計…』のコロバ・ミルクバーのヌードテーブルやウェイトレスの衣装デザインを当初担当していた、アレン・ジョーンズの没デザインが今回初めて展示されていることも、その「苦労」をしのぶことができます。個人的な推察ですが、この展示はロンドンでキューブリック展が開催されることを知ったアレン・ジョーンズ側が自分の作品を展示するように強引にねじ込んできたのではないかと思っています。そうでないと、ここに来て突然の展示や、展示の扱いの大きさが説明できませんので。

 その他、『シャイニング』のタイプライターの用紙ですが、おそらく各国語版が展示されているのだと思います。これもティンバーライン・ロッジの手紙と同じくロンドン芸術大学内のスタンリー・キューブリック・アーカイブに所蔵されていたもので、今回初展示になります。同様にダニーのジャンパー(迷路で着ていたもの)も同所に所蔵されているのですが、なぜか『スタンリー・キューブリック展』で展示されたことはありません。『時計…』で「デュランゴ95」として登場したスポーツカー「アダムスプローブ16」は、撮影に使用されたブルーグレーではなく現存する唯一のオレンジカラーのもの。展示はこのロンドンが最初で最後ではないかと思います。同じく『時計…』のペニス型彫刻「ザ・ロッキング・マシーン」やキリスト像「ザ・クライスト・アンリミテッド」はレプリカで、おそらくメディコム・トイが発売したものを展示しているのではないでしょうか。

 このように、今まで世界を巡回してきた『スタンリー・キューブリック展』の中でも、展示の充実度はかなりのものであることが伺えます。ぜひに日本にも来て欲しいですね。

このページのトップヘ