2009年02月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nm0005416

 ヴィネッサ・ショウが、巨匠スタンリー・キューブリック監督との仕事について語ってくれた。

 ジェームズ・マンゴールド監督やウディ・アレンら名だたる巨匠たちと仕事をしてきた経験のあるヴィネッサ。その中でも特に、キューブリック監督との仕事は女優としてのターニングポイントになったと語る。「キューブリック監督は完ぺき主義者で、ささいなシーンでも、自分が納得するまで撮り続ける人よ。わたしは『アイズ ワイド シャット』に出演するまで、子役時代の演技が抜け切れていなかったの。子役のときは、マークされた場所に立って、間違えないように自然にセリフを言うことだけを考えていたの。プロデューサーの顔を横目で見ながら、予算のことを心配したりしてね(笑)。けれどこの作品で女優としての才能を自由に開花させることができたと思うわ!」とのことだ。

 さらにヴィネッサは「実は女優を辞めようとも思っていたの。それまで女優としての深みを演技で感じたことがなかったからね。でも『アイズ ワイド シャット』では、キャラクターの人間性を追求することができたの。キューブリック監督との仕事は、まるでアスリートが試合前に集中しているような感じね。それにキューブリック監督は女優業を辞めようとしていたわたしに、これからも続けるよう説得してくれたの」と話してくれた。もしそこで女優を辞めていたら、学校の先生になっていたかもしれないと教えてくれた。

 ヴィネッサの最新作映画『トゥー・ラバーズ』(原題)は、ニューヨークのブルックリンを舞台に、両親とともに暮らしながらクリーニング屋で働くレオナルド(ホアキン・フェニックス)がサンドラ(ヴィネッサ)という恋人がいるにもかかわらず、上の階に引っ越してきた女性に恋心を抱く大人のラブストーリー。ホアキン最後の出演作としても話題となっている。(取材・文:細木信宏 / Nobuhiro Hosoki)

シネマトゥデイ映画ニュース/2009年2月18日




 娼婦のドミノ役の女優さんですね。トムとの間に流れる微妙な絡みというか空気感はすごく良かったです。


アイズ ワイド シャット [DVD](amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
3318
Gary Cockrell(IMDb)

ゲイリー・コックレル(MOVIE-FAN)

 『ロリータ』でロリータの夫、リチャードを演じた。その後キューブリックと袂を分かったジェームズ・B・ハリスが監督した『駆逐艦ベッドフォード作戦 』(1965)にも出演している。

 他の主な出演作は『ターザン大いに怒る』(1960)、『ラブ・ハント講座 』(1961)、『ダイナミック作戦 』(1961)、『レッツ・ゴー物語 』(1962)、『野性の太陽』(1962)、『戦う翼』(1962)、『銃殺指令』(1963)、『卑怯者の勲章』(1964)、『合衆国最後の日』(1977)など。

 1932年12月4日アメリカ出身。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
12)

 『ロリータ』で、ロリータと結婚した耳は悪いが人のいい夫。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ