2008年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ラストシーンについてのエピソードを少し…。

『スパルタカス』では、史実として確認されていないにも関わらず、スパルタカスを磔にしたのはキューブリックの主張らしい。

『突撃』では、映画を当てたいと考えていたキューブリックが、脚本をハッピー・エンドに変更したが、「最初に読んだ通りの脚本でないと出演しない」とダグラスに怒られ、元の脚本に戻した。

『ロリータ』では、ハンバートとロリータが寝てしまえば、それ以降のストーリーに、観客が注意を払わなくなってしまうのを避けるため、ラスト・シーンを頭に持ってきたという。

当初の『博士の…』のラストは、最高作戦室を隠し撮りしているのを見つかり、取り押さえられたソ連大使がパイを投げたところ、米大統領に当たってしまい、全員参加のパイ投げ合戦が始まってしまう。それが例の核爆発のシーンにつながっていた。(パイ投げのシーンは撮影までされた)そして最後に「我々の銀河から、遠く離れた死の惑星〈地球〉の、風変わりな喜劇をお届けしました」とのテロップが流れて終わる予定だったらしい。

『2001年…』では小説版通り、スターチャイルドが地球の衛星軌道上にある原子力衛星(猿人の骨から、宇宙のシーンに切り替わる時に最初に登場した衛星)を「意思の力」で破壊する予定だったが、前作の『博士の…』を連想させる、との判断で取りやめになった。

『シャイニング』では、初公開の初期、ホテルを命からがら脱出したウエンディとダニーが、収容された病院でホテルの支配人に、事情を説明するシーンがあったが、これを不要と判断したキューブリックが、上映している映画館に向けて、該当のシーンを削除するようにとの支持を出した。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
jay-c-flippen-marvin-unger

 『現金…』で競馬場を強盗するための資金調達役。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nm0282435-1
Jay C. Flippen(IMDb)


 『現金…』の資金調達役のマーヴィンを演じた。他の主な出演作は『夜の人々』(48)、『ウィンチェスター銃'73』(50)、『怒りの河』(51)、『太平洋航空作戦』(51)、『雷鳴の湾 』(53)、『カーニバルの女』(54)、『遠い国』(54)、『六つの橋を渡る男』(54)、『星のない男 』(55)、『ながれ者』(56)、『第7騎兵隊 』(56)、『赤い矢』(57)、『ジェット・パイロット』(57)、『ぴんぼけGメンNo.1』(57)、『死の谷の決斗』(58)、『掠奪者』(60)、『キャット・バルー』(65)、『ヘルファイター 』(68)。1899年3月6日アメリカ・アーカンソー州生まれ、1971年2月3日死去、享年71歳。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ