2017年08月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


Nicole Kidman On ‘Big Little Lies’, Kubrick And Taking Chances: “I Don’t Approach Things From That Safe Place”

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:DEADLINE HOLLYWOOD/2017年8月16日




 ニコール・キッドマンのインタビュー記事がありましたのでご紹介。この『ビッグ・リトル・ライズ』とは、キッドマンが主役の一人を演じるTVドラマのタイトルです。ざっとGoogle翻訳を通して読むと、14歳の時にキューブリックの『時計じかけのオレンジ』を授業で観て衝撃を受けたことが語られていますが、『アイズ…』については

 彼女がキューブリックと『アイズ ワイド シャット』を作ったとき、キッドマンとクルーズはイギリスで2年間過ごしました。「6ヶ月間はリハーサルだけだった」と彼女は回想します。彼女はその頃を振り返り、「神に感謝します。私は結婚していて、そこには私の子供たちもいました。それはやり遂げようと急ぐようなものではありませんでした。私はスタンリーと共にそこにいて、私は何も気にしていませんでした」

 キッドマンは、キューブリックは誤解されていると感じています。彼のことを知っている人々が彼について語るとき、キューブリック作品の批評家とは全く異なることを言います。彼女は同意します。「スタンリーはいたずらっ子でした。挑発的で、面白い人です。彼は素晴らしいウィットを持っていました。彼は哲学者でしたが、説教はしませんでした。それは常に好奇心と疑問の探究から来ていたものでした。」


とコメントしています。

 とてもキッドマンらしい、余裕のあるコメントです。常にキューブリックの強いプレッシャーに晒され続けたクルーズとは違い、キューブリックはキッドマンに対等な立場での「シーンの探求」を求めました。それはこのインタビューからも明らかです。キッドマンはキューブリックの真意を理解し、それに全面的に協力しました。しかし、役者全員がそうだったわけではなく、中には随分と腹を立てた人もいたようです。そういった役者が評論家に否定的な意見を言い、それを記事にすれば「批評家とは全く異なることを言います」となるわけです。権威ある(知名度のある)評論家の意見は常に正しい、というのは幻想に過ぎません。私たちファンが持つ「キューブリック像」はそれぞれ微妙に違っていると思いますが、それは「評論家の評論ソース」ではなく「キューブリック本人もしくは関係者ソース」に基づいていなければなりません。当ブログはそれを提供する場でもあります(それに基づく管理人の私見の発表の場でもありますが。笑)。「評論家の評論ソース」はその評論家のバイアスがかかっているという前提のもと、参考程度にしておくべきでしょう。

 ところで最近、キッドマンがキューブリックの秘密を暴露しただのなんだのという明らかな「嘘記事」がリツイートされていました。「アメリカ政府はUFOと宇宙人を秘匿している!」並みにレベルの低い記事ですが、真に受ける人もままいるようです。アクセス稼ぎが目的であるのは明白ですので、そんな連中の「エサ」になりたくないのなら延髄反射するのではなく、なぜこんな記事が書かれるのか、書いた連中の真意は何か、もっと「探求」するクセをつけておくべきですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
サイケ感満載の予告編。



 むかしむかし、ローカル局のお昼のロードショーで繰り返しオンエアされていたのでご覧になった方も多いのでは? B級昆虫パニック映画として有名な本作ですが、「隠れた名作」として評価する人も少なくありません。監督は生涯でこれ一本のみになってしまったソール・バス。そう、『スパルタカス』のオープニングタイトルをデザインし、『シャイニング』のキービジュアルをキューブリックに300回以上もダメ出しされた超有名なタイトルデザイナーです。

 実はそれ以外にも本作はキューブリック作品と意外な結びつきがあります。ヒロインを演じたリン・フレデリックは『ロリータ』や『博士…』に出演したピーター・セラーズの4番目の妻、そしてこのリンが演じたケンドラの祖父役が『2001年…』でプールの父親役を演じたアラン・ギフォードなのです。

 もちろんそんなことは一切知る由もなく、当時は観ていたのですが、肝心の内容は・・・あんまり覚えていません!(笑。まあ、そんな管理人の乏しい知識はさておいて、バス本人のコメントを『季刊 映画宝庫 SF少年の夢』から引用したいと思います。

 コミュニケーション本来の機能はなにか新しいことを言うことではない。映画から学ぶものはなにもないが、何か既に知っていることを再確認する。新しい思考のもと、それらを感ずる。感性により理解する。私がこの映画について望むことは、人間の中のクローズド・システムとしての地球の認識を再感光すること、そして彼らを他の種族と人類との関係を再考する地点に導くことなのである。

・・・なるほど、わからん!


フェイズ IV/戦慄! 昆虫パニック [DVD](amazon)


「失われたエンディング」としてアップされている動画。こちらの方がバスのメッセージは明確ですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
digitamin_yf14128

 トイメーカーのメディコム・トイが「表参道ヒルズ スペースオー」で7月22日〜27日に開催したイベント「MEDICOM TOY EXHIBITION’17」。数多くの最新アイテムが集結した会場の模様をレポート!

〈中略〉

■「REAL ACTION HEROES」シリーズ

 全身フル可動の全高約300ミリの精巧なアクションフィギュア。特撮や映画、アニメなど幅広い作品が登場。

 今回の目玉は『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』に登場する3人のライダーと『時計じかけのオレンジ』のアレックス。特に『時計じかけのオレンジ』はいろいろな大人の事情で、立体化は不可能と言われてきた作品。昨年、発表になりながら、ついにお披露目!

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:週プレNEWS/2017年8月6日




 おおっ、ついにお披露目ですか。リンク先のキャプションには

 PVC製頭部はアレックスをイメージさせる造型で、眼球可動システムも採用! 質感にこだわった布製コスチューム、特徴的なカフスなどのアクセサリーも再現!

とありますが、眼球を動かしてあの特徴的な「キューブリックの睨み」を再現できるんですね。これは欲しがる人は多そう。価格など詳細は以前の記事、もしくは下のamazonリンクを参照してください。管理人はフィギュアには興味はないのですが、詳細は知りたいと思いますので、購入された方がいらっしゃいましたら、ツイッターなどで存分に自慢して欲しいです。教えてくださればRTしますよ!


RAH リアルアクションヒーローズ アレックス「時計仕掛けのオレンジ」 ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア(amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]


 1972年に日本公開されたスタンリー・キューブリック監督の名作『時計じかけのオレンジ』。衝撃的な暴力描写で知られる本作の魅力を徹底解説します!

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ciatr/2017年7月6日




 この『ciatr』は「映画系キュレーションサイト」だと思われますが、もうね、肝心な部分で記事の内容が間違っていると、このサイト全体の信頼性に関わりますけどよろしんでしょうか?

 病院で目を覚ましたアレックスは元の人格に戻っていました。ルドヴィコ療法の問題点が発覚し失脚を恐れた内務大臣は、アレックスに元の人格に戻ったように振る舞うよう頼みます。アレックスは大音量の第九番を聴き、邪悪な笑みを浮かべたのでした。

 説明するのもバカらしいですが、「元の人格に戻った」のではなく「元の人格に戻した」ですね。「元の人格に戻ったように振る舞うよう頼みます」ではなく「元の人格に戻したアレックスに政府の広告塔になるように頼みます」です。政府が有名人になったアレックスの洗脳を解き、その上で支持率の落ちた政府の人気回復の広告塔として利用しようとする意図を汲み取ったアレックスが、それを快諾するという最悪(物語が始まった時点よりも状況は悪くなっている)でブラックなオチです。この重要なオチを理解せず、堂々と「徹底解説」や「ネタバレ」と小見出しに掲げる神経はどこからくるんでしょう?

 キュレーションサイトの記事には「映画を観ないでwiki観て書きました」的なものも散見されます。まあ、記事の内容なんてどうでもよく、アクセス数が稼げればいいと考える連中がやっていることなので「そんなもの」として流し読みするか、無視するかでいいと思いますが、ここでこうして訂正記事を書くことで採り上げてしまうと、連中のアクセス稼ぎに加担してしまうことにもなるので、その点はちょっと複雑ですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
jpeg


jpeg-1


jpeg-2


jpeg-3


(引用先:Funko Blog:Coming Soon: Stanley Kubrick’s The Shining Pop!s/2017年7月13日

 米国の玩具メーカー、ファンコの人気シリーズ「POP!」から、『シャイニング』のトランス一家のフィギュアが今年8月に発売予定だそうです。

 また、限定版ながら双子の少女も同じく「POP!」シリーズでフィギュア化。ファンは要チェックですね。

20939_Shining_GradyTwins_POP_GLAM_HiRez_large


20939_Shining_GradyTwinsChase_POP_GLAM_HiRez_large


(引用先:Funko Blog:Coming Soon: Target exclusive The Shining - The Grady Twins Pop!/2017年7月28日
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ