2010年03月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
FilmCredit

 『時計じかけ…』で、アレックスにいびられる子分。どうやら世界的に愚図はデブと相場がきまっているらしい。でも、物語の後半には警官になったディムと、かつての敵ビリーボーイが出所したばかりのアレックスに仕返しをする。アレックス、寒そう。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nm0165049
Warren Clarke(IMDb)


 『時計…』でディムを演じた。他の主な出演作は『ファイヤーフォックス』(1982)、『クルーソー 』(1988)、『シャンプー台のむこうに 』(2000)、『グリーンフィンガーズ 』(2000)など。

 1947年4月26日イギリス・ランカシャー州出身。2014年11月12日死去、享年67歳。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
JRJ_SL


 『博士…』でB-52の爆撃手。核攻撃命令に疑問を持つキャラクターだったが、キューブリックが大幅にセリフをカットしてしまった。演じたはジェームズ・アール・ジョーンズはそれに「いい役だから引き受けたのに・・・」と不満を漏らしたが、キューブリックは「いいんだ、必要ないんだ」答えた。つまりブラックユーモアを徹底したかったのだろう。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
jrj
James Earl Jones(IMDb)

ジェームズ・アール・ジョーンズ(MOVIE-FAN)

 『博士…』の爆撃手ローサー・ゾッグ中尉を演じた。『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーの声で有名。

 他の主な出演作は『危険な旅路』(1967)、『ボクサー 』(1970)、『ドキュメンタリー マルコムX』(1972)、『ザ・マン』(1972)、『愛しのクローディン 』(1974)、『UFOとの遭遇』(1975)、『スキャンダル・美女襲撃現場の秘密』(1976)、『カリブの嵐』(1976)、『シドニー・ポワチエ/ピース・オブ・アクション』(1977)、『Oh!外人部隊』(1977)、『エクソシスト2 』(1977)、『アリ/ザ・グレーテスト』(1977)、『スター・ウォーズ』(1977)、『ガイアナ人民寺院の惨劇』(1980)、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980)、『武士道ブレード』(1981)、『フライト・オブ・ドラゴン』(1982)、『コナン・ザ・グレート』(1982)、『エーゲ海の伝説』(1982)、『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』(1983)、『ミッドナイト・ギャンブラー』(1984)、『SF/攻防都市』(1984)、『マイ・リトル・ガール』(1986)、『ミスター・ソウルマン』(1986)、『キング・ソロモンの秘宝2/幻の黄金都市を求めて』(1986)、『メイトワン-1920』(1987)、『友よ、風に抱かれて』(1987)、『地獄の配達人』(1988)、『星の王子ニューヨークへ行く』(1988)、『ベスト・オブ・ザ・ベスト』(1989)、『3人の逃亡者』(1989)、『フィールド・オブ・ドリームス』(1989)、『ラスト・カウントダウン』(1990)、『アイボリー・ハンター』(1990)、『レッド・オクトーバーを追え!』(1990)、『アンビュランス』(1990)、『セックスの義務と権利』(1991)、『トゥルー・アイデンティティー/正体知られて大ピンチ!!』(1991)、『旅立ちの季節』(1991)、『ラーマーヤナ』(1992)、『スニーカーズ』(1992)、『パトリオット・ゲーム』(1992)、『ノックアウト』(1993)、『リーサル・コップ』(1993)、『スーパーヒーロー/メテオマン』(1993)、『ジャック・サマースビー』(1993)、『サンドロット/僕らがいた夏』(1993)、『怒りを我らに』(1994)、『裸の銃(ガン)を持つ男PART33 1/3/最後の侮辱』(1994)、『トワイライトゾーン最終章/ロッド・サーリング・スペシャル』(1994)、『探偵ボーグ/わたし、忘れてます。』(1994)、『今そこにある危機』(1994)、『ライオン・キング』(1994)、『輝きの大地』(1995)、『ジェファソン・イン・パリ/若き大統領の恋』(1995)、『スクリーンのかなた/アメリカ映画100年史』(1995)、『メイキング・オブ・ジュラシック・パーク』(1995)、『ジャッジ・ドレッド』(1995)、『リバウンド』(1996)、『ファミリー/再会のとき』(1996)、『リチャードを探して』(1996)、『クリスマス・ボックス2〜愛は時を越えて〜 』(1996)、『ギャングシティ 』(1997)、『キャスパー〜誕生編〜』(1997)、『セカンドインパクト 』(1997)、『ライオン・キング2 シンバズ・プライド 』(1998)、『パーフェクト・カップル 』(1998)、『ファンタジア 2000 』(1999)、『モハメド・アリ/世界が見た王者の姿 』(2001)、『わるわる探犬隊 』(2005)、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 』(2005)、『ロボッツ 』(2005)、『もしも昨日が選べたら 』(2006)、『最終絶叫計画4』(2006)、『がんばれ!ベンチウォーマーズ 』(2006)、『アース 』(2007)、『ミート・ザ・ジェンキンズ 』(2008)、『クロエ・モレッツ ジャックと天空の巨人 』(2010)、『余命90分の男 』(2014)、

 1931年1月17日、ミシシッピー州アーカバトラ出身。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
barry lyndon cards barry mum

 『バリー…』のバリーの母親。バリーに降り掛かる数々の災難も、元を辿ればほとんどこの人に行き着く。バリーにとっては結局疫病神にしかならなかったようだ。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ