このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

デヴィッド・ボウイ/スペース・オディティ(David Bowie - Space Oddity)

 まずは外せない超有名曲。1969年にデヴィッド・ボウイがリリースした初期の名曲『スペース・オディティ』から。「宇宙の変人」というタイトルからしてそうですが、当時のサイケデリック・ムーブメントと『2001年…』がいかに密接に結びついていたかを示す、トリップ的浮遊感のある微妙なコード進行が特徴的な名曲です。



クリス・ハドフィールド/スペース・オディティ(Chris Hadfield - Space Oddity)

 関連作品としてご紹介します。2013年当時NASAの現役宇宙飛行士だったクリス・ハドフィールドが、国際宇宙ステーションにギターを持ち込み、『スペース・オディティ』をカバー(ボウイの許可済み)したMVです。宇宙飛行士ですのでミュージシャンとしては素人ですが、それにしても素晴らしい音楽と映像です。歌詞もオリジナルの「プロテインを飲んでヘルメットをかぶれ」を、「ソユーズのハッチを閉めてヘルメットをかぶれ」に変えるなど工夫があり、最後のソユーズ地球帰還シーンはご本人が搭乗していたものを使用しているそうです。



レニー・クラヴィッツ/ビリーヴ(Lenny Kravitz - Believe)

 当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったレニー・クラヴィッツが1993年に発表したアルバム『自由への疾走(Are You Gonna Go My Way)』からのセカンドシングル。監督はミシェル・ゴンドリー。



マイケル・ジャクソン/スクリーム(Michael Jackson - Scream)

 今更説明不要のマイケル・ジャクソンですが、妹ジャネット・ジャクソンとデュエットした1995年発表のアルバム『HIStory』からのシングルカット曲。監督はマーク・ロマネク。ギネスに「史上最も費用のかかったMV」として認定されているそうです。



ペット・ショップ・ボーイズ/アイ・ドン・ノウ・ホワット・ユー・ウォント(バット・アイ・キャント・ギヴ・イット・エニイ・モア)(Pet Shop Boys - Don't Know What You Want (But I Can't Give It Anymore))

 1990年代を代表するテクノ・ダンス・デュオ、ペット・ショップ・ボーイズの1999年発表のアルバム『ナイトライフ』からのシングルカット曲。しかしこのMVは謎だらけで、途中『2001年…』の白い部屋でなぜか袴に着替えるのです。前半は『THX-1138』、後半は『マトリックス』っぽいですが、更に謎なのが眉毛。これはひょっとしてギャグのつもりなんでしょうか?よく・・・わかりません。



ミューズ/ブリス(Muse - Bliss)

 イギリスのロックバンド、ミューズの2001年にリリースされたセカンドアルバム『オリジン・オブ・シンメトリー』から。落ちてゆく縦穴の中にある横穴に、見覚えのあるエアロックが登場します。



イマジン・ドラゴンズ/オン・トップ・オブ・ザ・ワールド(Imagine Dragons - On Top Of The World)

 アメリカ・ネバダ州出身のオルタナ系ロックバンド、イマジン・ドラゴンズが2002年に発表したシングル曲。どうやらビートルズの4人になぞられたメンバーが宇宙飛行士になり、月へと向かうが実はそこは・・・というストーリーの様です。2001という番地の家からサイケ野郎はジョン、六角サングラスがポール、ヒッピーはジョージ、ライダー風はリンゴのつもり? その4人が横断歩道で「アビイ・ロード」して、「0009LAH」という監視カメラがそれを監視、つれてこられた月面セットにはディレクターチェアーに座ったいかにもユダヤ人くさい風貌でアーミーパーカーを来た人物、多分これがキューブリックですね。その隣のうさんくさい政治家はニクソンでしょうか。思いっきり『アポロ陰謀説』を茶化しています(笑。『シャイニング』成分も多めの楽しいビデオに仕上がっています。



レディ・ガガ/バッド・ロマンス(Lady Gaga - Bad Romance)

 あまりにも有名なレディ・ガガですが、2009年に発表したアルバム『ザ・モンスター』からのシングル曲『バッド・ロマンス』のMVは、『2001年…』の白い部屋のようなセットが印象的です。同じイタリア系という事もあってマドンナとよく比較されているようですが、この曲は1980〜90年代にヨーロッパ(主に英国)を席巻したニューウェイブ、エレクトロ・ポップ系の影響が強いように感じます。マドンナがあまりにもアメリカン・エンターテイメント的であったのに対し、ガガはヨーロッパ的なイメージも合わせ持っていて、クイーン(クイーンの『ラジオ・ガガ』が『レディ・ガガ』になった話は有名)やデヴィット・ボウイの影響がそう感じさせる要因のひとつでしょう。



スティグ・オブ・ザ・ダンプ[ft. ジェスト] - キューブリック/Stig Of The Dump - Kubrick [ft. Jehst]

 イギリスのヒップホップ・アーティスト、スティグ・オブ・ザ・ダンプが2015年にリリースした『キューブリック』というそのまんまの曲のMVが、やっぱりそのまんまキューブリックです(笑。途中でチラっと映る「Here's Johnny!」とハートマン軍曹は多分ジェストでしょう。この小太りのおっさんのビジュアルはともかくとして、『2001年…』以外にもキューブリック作品が数多く登場し、各作品の再現度が高いのは嬉しいですね。しかも珍しいことに『非情…』まで採り上げられています。でも最後に登場するレコジャケまでそのまんまなのはどうなんでしょう? ロバート・マッコールにはちゃんと許可を取ったのでしょうか。ちょっと気になります。



ビッグ・ショーン/バウンス・バック(Big Sean - Bounce Back)

 ビッグ・ショーンはアメリカ・デトロイト出身のアーティストで、2017年にリリースした『バウンス・バック』は「立ち直る」という意味なんですが、歌詞を見ると「やり返す」「這い上がる」というもっと攻撃的なニュアンスで歌われているように感じます。最初と最後に『2001年…』のスターゲート・シークエンスのようなカットがありますが、これはドラッグでのトリップでしょうか? ヒップホップカルチャーもドラッグとは切っても切れない関係ですからね。
(情報提供:okayu様)


 以上ですが、意外に少ない印象です。探せばもっとたくさんあるんだと思います。もし何か他に情報がありましたら掲示板までおしらせください。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
SKE_london

 2018年10月24日〜2019年3月31日の日程でスペイン・バルセロナで開催される『スタンリー・キューブリック展』の次の開催地は、ロンドンのデザインミュージアムにて、2019年4月26日〜9月17日の日程での開催が決定したそうです。

 今までキューブリックの第二の故郷とも言えるロンドンでの開催がなかったのは不思議だったのですが、満を持しての開催決定ですね。関連イベントもいくつか開催される可能性が高いですし、久しぶりの大規模開催の予感がします。

 残すはキューブリックの故郷、ニューヨークでの開催と・・・もう何年も(忘れるぐらい昔から。笑)言い続けていますが、我が「日本」。今回の『2001年宇宙の旅』アンレストア70mm版公開の盛り上がりを見ると、開催が決定されれば大騒ぎになるのは必至でしょう。ロンドンの次、期待しましょう。

 今までの開催地リストはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
84794

 スタンリー・キューブリック監督作『2001年宇宙の旅』の70mm版特別上映が、10月6日より東京・国立映画アーカイブにて行われる。『2001年宇宙の旅』製作50周年を記念して、クリストファー・ノーラン監督の協力の元、公開時の映像と音の再現を追求して作成された70mmニュープリントが、今年5月に開催された第71回カンヌ国際映画祭クラシック部門での初お披露目、欧米での上映を経て、ついに日本に上陸する。

 前売り券が販売されるやいなや、ものの数分で完売し、早くも追加上映を望む声が上がっている本企画。今回リアルサウンド映画部では、本上映を主催する国立映画アーカイブの主任研究員・冨田美香氏にインタビューを行い、上映実現までの道のりや、本上映の見どころについて話を聞いた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Real Sound 映画部/2018年10月5日




 70mm上映の技術的・コスト的難しさと今後の70mm上映への波及効果の期待、2,500円という価格設定の根拠、デジタル化で失われるフィルムの質感など、今回の上映の希少性がよく理解できる貴重なインタビューです。この特別上映を実現させたワーナー・ブラザース・ジャパンと国立映画アーカイブ関係者様の努力には頭が下がります。今後、他作品の70mm上映の機会を増やすためにも、大きな混乱もなく、ぜひ成功して欲しいですし、私たちファンもそれへの協力を心がけたいですね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001_cinemore

フィルムでよみがえるキューブリックのマスターワーク

 今年2018年はスタンリー・キューブリックの偉業ともいえるSF叙事詩『2001年宇宙の旅』(68)の公開から50年が経つ。それを記念して米ワーナー・ブラザースは、『ダンケルク』(17)の監督クリストファー・ノーラン協力のもと、新たに65mmカメラネガから70mmプリントを作成した。このバージョンは5月におこなわれたカンヌ映画祭での披露を起点に、今夏ニューヨークやサンフランシスコ、トロントほか5館のセレクトされたIMAX劇場での公開を経て、北米の70mm劇場などで順次に上映されている。

 日本でも10月6日〜7日、11日〜14日までの6日間、70mmプリントの映写が可能な「国立映画アーカイブ」で計12回上映されることが発表され、全日程の前売り券が販売開始から数分で完売になるなど、本作の圧倒的な人気のほどを物語っている(各回、当日券の発行あり)。

 しかし今回上記の上映が、なぜここまで我々の琴線に触れるのか?それは1978年のリバイバル以来となる、オリジナルフォーマットでの公開だからだ。『2001年宇宙の旅』はこのリバイバル以降、70mmから縮小した35mmプリントか、あるいはDCP(デジタル・シネマ・パッケージ)に変換したデータでの上映が主となっている。そんな現状での70mm再公開は、同作のもっとも純粋な上映形式に立ち戻るという価値を有している。なにより商業映画のスクリーン投影がDCPにとって代わられた現在、フィルムプリントによる上映自体が希少性の高いイベントといえるだろう。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:CINEMORE/2018年10月2日




 70mmフィルム上映の希少性について、わかりやすく解説されている素晴らしい記事です。ただ、アンレストアの画質の違いについても解説していただいたらもっと良かったんですが、それは記事の文字数の関係なのでしょう。また、記事ではシネラマについても触れられていますが、画像の分割部分に問題がある3点投影方式のシネラマについては不要だと思います。キューブリックが意図したのはスーパーシネラマ方式での上映なので、ドーム球場など特設会場設営による上映という可能性を、未来への(また50年後?)希望として託したいですね。

 今回のアンレストア70mm版は、「初公開・凱旋興行シネラマ鑑賞組>初公開・凱旋興行70mm鑑賞組>リバイバルシネラマ館鑑賞組>リバイバル70mm鑑賞組>リバイバル35mm鑑賞組」という序列で言えば、リバイバル70mm鑑賞組よりはちょっと誇れるかな、という位置付けになるかと(個人的には)思っています。リバイバル公開は1978年ですので、今回の上映は「40年の時間をさかのぼる旅」と言えるかもしれません。今まで「生まれる時代を間違えた!」(笑 と嘆いていた、若い(と言っても40代以下くらい)ファンにとっても福音であることは確実でしょう。

 IMAXでのDSPによるデジタル上映は、記事の通り今秋発売予定の4K ULTRA HDのデータが使用されるそうです。現在4Kをそのまま上映できるIMAXは「109シネマズ大阪エキスポシティ」のみですので、一番いい条件での鑑賞を望みたいのなら、当然エキスポということになりますが、エキスポのスクリーンは26×18m、1.44:1という比率なので、このサイズにフルサイズである2.2:1を合わせると、レターボックスの黒味が上下に大きく表示されてしまいます。そうなると、上映館の判断によっては左右をカットしてしまう可能性があり、アメリカでの上映をご覧になった方のレポートにあった「左右カットされているかも」という報告が現実味を帯びてしまいます。スクリーンに対してなるべく大きい表示を望むのか、それともフルサイズである2.2:1での鑑賞を望むのか、そしてワーナーや上映館はこれをどう判断するのか・・・それは上映が始まってみないことにはなんとも言えません(問い合わせは上映館のご迷惑になるかもしれないので、お控えください)。参考までに、HALの初出シーンで、8つのモニタが切れずに入っていればノートリミングの2.2:1だと考えてよさそうです。

HAL

 まあ、そんなマニアの重箱の隅つつきなど、『2001年…』を映画館の大スクリーンで堪能する、という現実を前にすれば大した話ではないでしょう。映画館初見組はもちろん、『2001年…』自体初見(初見がIMAXなんてある意味羨ましい)組も、この「圧倒的な映像体験」と「宇宙視点の壮大な人類叙事詩」に大いに酔いしれていただきたいですね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001-2010

『2001年宇宙の旅』
BSプレミアム 11月5日(月)午後1時00分〜3時21分
備考:英語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ

『2010年』
BSプレミアム 11月6日(火)午後1時00分〜2時57分
備考:英語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ

(引用元:NHK BSシネマ




 NHKも『2001年』50周年イヤーに乗っかって『2010年』とセットにしてきました。この『2010年』に関しては大昔にこちらでレビューした通りなんですが、この『2010年』は「クラークの小説版『2001年宇宙の旅』の目的地を土星から木星に変更した、続編小説『2010年宇宙の旅』の映画化」という位置付けで、決して「キューブリックの映画版『2001年宇宙の旅』の続編ではない」んですね。言ってみれば、2020年に公開が予定されている小説『シャイニング』の続編『ドクター・スリープ』の映画化と同じなんですが、『シャイニング』の小説版・映画版の違いに比べて、『2001年…』は小説版・映画版の違いが比較的少ないので、かえって混乱を招いている気がします。

 どうしてキューブリックの映画版『2001年宇宙の旅』の続編ではないのかというと、映画版『2001年宇宙の旅』の続編はキューブリックしか作れないからです。ご存知の通り、キューブリック作品はどれも(良くも悪くも。笑)「キューブリックにしか撮れない」ものばかりです。ですので、世界観や映像美などがあまりにも違いすぎているこの映画版『2010年』を、映画版『2001年宇宙の旅』の続編と呼ぶことに抵抗を感じ続けています。監督のピーター・ハイアムズが「キューブリックと同じことをしたら、致命的な失敗を犯すことになる」と発言しているのも、その点を意識してのことでしょう(もちろん「自分の個性で映画を撮るんだ」という自負も)。

 管理人は「アーティスト」と「職人」の違いは「他者互換が効く存在であるか否か」だと思っています。映画監督には「アーティスト」と「職人」の両方の要素がありますが、キューブリックは極端に「アーティスト成分が多い」んですね。反対にハイアムズは「職人成分が多い」と思っています。ですので、アーティスト成分が多い監督が撮った作品の続編を、職人成分が多い監督が撮ってもそれは続編だとは言えないし、そもそも監督自身がそう思っていないのだから、映画の続編ではないということです。まとめると、『2010年』は「前作映画の小説版(映画版ではない)の続編小説『2010年宇宙の旅』の映画化」と理解するのが一番実像に近いのではないか、と考えています。それを踏まえての管理人の評価は「割と楽しめる」「まあ及第点」といったところですね。

 とはいえ広報的(集客的)に、もしくは便宜的に「映画の続編」と呼んでいることは理解していますし、これを原理主義的に他者に強要しているわけではありません。あくまで私的な感覚のお話です。何卒ご理解ください。


2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)



2010年 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ