このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
81HUSjQxYzL

 今年(2018年)は『2001年宇宙の旅』公開50周年ですので、様々なイベントやリリースが続いていますが、『ビヨンド〜惑星探査機が見た太陽系』や『ファー・アウト〜銀河系から130億光年のかなたへ』などの著作がある作家・写真家のマイケル・ベンソンが、『2001年…』のメイキング秘話をまとめた『Space Odyssey: Stanley Kubrick, Arthur C. Clarke, and the Making of a Masterpiece(スペースオデッセイ:スタンリー・キューブリックとアーサー・C・クラークはいかにして傑作を作ったか)』を上梓したそうです。

 ワシントンポストの記事を読む限りでは、よく知られたエピソードが紹介されていますが、スターゲート・シークエンスの宇宙(生命)の誕生のパートについて「1965年にニューヨークのブラジャー工場で制作」と解説されています。今までは「マンハッタンにある廃工場で制作され『マンハッタン計画』と呼ばれていた」とまでは紹介されていたのですが、それはブラジャー工場だったんですね。妻のクリスティアーヌは、身なりを構わず、様々な溶剤を落として不可思議な映像制作に夢中になっているキューブリックに対して不満を漏らしていた(臭いとか汚いとか。笑)そうですが、1965年というと制作準備段階でまだ脚本も固まっていない頃。この年の7月にキューブリックは渡英しますが、その前にこの映像は撮影されていたことになります。

 あと、「ボーマンの呼吸音はキューブリック自身の呼吸音を使った」とありますが、これは以前からそういった情報があったものの、確定しても良いようです。アレックス・ノースの音楽を「あとは既成曲と呼吸音でいくからいらない」と拒否したのは編集時、1968年始めの頃のはずなので、俳優シーンの撮影は終了(1966年夏)した後です。1969年公開の『De Sade』に主演しているケア・デュリアを呼吸音のためだけに呼び戻すとは考えにくいので、「自分の思い通りに映画を作りたい」キューブリックが自身の呼吸音を使ったとしても不思議ではありません。ちなみにキューブリックは『フルメタル・ジャケット』でカウボーイの無線の相手、マーフィー(の声)も演じています。

 既知の情報もありますが、新たに取材をしていると思いますしファンなら気になる一冊です。邦訳すればそこそこの部数も望めると思いますので、出版不況と言われる昨今ですが、久しぶりにキューブリック関連本の出版を強く望みたいですね。


Space Odyssey: Stanley Kubrick, Arthur C. Clarke, and the Making of a Masterpiece (英語) ハードカバー(amazon)
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2009年に限定1,000部、29.5 x 37.3 cmの大型本に小冊子10冊が収納される仕様で全2,874ページ。3,000ドル(31万円)もした豪華版のPV



 キューブリックが映画化を切望した『ナポレオン』の資料の編纂本『Stanley Kubrick's Napoleon: The Greatest Movie Never Made』ですが、豪華版、ハードカバーの合本版ときて、今回さらなる廉価版が発売になったそうです。スペックを見る限りサイズがコンパクトになりページ数も若干減っていますね。ただ、豪華版や合本版に付属していたデジタルライブラリーのダウンロードキーが今回付属するかは不明です。


Stanley Kubrick's Napoleon: The Greatest Movie Never Made(amazon)


仕様:合本版
ハードカバー: 1112ページ
言語: 英語
ISBN-10: 3836523353
ISBN-13: 978-3836523356
発売日:2011年4月1日
商品パッケージの寸法: 22.2 x 7.6 x 35.1 cm
価格:1万円


Stanley Kubrick's "Napoleon": The Greatest Movie Never Made(amazon)


仕様:廉価版
ハードカバー: 832ページ
言語: 英語
ISBN-10: 3836568896
ISBN-13: 978-3836568890
発売日: 2018年3月20日
商品パッケージの寸法: 22.2 x 4.4 x 27.9 cm
価格:8,000円
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
stanley-kubrick-lacma
2012年11月からロサンゼルスのLACMAで開催された『スタンリー・キューブリック展』。



開催場所:バルセロナ現代文化センター(Centre de Cultura Contemporania de Barcelona)
開催期間:2018年10月24日〜2019年3月31日
ウェブサイト:http://www.cccb.org

ということで、今年も日本開催はありません。来年に期待するしかないですね(泣。これまでの開催地リストはこちら。『スタンリー・キューブリック展』公式サイトはこちら
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
t6d
『Danny & Tony』と題されたフィギィア。2,000台湾ドル(7,300円)で販売中。

個展の紹介動画。



 アーティストのKasing Lung氏が『シャイニング』にインスパイアされた個展『ROOM 237展 2018』を、台北市のWRONGギャラリーにて開催中です。

 紹介が遅くなってしまい、残念ながら開催は明日までです。ダニーのフィギィアは販売もしているそうです。作品を見る限り「怖カワイイ」の作風のようですね。開催概要は以下の通り。公式サイトはこちら

KASING LUNG’S ROOM 237 EXHIBITION 2018 at WRONG GALLERY TAIPEI

開催期間:2018年3月9日(金)〜4月1日(日)
開催場所:靠邊走藝術空間(台北市忠孝東路2段68號2F)
 
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
thumb_56788_media_image_x584

Cannes Classics to celebrate the 50th anniversary of 2001: A Space Odyssey

Cannes Classics to celebrate the 50th anniversary of Stanley Kubrick’s 2001: A Space Odyssey in Cannes, with world premiere of a 70mm print of the director’s 1968 masterpiece, introduced by filmmaker Christopher Nolan.

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:FESTIVAL DE CANNES:NEWS LETTER/2018年3月18日




 2018年5月8〜19日に開催されるカンヌ映画祭で『2001年宇宙の旅』50周年記念70mmプリント版を上映。続いて5月18日から全米公開そうです。

 この70mmプリント版はオリジナルネガ起こしでクリストファー・ノーランが監修をしていて、ノーランは5月13日のカンヌ・マスタークラスでディスカッションの予定。カンヌにはプロデューサーで義弟のヤン・ハーランと長女カタリーナも参加するそうです。

 5月18日からの全米公開の後にはこのフィルム、当然日本にも廻ってくるんでしょうね!日本のワーナーさん、頼みますよ!!
 
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ