2009年12月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
4

 『時計…』でアレックス達が乗り回していた車は劇中では「デュランゴ95」という名称だが、実在する車で本当は「アダムスプローブ16」という。英国人兄弟デニス&ピーター・アダムスが製作し、1969年ロンドン・モーターショーでデザイン賞を獲得。ミドシップされたエンジンはオースチン1800のものを搭載している。3台製作され、映画で登場したのは3台目で、ルーフを外してアレックスたち4人が乗り込んで撮影に使用された。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 外光(太陽光)をそのまま使用した撮影。外光を模した照明を使う場合もそう呼ばれる。100%外光を使っていなくても補助光として人工照明を使う場合もある。『バリー…』では自然光撮影にこだわったが100%自然光という訳ではなく、一部で補助的に人工照明も使っている。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
56)

 キューブリックはスポーツは得意な方ではなかったが、卓球は好きだったらしく自宅にも卓球台があるくらいで、よく俳優と卓球をしたそうだ。それも撮影現場で自分が優位に立てるようにと、けっこう本気で勝とうとしていたらしい。『ロリータ』のキルティの屋敷に卓球台がある理由は、キューブリックがメイソンに、「キルティの奇抜なライフスタイルを象徴する物を置きたいのだがいいアイデアはないか?」と訊ねたところ、卓球台を提案され、採用したようだ。

 キルティは東洋の哲学に精通している、という設定があったので「東洋→中国→卓球」となったのかも知れませんね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
YB

 『バリー…』で、レディ・リンドンと先夫であるリンドン卿との間に産まれた長男。バリーとは財産の相続権を巡って確執の対象となる。演じたのは後に映画監督として有名になるドミニク・サヴェージ。成長したブリンドン卿レオン・ヴィタリが演じている。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Dominic-Savage
Dominic Savage(IMDb)

ドミニク・サヴェージ(MOVIE-FAN)

 『バリー…』でブリンドン卿の幼少期を演じた。その後映画監督として有名になり、『Nice Girl』 (2000)、『When I Was 12』 (2001)、『Out of Control 』(2002)、『Love + Hate』 (2005)、『Born Equal 』(2006)、『大暴落 サブプライムに潜む罠(Freefall)』(2009)、『Dive』(2010)、『True Love』(2012)、『The Secrets』(2014)などのTV映画やTVシリーズの監督として活躍している。

 1962年11月23日イギリス・ケント州出身。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ