2008年07月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kubrick famiry QE2_2
※『2001年…』のプレミアのため、客船クイーン・エリザベス二世号でニューヨークに向かうキューブリック一家。

 キューブリックは飛行機嫌いで有名で、19歳の時、飛行機免許を取得し、自分でも操縦していたのだが一度事故を起こしかけたこたがあったり、同僚が飛行機事故で他界した時どういう訳か黒焦げの遺品がキューブリックの元に届いてしまったりで、操縦はおろか旅客機にも乗るのを拒むようになってしまった。『2001年…』を制作していたロンドンから、プレミア上映が行われるニューヨークに向かう船内に編集機器を持ち込み、ギリギリまで編集作業をしていたエピソードは特に有名で、そうまでして飛行機に乗る事を拒んでいた。この頃のインタビューでキューブリックは、飛行機恐怖症について自虐的にこう語っている。

 「お望みなら、知恵者の臆病と呼びたまえ。実際のところ何年にも渡って私は自分が飛行を楽しんでいないことに気がついた。そして航空会社の広告では決して言わない、商業飛行の妥協のある安全基準に気づき始めた。それで私は船で旅行することにして、氷山付きの安全(タイタニック号の悲劇のこと)を得ているのさ」

(『イメージフォーラム増刊 キューブリック』より)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Space_Station_V

 『2001年…』に登場する二輪の宇宙ステーションの名称。内部にはヒルトンホテルやメーシーなど、当時の一流民間企業が出店しているという設定になっている。まだ片側が未完成のままなのがカッコイイ・・・と、初めてこの映画を観たとき思ったものだ。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ