このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2001E_4
キューブリックが使用したビューファインダーとカチンコ。日付は1968年3月6日。公開は同年の4月なのでギリギリまで撮影していたことがわかる。

『2001エンビジョニング』レポート[その2]
by カウボーイ

 展示の様子は私があれこれ言うよりも、画像を見ていただくのが良いかと思います。

 『エンビジョニング』と言うくらいで、「いかにしてキューブリックとアーサー ・C・ クラークのアイデアが創造され、視覚化されていったか」が、展示会のテーマであったと思います。脚本、演出、編集には簡単に触れながら、美術、衣装、特殊効果、そして、宇宙船をはじめとするモデルがメインで取り上げられておりました。演技、撮影、音響、音楽には特に触れていません。今回の展示会はフランクフルトで行われた展示会を、そのまま持って来たということです。

 当初、キューブリック直筆のメモやノートを見ることができるかもしれないと期待したのですが、タイプされた文章に、彼がペンで訂正を少しだけ加えている手紙1枚のみが直筆の品でした。

2001E_1
1965年7月29日、制作補佐のロジャー・カラスに宛てたIBMに関する手紙。

 一方で、美術や技術スタッフによる直筆のメモや手紙は多数ありました。そこには彼らの仕事内容が手にとるように分かる文章が緻密に書かれています。あくまでも『2001年』の視覚化が、展示会のテーマなのでしょう。

2001E_2
スタッフのメモ。内容はキューブリックからの問い合わせに対する回答。

 キューブリックの個人的な品はありました。数は少なかったですが、そこに我々が感じるものや、考えることは数多いと思います。

2001E_3
キューブリックが生涯で獲得した唯一のオスカー、『2001年宇宙の旅』特殊視覚効果賞。

 今回の展示会はさらっと一通り見れば15分で終わりますが(「これだけなの?」と発言していた客もいました)、しかし、掲示された説明の文章は詳細であり、ドキュメンタリーやクリップをヘッドホーンを使って鑑賞もでき、アートワークや設計図も奧が深いので、展示物を一通り観た後、ディテールを数時間でも堪能できる内容になっていると思います。今年の7月まで開催されていますので、私は再び訪問し、よりじっくりと鑑賞するつもりです。



 続いて70mm版『2001年宇宙の旅』の上映ですが、展示会とディスカッションの直後に改めて作品を観ると、やはり心に迫って来るものが違いました。製作の裏側を垣間見たので、各ショットの裏にあるアーチストと職人たちのアイデアや工夫を、よりリアルに感じることができたのです。例えばスターゲートのコンセプト・アートには、最終的には使われていないものの中でも、そのまま使えそうな素晴らしい作品がいくつもありました。その中から厳選されたアイデアが最終的に映画に組み込まれたのだと思うと、そこにたどり着くまでのプロセスも自分なりに想像しながら理解できることができました。キューブリックは「Feel」、「Feeling」という言葉をよく使いましたが、今回のイベントに参加して、私は『2001年…』について考えただけではなく「感じる」ことができました。理屈ではなく、1本の映画とその製作を実感できました。

 最後に、極めて個人的なお話でこの[その2]のレポートを終わらせていただきたいと思います。

 私が『2001年…』を最初に観たのは、当時中学生であった1981年の『日曜洋画劇場』での放送でした。月へ行くあたりで眠りに落ちてしまい、気がつけばスターゲート。突然、窓のない美しいホテルの一室に宇宙飛行士がおり、そして、映画は赤ちゃんの宇宙人の誕生と共に完結。当然、エンディングの意味は分かりませんでしたが、様々な不思議なイメージを次々に畳み込まれてきても、何ら違和感は抱きませんでした。大学生の時に劇場で初めて通して観て、「難解」「退屈」などのネガティブな意見は知っていましたが、基本的なストーリー・ラインは理解できましたし、映画を観たという充実感もありました。

 その後、VHSから4K ULTRA HDまで何度も繰り返し鑑賞、2018年の70mm上映では3回鑑賞しました。なぜ、この作品は繰り返し観てしまうのでしょう? それはこの映画が私の『センス・オブ・ワンダー(不思議さに驚嘆する感性)』に訴えかけてくるからではないか、感性で受け取る行為には中毒性もあるからではないか、と思うのです。大学生の時の鑑賞で、月面でモノリスを見下ろすフロイド博士たちを背後から捉える引きのショットが出て来た時、私は7、8才の時に雑誌で見た、ある小さな白黒写真を思い出しました。その写真とはこれです。

2001moon

 私の眼は粒子の荒いこの写真に釘付けになり5分間ほど眺め続けていました。その時私が心に抱いたのは、正にセンス・オブ・ワンダーだったのです。そして今回そのワンダーの裏側を、約40年目にしてこの『2001エンビジョニング』で見ることができたことは非常に感慨深かったです。まるでひとつの輪が閉じたかのようでした。

 今後も私は、この映画を観続けることになるでしょう。

レポート・写真撮影:カウボーイさま




 前記事「『エンビジョニング2001』(Envisioning 2001: Stanley Kubrick's Space Odyssey)特別イベントのレポート[その1]」の続きで、今回は展覧会と70mm版『2001年宇宙の旅』についてのレポートです。

 展示物の数はあまり多くないようですが、これはMGMの倉庫に保管していたプロップや撮影モデルなどを、MGMの倒産時にキューブリックが他者に真似されるのを恐れて廃棄してしまったからです。ですので、この展覧会に展示してある宇宙船のモデルは全てレプリカになります。唯一現存しているアリエス1B宇宙船のモデルは、ロサンゼルスに開館予定の「アカデミー博物館」に展示されることになっています。また、宇宙ステーションに置かれていた赤(正しくはマゼンタ)の椅子「ジンチェア」もレプリカです。

 このように、ついつい目が行きがちな大型の展示物は残念ながら当時のものではありませんが、それでも宇宙服やヘルメット,猿人の着ぐるみ、HAL、スターチャイルドは現存する貴重な当時のプロップですし、なによりも紙資料は制作の裏側が垣間見える貴重なものなので、じっくりと鑑賞すべきでしょう。『2001年…』に限らず、こういった展示物は「背景情報を知っているか否か」で鑑賞の充実度は全く変わって来ます。歴史マニアが古戦場で目を輝かせるのと同じです。興味のない方にとって古戦場は単なる「田舎の風景」ですからね。

 レポートには「直筆の資料が少ない」とありますが、キューブリックは悪筆だったのを気にしてか、この頃からタイプライターを頻繁に使うようになったので、直筆の資料はそもそもあまり多く残っていません。キューブリックの場合、原作小説とか台本に殴り書きのような書き込みがよく見られますが、当時のリアルなキューブリックの心境が垣間見えるようで、興味深いですね。

 今回のこのレポートを送ってくださいましたカウボーイさまのご好意により、この『エンビジョニング2001』の展示物の画像をご提供いただきましたので、読者の皆様にシェアしたいと思います。ただ、現在開催中の展覧会ですし、ネタバレされるのを嫌がる方もいらっしゃるかも知れませんので、シェアは圧縮ファイル(zip)をダウンロードする形とさせて頂きます。また、そのような事情なので、画像の取り扱いは個人利用の範囲内(自分用の資料など)とし、ネットに再アップするなどの行為はご遠慮いただきますよう、宜しくお願いいたします。

 ダウンロードはこちらからになります。

 それでは改めてカウボーイさま、素晴らしいレポートと写真、ありがとうございました!


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Stanley-Kubrick_Oscar

〈前略〉

 最優秀監督のオスカーを獲得したことのない、伝説的な5人の映画監督をご覧ください。

スタンリー・キューブリック

 限界に挑み、観客と批評家を二極化させる論争から逃れられない、先見の明と影響力のある監督は、21年前の逝去以降さらに尊敬され、賞賛されています。

〈中略〉

 皮肉なことにキューブリックは最優秀監督賞でも、脚本賞でもないオスカーを獲得しました。『2001年宇宙の旅』の特殊視覚効果賞については、ダグラス・トランブルなど数多くのスタッフが視覚効果に取り組んでいましたが、キューブリックは特殊視覚効果デザイン/特殊視覚効果監督として認められました。特殊視覚効果賞のオスカーは、この傑作が受賞した唯一のアカデミー賞でした。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:GOLD DERBY/2020年1月30日




 オスカーシーズンになるとこの話題が繰り返されます。もういいかげん特別賞あたりを贈ってもいい気がしますが。その他の4人とはアルフレッド・ヒッチコック、エルンスト・ルビッチ、ハワード・ホークス、ジャン・ルノワールです。

 アカデミーがキューブリックに賞を贈らない理由は、アメリカ人であるキューブリックがハリウッドに背を向けてイギリスで映画製作をし続けたこと(製作資金はハリウッドから出ていたのに、ハリウッドの制作会社やスタッフはその恩恵に預かれなかった)だと思いますが、もうそれからずいぶんと時も経ったのだし、キューブリックの未亡人クリスティアーヌが存命のうちに賞賛の意を表明すべきだと思います。アカデミー映画博物館でキューブリック推しをするのなら尚更ですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2001_T
とりあえずロバート・マッコールのイラストTシャツだけ買いました。

 現在話題沸騰中の、GUの『2001年宇宙の旅』コラボ。店頭で確認してきましたので個人的な感想になりますが参考にしてみてください。

ビッグT(半袖)SPOD

 ガサっというか、ざらっとした肌触りの綿100%のTシャツ。生地はちょっと厚めですが丈夫そうです。肌触りを気にする方は実物で確認を。デザインはマッコールとボーマンが人気になりそう。特にマッコールはフルカラーのプリントが良く、タイトルフォントはもちろんFutura。デザインのベースはおそらくDVDのパッケージだと思いますが、このデザインのアパレルを待ち望んでいたファンも多いはず。

ビッグT(長袖)SPOD

 生地はビッグT(半袖)と同じ。HALのブレインルームのプリントはしっかり出ています。宇宙ステーションVは線画イラストなので問題はないでしょう。

ビッグスウェットシャツ(長袖)SPOD

 生地は最近主流の軽くて着やすいポリエステルと綿の混紡。デザインはBDのロゴとちょっとめずらしいアリエス1B宇宙船と月。

ビッグスウェットパーカ(長袖)SPOD

 同じくポリエステルと綿の混紡で軽くて着やすい。プリントのボーマンはビッグTと同じ印象ですが、生地に凹凸がない分プリントがきれいに見えます。

デニムジャケットSPOD

 印刷したシートをデニムに貼っています。生地は薄いので、夏に冷房の効きすぎた室内で羽織るのにちょうどいい感じ。春先に着るにはインナーを着込まないと少々心許ないかも。

アノラックパーカSPOD

 ペラペラのナイロンパーカー。あんまり活躍するシチュエーションが思い浮かばない。小雨時に合羽の代わりに使うくらい? でも、コーディネートが上手な人は使いこなせるかも。

 以上ですが、全てオーバーサイズで、ぶかっと着ることを想定したシルエットです。もしぴったり目に着たいのならワンサイズ小さくするのがおすすめですが、シルエットが違ってくるのでやはり実店舗で試着してから買うべきかと思います。個人的にオススメなのは、ビッグT、ビッグスウェットパーカ、デニムジャケット。デザインや色はお好みで構いませんが、最低1点はマッコールを抑えておくべきかと思います。前の記事でも書きましたが、このイラストを使用したオフィシャルのアパレルは日本初ではないでしょうか。

 まだ発売したばかりなので商品は潤沢にありそうです。ですが人気デザインの人気サイズからなくなってしまうので、確実に欲しい方は早めの入手をオススメします。今回は春季でキューブリックコラボでしたが、GUさんは昨年に引き続き夏季にまた何か企んでそうな気がします。イオンさんも3年目(昨年一昨年)があるかもしれないですし、今年もキューブリックアパレル、目が離せませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
FURFUR_A


 以前こちらの記事では先行予約として双子の少女Tシャツのみだったのですが、ハーフTシャツ、パーカー、ワンピースが追加になり、本日2020年2月5日より発売開始になりました。オンラインストアでも購入できます。

 ワンピースは双子の少女のワンピースをイメージしていて、柄は237号室のカーペット柄をモチーフにしています。さりげないコラボなので、元ネタを知らずに買う人もいそうですね。ハーフTシャツは攻めたデザインですが、着こなすのは大変そう。パーカーも凝った刺繍が目を惹きます。でも一番の売れ筋はTシャツでしょう。アイドルやタレントさんもこのTシャツを着てテレビやSNSに登場しているそうです。

 購入は以下のオンラインストアからどうぞ。

シャイニングフォトTシャツ
サイズ:F
カラー:OWHT、BLK、LBLU
価格:9,800円(税別)

シャイニングハーフTシャツ
サイズ:F
カラー:YEL、PPL、LBLU
価格:11,000円(税別)

シャイニングロゴ刺繍パーカー
サイズ:F
カラー:
価格:18,000円(税別)

シャイニングワンピース
サイズ:F
カラー:GRN、BRD
価格:29,000円(税別)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
GU2001

キューブリック監督の名作映画『2001年宇宙の旅』とのアウターやスウェットのコレクション。GU『2001年宇宙の旅』特集サイトより)


ビッグT(半袖)SPOD

322089_sub080_mb

「デヴィッド・ボーマン」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ホワイト、ブラック
価格:1,490円(税別)

09_323496_mb

「ロバート・マッコールイラスト」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ホワイト、ブラック
価格:1,490円(税別)

24_323497_mb

「フランク・プール」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ブラック、オレンジ
価格:1,490円(税別)

324218_sub081_mb

「スターチャイルド」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ホワイト、64ブルー
価格:1,490円(税別)

ビッグT(長袖)SPOD

322088_sub080_mb

「宇宙ステーションV」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ホワイト、ブラック
価格:1,490円(税別)

09_323494_mb

「HALブレインルーム」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ブラック、オレンジ
価格:1,490円(税別)


ビッグスウェットシャツ(長袖)SPOD

322084_sub082_mb

「ロゴと月」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ホワイト、ブラック、64ブルー
価格:1,990円(税別)


ビッグスウェットパーカ(長袖)SPOD

24_322085_mb

「デヴィッド・ボーマン」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ホワイト、ブラック、オレンジ
価格:2,490円(税別)


デニムジャケットSPOD

64_323063_mb

「ロバート・マッコールイラスト」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ブラック、62ブルー、64ブルー
価格:3,990円(税別)


アノラックパーカSPOD

00_324693_mb

「宇宙ステーションV」
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:ホワイト、ブラック、オレンジ
価格:2,990円(税別)

※XS・XXLサイズは、オンラインストアのみでの販売です。


 昨年、『シャイニング』の双子の少女Tシャツが早々に売り切れ、転売騒動を引き起こしたGU(GUさんが悪いと言っているわけではないですよ)から、この春『2001年宇宙の旅』コラボアイテムが大量に登場しました。

 どのアイテムもオーバーサイズでぶかっと着る感じのもので、体型によっては似合う・似合わないがあるかも知れません。ですが、ロバート・マッコールのイラストを使用したビッグTシャツとデニムジャケット、特にビッグTシャツは人気になりそうな予感がします。このイラストのデザインは、いままで日本のメーカーでは(オフィシャルで)出したことがなかったはず(確か)。もしGUの担当者様がここをご覧になっていましたら、昨年の転売騒ぎの経験をもとに、再販などのご配慮をお願いできればと思います。

 そんなこんなで、アパレル業界では「キューブリックコラボは売れる!」とすっかり認知されてしまったようです。版権料もそんなに高く設定されていないのか、各メーカーからこぞってのリリースラッシュです。この状況は長年のファンにしてみれば嬉しいのは嬉しいのですが、そろそろ他作品のアイテムも出して欲しいところ。ワーナーが版権を持つ『アイズ ワイド シャット』『バリー・リンドン』『ロリータ』、そして版権はソニーですが『博士の異常な愛情』のコラボもファンは待っていますよ!

2020年2月7日追記:実際に店頭で商品を確認したレポートはこちら

このページのトップヘ