2007年10月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
url-7

 ジェームズ・ボンド映画の“ミス・マネーペニー”役で知られる女優ロイス・マックスウェル(80)が、オーストラリア西部パース近郊の病院で9月29日死去した、と英BBCが伝えた。死因はガンだという。

 彼女が演じたマネーペニー女史(本名は“ジェーン・マネーペニー”)は、英国情報部MI6のコードネーム“007”ことジェームズ・ボンドの上司、Mの美人秘書。イアン・フレミングの小説や映画化作品になくてはならないキャラクターで、シリーズ第1作「007/ドクター・ノオ(007は殺しの番号)」(62)から「007/美しき獲物たち」(85)までの全14作に出演し、ボンドとの軽妙でセクシャルな会話はシリーズの売り物の一つだった。

 マックスウェルは1927年2月14日、カナダ・オンタリオ生まれ。15歳で英国に渡り、王立演技アカデミーで学んで、のちの3代目ボンド、ロジャー・ムーアと親友関係に。その後ハリウッドで映画デビューし、翌47年のシャーリー・テンプル主演の喜劇「That Hagen Girl」で米ゴールデン・グローブ新人女優賞を受賞。翌年、マリリン・モンローらと共に米ライフ誌が特集した“次代のスター8人”に選ばれた。その後、親友ムーアと7本のボンド映画で共演した。他の主な出演作に「ロリータ」(スタンリー・キューブリック監督)など。89年に女優を事実上引退していた。

 ムーアはBBC TVに「彼女はとても優秀な女優で、すごいユーモアの持ち主だった。彼女こそMに“昇進”すべきだったのに、叶わなくて大いに残念だ。彼女ならどんなにステキなMを演じられただろう」とユーモアあふれる弔意のコメントを寄せている。

映画.com ニュース/2007年10月1日




 『ロリータ』の看護婦さんでしたね。ご冥福をお祈りいたします。


ロリータ [DVD](amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
original

 『2001年…』で木星の特撮に考案、使用された装置。 球形をしたスクリーンに木星面のイラストを撮影したフィルムを走査、投影するもの。当初は小説版と同様に土星を目的地にする予定だったが、リアルな土星の輪を映像化できず、木星に変更になったという行きさつがある。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
iaeStvM
※戦闘シーンのほとんどがアイルランドで撮影された。

 『バリー…』の撮影時、ロケが大嫌いで出不精のキューブリックがしぶしぶアイルランド〜イングランドを約8ヶ月に渡って長期ロケしたことをこう呼んでいる。当時のアイルランドは政情不安があり、IRAを名乗るものから脅迫電話がかかってきたり、バスの乗っ取り事件で道路が閉鎖されたりで、大変な苦労をしている。『時計…』以来脅迫に敏感なキューブリックはすぐさまロケを中止、即刻アイルランドを出国し、帰路についた。

 また、歴史的に大変貴重な絵画や建物を使っての撮影に神経質にならざるを得ず、手に発疹ができたり、やめていたタバコも再び吸い始めるなどしていたようだ。でも、結局これが最期の渡航となり、海外ロケが必要な時には第二班を組んで撮影をさせるなどし、以降死ぬまでイギリスを出国することはなかった。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ