2018年11月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
dr_strangelove_tパブロ・フェロを一躍有名にした、いい加減な手書き感がインパクトを残す『博士の異常な愛情』のタイトルバック。

 キューブリック作品では『博士の異常な愛情』『時計じかけのオレンジ』の予告編の編集やタイトルバック制作を担当したグラフィック・デザイナーのパブロ・フェロ。そのパブロ・フェロがどのようにキューブリック作品に関与したか、それを語ったインタビューがありますので、そのインタビューのキューブリック作品の部分だけ抜粋してみました。



●博士の異常な愛情について

パブロ:そうです。私は(ニューヨークで)コマーシャルを作っていました。新しい編集のスタイルを作ったのが私が人気を得た理由です。それがスタンリーの目にとまりました。彼は私のCMを見て、気に入ったようです。(注:キューブリックはパブロ・フェロの前にアーサー・リプセットに予告編制作の依頼をして断られている)彼は「私はあなたのコマーシャルを気に入ってる。『博士』の予告編を作って欲しい」と言いました。彼は映画を製品のように販売できるからと言いました。私は素晴らしいと言いました。

ーだから予告編が最初だったんですね。どのように依頼が来たのですか?

パブロ:私たちは全てのキャンペーンを担当していましたが、スタンリーは私を説得して6〜7ヵ月間イギリスにとどまらせました。私は彼に「私には会社があるし、コマーシャルの仕事をしなければなりません」と言いました。彼は「あなたはここでもコマーシャルの仕事をすることができます」言いました。 彼はとても楽しいです。私はロンドンに家を持っていて、車が必要なら電話してくれと電話番号を教えてくれました。いつ電話してもすぐ来ます! スタンリーは常に私を必要とはしなかったので、私はロンドンにいる間、いくつかのコマーシャルを作りました。



 『博士…』のタイトル・シークエンスは土壇場でした。それを作る時間はあまりなかった。私がすべての作業を終えた2週間後、彼と私は話し合いました。それはスタンリーと私との会話だった。スタンリーは「人類についてどう思うか?」と私に尋ねました。私は「人類について一つ言えることは、人類が発明した機械のすべてが非常に性的であるということだ」と応えました。私たちは顔を突き合わせて、この「空中給油するB-52のタイトル・シークエンス」が実現しました。もちろんもっと性的に見えるようにできないだろうか?とも。スタンリーはこのアイデアが気に入っていました。スタンリーは自分たちが制作したモデルを使って撮影したいと考えていましたが、ストック映像を当たってみることにしました。飛行機メーカーは自分たちの仕事ぶりを非常に誇らしく思っているだろうと、私は確信しています。彼らは実にあらゆる角度から飛行機を撮影していたからです。

 飛行機同士がくっついて、上下に揺れていた特定のアングルがありました。私はそのようなものを撮影することができるかどうかスタンリーに尋ね、スタンリーはできないと応えました。ストック映像を使用してくださいと。私はストック映像を手に入れ、それをまとめ始めました。そしてその作業を終え、より細かく編集をしようとしていたとき、スタンリーはひとつの曲を持って来ました。『トライ・リトル・ア・テンダネス(ちょっとだけ優しくして)』。私は同意ましたが、驚いたのは音楽は私たちと同じことをやっていたのです! それ(メロディ)は上下に揺れていました。『ちょっとだけ優しくして』 ・・・私は編集で何も調整する必要はありませんでした。

ーどのようにレタリングを制作しましたか?

 私は通常の映画のようにレタリングをしようとしましたが、スタンリーは「パブロ、レタリングを見るのか映像を見るのか分からなくなる。両方同時に見えなければ」と言いました。私は思った。ああ、どうすればいい? 私は落書きのようなレタリングを横長や縦長で書いていたのを思い出し、それを試そうと思いました。私たちはテストをし、それは完璧でした! スタンリーは私のレタリングで画面を埋めました。これで飛行機の映像を見ることができるし、同時に文字を見ることができます。



 やらなければならないのは、すべてのレイアウトを作るということでした。最後のレイアウトを作ったとき、スタンリーは私に「あなたの名前はどこですか?」と尋ねました。唯一空いたスペースは2つの文字の隙間にあったので、私はそこに名前を入れました。それを探してみてください。その時以来、スタンリーと働くことはとても素晴らしかった。私は、自分のレタリングが特別なものであるとは決して思いません。 それを気に入っていたたったひとりの人は、スタンリーその人です。


DRSL2
右下のJohn Crewdsonの下にPablo Ferroの名前がある。

●『時計じかけのオレンジ』について

ー『時計じかけのオレンジ』について少しお話しましょう。 当時はスタンリーと仕事をするために英国に戻りました。

パブロ:ええ、ちょうどいいタイミングでの電話でした。 もちろん。

ーこの予告編を含めた別のマーケティングキャンペーンですか?

パブロ:そうです。 私はスタンリーに「予告編に使ってほしいショットがあるかい?」と尋ねました。彼は私を見て「なぜ私に尋ねるんだい?パブロ、 あなたならできるよ」と。私はわかったと言いました。 スタンリーは私がその仕事を終えるまで連れて行きました。そして、私はそれをスタンリーに観せると、彼は「あなたはすごい人だ」と言いました。「予告編は映画より優れている」と。 いえ、これはちょっと言い過ぎですね。 映画は素晴らしいです。

アレン(パブロの息子):私が最近知って驚いたことの一つは、パブロはデイリー(編集用下見フィルム)だけを使いました。なぜなら、スタンリーはネガを触ることを許さなかったのです。

パブロ:ええ、スタンリーはたくさんのテイクを撮るので、たくさんの選択肢がありました。 私はスタンリーが採用したテイクに非常によく似ている最高のアウトテイクを使いました。 『時計…』の予告編は、すべてアウトテイクです。

ーどうやってコンセプトを思いついたのですか?タイポグラフィーと音楽から?

パブロ:私は音楽に影響を受けました。私はすべての音楽が大好きです。レイプシーンの音楽は美しかった、『ウィリアムテル序曲』。スタンリーはそれをスピードアップしたので、そのバージョンを使いました。

アレン:『ウィリアムテル序曲』。乱交シーンに使われました。マルコムは、この2人の女の子をショッピングモールのお店でナンパし、ドラッグをして・・・。

パブロ:私はそれは忘れてしまったが、もう少しスピードアップしました。音楽は私が何をすべきか教えてくれました。私はレタリング(ロゴ)とポスターの女性が好きだった。それらを撮り、ライブショットでグラフィックの動きを作った。通常、私は音楽では編集しません。後から音楽を入れますが、今回それははできません。だから、私がやったことはグリースの鉛筆を取り、ムヴィオラで音楽を再生し、すべてのビートにマークすることでした。

アレン:パブロはシンクロナイザーを使いました。ええ、それは素晴らしいです。私はパブロがしばしばそれを使うのを見ました。

パブロ:私はこのようにしましたーここには 4つのフレームがあるだけです、ここでは8つのフレームを使うことができました。 しかし、それを素早く編集するのは難しかった。カットは次のカットと一致する必要がありました。それはジャンプすることはできません。ゆっくりと移動しなければならないので、映像は左側と右側に移動させます。私は俳優がすべての台詞を学ぶように、映画全体を学んだに違いありません。

アレン:それ以来、私はそのような予告編を見たことがありません。

パブロ:私はそれを止める方法を知らなかった。全く止まらないからどかーん!私は観客とそれを見て、観客はすべてのカットに反応していました。

アレン:(笑)音楽と全部、そこでカット!大喜び!それは予想できなかった。

パブロ:私はムヴィオラでリップしたので見直しました!それはとても難しいことです。

アレン:とにかくフィルムでは難しい。

パブロ:誰もが私のやったことを真似しますが、私はまだこの模倣を見たことがありません。



ー映画のオープニングの、さまざまな色のメインタイトルもやったのですか?

パブロ:いいえ、それはしたのはスタンリーです。



(引用元:Art of the TITLE : Pablo Ferro: A Career Retrospective




 パブロ・フェロが『博士…』と『時計…』で素晴らしい仕事をしていたのは知っていましたが、正確にはどの部分を担当したのかはよくわかっていませんでした。このインタビューを読む限り、『博士…』『時計…』とも予告編は全てをパブロ・フェロが担当、タイトルバックはキューブリックとの共同作業だったということがわかります。あと、パブロ・フェロが担当したとわかっているのはコロバ・ミルクバーの壁面のフォントです。『時計…』のポスターなどに使用されているタイトルロゴはフィリップ・キャッスルがデザインしたものですので混同しないようにしたいですね。

 こうして判明してみると、キューブリックはパブロ・フェロの映像センス、特に編集のセンスを高く買っていたことがわかります。あとはオリジナルフォントのデザインですね。手書きでフニャフニャな『博士…』のフォントは、そのままレタリング(清書デザイン)してしまうと背景映像が見えなくなってしまうことを考慮したために出てきたアイデアだったとは。そのレタリングしたフォントとは、映画のエンドクレジットだと想像しています。これについてはTwitterでも同様の指摘がありました。

Strangelove-The-Endこのようにレタリングしてしまえば背景映像が見えなくなってしまうので、一筆書きのフニャフニャなフォントが採用された。

 『時計…』のタイトルバックのフォントもパブロ・フェロの仕事です。以前この記事でキューブリック作品に使われているフォントの特定を試みましたが、この『時計…』のフォントは特定できませんでした。それもそのはず、既製のフォントではなくパブロ・フェロのオリジナルだったのですね。このレタリングのバックに原色の色ベタを使ったのがキューブリックということらしいです。

pablo-ferro

 すでに報じられている通り、パブロ・フェロは2018年11月16日、肺炎の合併症により83歳で逝去いたしました。故人のご冥福をお祈りいたします。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 「watch mojo」という映画ファンにはおなじみの映画チャンネルがYouTubeにあるのですが、その日本語版が開設されたらしく、2014年5月20日の記事「【関連動画】映画に於ける偉大なアドリブシーン25」でご紹介した動画「Top 10 Improvised Movie Moments」の日本語版がアップされていたのでご紹介。

 キューブリックに関する多くの誤解の中で、一位二位を争う誤解っぷりでファンを困惑させるものに「キューブリックはアドリブを許さない」というものがあります。実際は全くの真逆で、キューブリック作品はアドリブだらけです。それも映画史に名を残す名アドリブばかりなのですが、それはこの動画で『博士の異常な愛情』『時計じかけのオレンジ』『フルメタルジャケット』『シャイニング』と4作品もキューブリック作品が採り上げられていることでも明らかです(多分に動画制作者の好みが反映されているにしても)。

 キューブリック本人もインタビューで

 (脚本は)リハーサルでも状況に応じて変える。撮影現場で重点の置き方が変わることもあるから、シナリオ(脚本)の最終決定稿が完成するのは、撮影現場で最後のショットが終わった時だ。

 監督にとって、どう撮るかは、むしろ簡単な決定で、楽な仕事だ。重要なのはシュート(撮影)する前の段階で、それは撮影するに足る何事かを起こしえるかへの挑戦なのだ、撮る内容をいかに充実したものにするかだ。

(引用元:イメージフォーラム1988年6月号/スタンリー・キューブリック・ロングインタビュー


と、アドリブの重要性(完成した脚本で撮影するのではなく、脚本を足がかりに撮影現場で台本をアドリブで発展させる)を説明していますが、なぜか映画評論家やキューブリックファンを自称する有名人やコメンテーターはこの一次情報を無視し、キューブリック作品から受ける精緻で計算され尽くしている印象から、「アドリブを許さない」という誤解を信じきっています。「印象」を「事実」として「得意げに語る」人が後をたたないため、いち素人がこんなブログでそれを訂正しなければならないハメになっていますが、もうそろそろ「(初期以外の)キューブリック作品のほとんどはアドリブ」という事実を事実として一般に広く定着してほしいものですね。

追記:動画中の『ダークナイト』のアドリブはデマだそうです。まあ、注意深く見れば爆発のタイミングとカメラの動きが計算され尽くしているのがわかりますので、デマだとわかりそうなものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
改装され、オープンしたウェスト・ノーウッド図書館・映画館のPV。「コミュニティと協議を重ね、地域の資産として図書館と映画館を開設した」とのこと。施設内には『時計じかけのオレンジ』のポスターが飾られている。

Picturehouse映画ではアレックスの出所試験の舞台として使用された。

 『時計じかけのオレンジ』のルドビコ療法お披露目シーンで使用されたロケ地、ウェスト・ノーウッド図書館にある「ネットルフォード・ホール」が映画館に改装され、装いも新たに「ウェスト・ノーウッド図書館・映画館(West Norwood Library & Picturehouse)」として、2018年11月9日にオープンしたそうです。

 2011年6月、銅屋根が盗難被害に遭ったため、図書館とホールが閉鎖されていましたが、改装工事を経てホールが映画館に生まれ変わりました。スクリーンは4つで、その内のスクリーン1が改装された旧ネットルフォード・ホールのようです。上記動画を見ればわかる通り、特徴的な天井はそのままで、オレンジ色のシートが意味深に配置されています。キャパはそれほど多くはなさそうですが、早速『時計じかけのオレンジ』の上映も期待したいところ。

 所在地は南ロンドンのウェスト・ノーウッド駅すぐ。公式フェイスブックはこちら

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
rain_d
Douglas Rain as King Henry V in a 1966 Stratford Festival production



 SF映画『2001年宇宙の旅』(1968)でコンピューターHAL 9000の声を担当した俳優のダグラス・レインさんが現地時間11日朝、カナダ・オンタリオにあるセント・メアリーズ・メモリアル病院で亡くなった。90歳での自然死だった。カナダの舞台芸術祭ストラトフォード・フェスティバルの広報が発表した。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/2018年11月12日





 『2001年宇宙の旅』『2010年』のHAL9000コンピュータの声を担当した、カナダ人俳優、ダグラス・ジェイムス・レインは、2018年11月11日朝、自然死で逝去しました。享年は90歳でした。

 ハリウッド・リポーターの「Douglas Rain, Voice of HAL 9000 in '2001: A Space Odyssey,' Dies at 90」やそのリンク先の「2010 Odyssey Archive/Douglas Rain - The Immortal Voice」には、HALの声録音のエピソードとして「(レインは)1967年後半(末)にニューヨークに飛んで、HALの声を録音するために1日半 、約9時間30分を費やしました」とあります。HALのシーンの撮影は1966年前半ですので、なんと1年半もの間キューブリックはHALの声を決めかねていたことになります。ということは、キューブリックはこの時期渡米していたんですね。翌年の4月には『2001年…』のニューヨークプレミアで渡米していますので、「何回か旅客船で大西洋を横断している」というのは『人類の夜明け』のパートの撮影が終わり、スターゲート・シークエンスをあれこれ試しつつポストプロダクションをしていた、1967年頃のことだったようです。

 AppleのCMにHALを登場させた際、レインはHAL役を拒否しましたが、そのエピソードはこちらにまとめています。また、映画やキューブリックについて公式に語ることはせず、イベントなどにも一切出演しませんでした。「彼はアーティスト」と評されていた通り、ダグラス・レインはカナダのオンタリオ州ストラトフォード・シェイクスピア・フェスティバルで、長期にわたってシェイクスピアからモリエールまでのすべての古典を上演することに成功した、舞台俳優であり監督でした。

 1928年5月9日カナダ・ウィニペグ生まれ。2018年11月11日逝去、享年90歳。故人のご冥福をお祈りいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
キューブリックは映画化を断念したが、それから32年後の1988年にアンドリュー・バーキンによって映画化された『ウィーンに燃えて(Burning Secret)』の予告編



Unmade Stanley Kubrick Script ‘Burning Secret’ is Going Up For Auction

Acclaimed director Stanley Kubrick died in 1999, but if a bold enough filmmaker comes along, a new movie may be added to Kubrick’s cinematic legacy.

Kubrick co-wrote the script for a movie adaptation of a novella called Burning Secret back in 1956, but the film never got made – not only that, the screenplay was thought to be lost forever. But someone found it earlier this summer, and the Stanley Kubrick Burning Secret script is officially going up for auction later this month. Could his version of the story actually make it to the big screen after all?

Deadline says the long-lost script is going up for auction at Bonhams New York on November 20, 2018, and it’s expected to sell for around $20,000.

キューブリックが制作しなかった『燃える秘密』の脚本がオークションに登場

 著名な映画監督スタンリー・キューブリックは1999年に死亡したが、映画化に挑戦する監督が現れると、キューブリックの映画遺産に新しい作品が追加される可能性がある。

 キューブリックは1956年に『燃える秘密』と呼ばれる小説の映画化のための脚本を共同で執筆したが、その映画は作られなかっただけでなく、永遠に失われたと考えられていた。しかし今夏、誰かがそれを見つけ、今月末にオークションに正式に登場する。結局のところ、キューブリックの脚本バージョンは映画になるのだろうか?

 最終的には2018年11月20日にニューヨークのボンハムズでロング・ロスト・スクリプトのオークションが開催されることになり、約2万ドルの売り上げが予想されている。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Slash Film/2018年11月8日




 キューブリックの幻の脚本が見つかった!と大げさな見出しが踊ったのは今年の7月でしたが、結局たいした価値がないと判明したためか、オークションにかけられることになったそうです。売り上げは2万ドル(約230万円)を予想しているそうですが、そこまで高値が付くかどうか。

 以前、この記事で指摘した通り、この『燃える秘密』はキューブリックが駆け出し(『現金に体を晴れ』〜『突撃』)の頃、MGMが映画化権を持っていた小説の中から選んだだけのもので、本人も「もう一度復活させて映画にする気はない」と明言しています。それにすでに1988年にキューブリックの元アシスタント、アンドリュー・バーキンによって映画化されていますので、新鮮味はないですね。

 おそらくこの脚本をベースに再映画化されることはないでしょうから、資料的価値の観点から語られるのみでしょう。ただ、いくらで落札されたか興味はありますので、結果がわかりましたらまた記事にしたいと思います。

このページのトップヘ