このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
David-Hicks-British-Interior-Designer1970年代に活躍したイギリスのインテリアデザイナー、デービッド・ヒックス。公式サイトはこちら

デービッド・ヒックスを紹介した動画。いきなり「シャイニング・カーペット(ヒックス・ヘキサゴン)」が登場します。

「シャイニング・カーペット」が印象的に登場したダニーのミニカー遊びのシーン。

 『シャイニング』に登場した六角形柄のカーペット、ファンの間では「シャイニング・カーペット」と呼ばれるものですが、これは1960年代にインテリア・デザイナーであるデービッド・ヒックスがデザインした「ヒックス・ヘキサゴン」で、キューブリックが「勝手に」コピーしたものでそうです。以下がそのソースです。

 しかし、ヒックスは『シャイニング』の撮影に協力していませんでした。「ヒックス・ヘキサゴン」 カーペットは、1980年に『シャイニング』がリリースされる前の1960年代に作られたもので、オーバールック・ホテルに登場するカーペットは、映画のためのものでも、撮影用にデザインされたものでもありません。 アシュレイ・ヒックス(インテリア、テキスタイル、カーペットのデザイナーとしても非常に成功したデービッドの息子 )は、グラフィックデザインの伝説的な存在で、映画愛好家でもあるMike Dempseyのブログに、父親の仕事について興味深いコメントを残しています。

「私の父はキューブリックのために働いたことはありません。私はキューブリックがヒックスのカーペットを『シャイニング』のためにコピーしたことを、父が自慢のひとつに思ってくれていたらいいのに、と思っています。」

(全文はリンク先へ:Checkmate! The story behind Kubrick’s carpet in The Shining revealed/2017年11月)




 キューブリックは映画で使用するプロップやインテリア、衣装などはよく既存のものを使いますが、それは手早く、そして手広く選択肢を用意したいという理由からだと思われます(例えば『時計…』でアレックスの部屋のベッドカバーは当時売られていた既製品)。その上で、どうしても気にいるものがなければ、オリジナルでデザインさせるという手法を採っていたようです。実際はどうだったかはわかりませんが、例えばキューブリックがカーペーットや壁紙のカタログからこの「ヒックス・ヘキサゴン」のデザインを知り、それを気に入ってオーバールック・ホテルのカーペットデザインに採用した、という経緯が想像できます。著作権意識の薄かった1970年代ならではの、軽い気持ちでコピーしたんでしょうね。

 現在の著作権管理は、その時代とは比べものにならないほど厳密になっているので、どちらにしてもこの「ヒックス・ヘキサゴン」は『シャイニング』オリジナルデザインではない以上、著作権はヒックスにあります。ですので、商品化にはヒックスの許可が必要、ということになります。そうなると、東京・日本橋にあるTOHOシネマズ日本橋のカーペットが「シャイニング・カーペット」である理由は、内装担当者が単にカーペット柄としてこの「ヒックス・ヘキサゴン」を選んだに過ぎない、という可能性が浮上します。まあ、映画館に「シャイニング・カーペット」が偶然敷かれた、というのもちょっとでき過ぎた話なので、この辺りはぜひ当事者に証言して欲しいものです。

 ちなみに、キューブリックがこの「ヒックス・ヘキサゴン」をオーバールック・ホテルのカーペットに採用した理由ですが、前述の引用サイトには

・色彩が幻想的で鮮やかな印象のため、何かの前兆の印象を与えるから

・このグラフィックパターンは、キューブリックが用いる「シンメトリーな一点透視」に効果的で、ドラマチックな視覚感覚と廊下の延長効果をもたらすから

・ヘックス(六角形)の意味は「呪いまたは悪意のある願い」であり、したがってホテル内の邪悪を象徴するから

・カーペットの六角形をキューブリックが好むチェスと戦争ボードゲームのマス目に結びつけることができるから

・六角形の「六」が「シャイン(輝き)」という第六感を象徴するため


という5つの理由を挙げていますが、管理人がこれに加えるとするならば

・原作に登場する邪悪な霊の象徴「蜂の巣」にインスパイアされたため

・永遠に続く迷路のような模様を、他の迷路の要素(ホテルの館内、生け垣迷路)と呼応させるため


の2点を加えたいと思います。

 この「Film And Furniture」というサイトですが、映画に登場したアイテムをベースに商品販売をしていて、『シャイニング』関連ではカーペットや壁紙、マグカップ、ハロランの部屋に飾ってあった黒人モデルのポスターまで取り揃えています。さらに『2001年宇宙の旅』では宇宙ステーションに置いてあったオリビエ・ムルグのジンチェアや、ボーマンらが食事に使ったアルネ・ヤコブセンのカトラリーも扱っています。商品は版権元に許諾を取ったオフィシャルになりますので値段は高めですし、送料もかかってしまいますが、もしどうしても欲しいアイテムがありましたら問い合わせてみてはいかがでしょうか。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
0:28から。歌うような通る声は確かにディズニー声優向きかも。

19:45から。所作も声も子供向けアニメとは思えないほど色っぽい。このクオリティで公開が1942年(昭和17年)というから、アメリカという国は恐ろしい。



 『2001年宇宙の旅』で、プールが両親から誕生日のビデオメッセージを受け取るシーンがありますが、そのビデオの中の母親を演じたのがアン・ギルズという女優で、彼女はディズニーアニメ映画『バンビ』のヒロイン鹿「ファリーン(大人)」の声優だそうです。2010年のインタビューで当時を振り返り、

 私たちは21テイクも撮りました。 キューブリックはそれを全部プリントしました。昔、監督はすべてのテイクをプリントすることはありませんでした。キューブリックはわずか数秒間続くだけのこの小さなシーンのために、21のテイクのすべてをプリントしたのです。まだ続けようとする彼に私は言いました。「もう十分でしょ、私はやめます」。私は帰りました。21テイクなんてばかばかしい。

(引用元:Hollywood Reporter/2018年2月2日


と、やっぱりここでも「いかにもキューブリックでした!」という感じのエピソードを語ってくれています(笑。

 ところでその『バンビ』についてですが、キューブリックはずいぶんとご立腹だったようで、

 「子供向け映画はディズニーに任せられない領域だ。私は彼らが素晴らしい子供向け映画を製作するとは思えない。私は彼らが子供に動揺を与える、衝撃的で残忍な要素を持っていると考えている。彼らの漫画映画の特徴についての話だ。 私は彼らがなぜそれが妥当であると考えるのか、全く理解できない。『バンビ』の母親が死ぬシーンは、5歳の子供に与える心的外傷体験の一つであるように思える」

(引用元:【関連記事】スタンリー・キューブリックが好んだ映画のマスター・リスト(2016年7月25日改訂版)


と、語っています。

 ではプールのパパは? と思うかも知れませんが、パパについては以前こちらで記事にしました。

 そのアン・ギルズ。2018年1月31日に90歳で逝去しました。最近までご存命だったんですね。故人のご冥福をお祈りいたします。

ann_gillis_1946_0-h_2018
Ann Gillis(IMDb)
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ml
『2001年宇宙の旅』で初めて発せられる人類の言葉がこの「メーン・フロアです」。原語では「Here you are, sir. Main IeveI, pIease.」



 キューブリックとビートルズの結びつきといえば、以前この記事で「TV映画『マジカル・ミステリー・ツアー』の『フライング』のシーンは、『博士…』のオープニング・シークエンスのアウトテイクの流用」とか、「『2001年…』の猿人「月を見るもの」を演じたダン・リクターは、ジョンとヨーコが購入し『イマジン』のMVの舞台となった邸宅、ティッテンハースト・パークで一緒に暮らしていた」とか、小ネタがいくつかあるのですが、それにまたひとつネタが加わりました。

 『2001年…』で記念すべき人類初のセリフ「メーン・フロアです」を発するエレベーターガールを演じたのは、当時売れっ子のモデルだったマギー・ロンドン(Maggie London)という女性です。このマギー、ビートルズ初の主演映画『ハード・デイズ・ナイト(旧題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)』のディスコシーンでリンゴ・スターと踊っている女性がそのマギーになります。

1:17からのダンスシーンの左側の女性。

Maggie-Final
左:Ringo Starr Jiving With Maggy London At Les Ambassadeurs Nightclub In London To Shoot Part Of The New Film 'a Hard Day's Night'. 1964 . Rexmailpix.(Shutterstock)/右:マギー・ロンドンの近影)

 しかもこのマギー、結婚した相手が1960年代ブリティッシュ・インヴェイジョンの一翼を担ったバンド、マンフレッド・マンのボーカル、マイク・ダボで、結婚時はマギー・ダボを名乗っていたとか(2子をもうけ、現在は離婚)。

ヒット曲『Doo Wah Diddy 』。ロックファンにはクリームのジャック・ブルースが在籍していたバンドとして有名。

 まあ、当のキューブリックはポピュラー・ミュージックには疎かったそうですので、どこまでこういった細かい事情を把握していたのかは不明ですが、この『2001年…』も当時の「スウィンギング・ロンドン」の影響(ハーディ・エイミスがデザインしたコスチュームに顕著)を受けていたんだな、と思わせるエピソードですね。

e1261b7a10c675f039a19e5e75093233
ハーディ・エイミスがデザインしたコスチュームに身を包んだマギー・ロンドン

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
Studio of Style/Maggie London on Vidal Sassoon: "A True Genius"
Maggie London(IMDb)
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
shining_goods
グッズ画像転載許可取得済み

ホラーカフェ☆グッズ情報☆

 7/13から開催中のgourmandise cafe and storeのホラーカフェではホラーグッズを多数販売しております。

【THE SHiNiNG】

iPhoneケース/リチウムバッテリー/ICカードケース/缶バッジミラー/ステッカー/ランチトートバッグ/Tシャツ

 ポップな柄でおしゃれなシャインニングシリーズ。是非一度お手に取ってご覧ください。

(引用元:HEP FIVE SHOP NEWS/2018年7月31日




 関西人にはおなじみ「観覧車のビル」こと大阪・梅田HEP FIVE 3階にあるカフェ「gourmandise cafe and store」でコラボ中の「ホラー・カフェ」に、『シャイニング』グッズが登場しています。お店の入り口はペニーワイズが睨みつけていますが、店内は血塗られたREDЯUMシャイニング・カーペット、怖いよ!と叫ぶダニーくんなど『シャイニング』だらけになっています(詳細は入店してからのお楽しみ)。

 グッズデザインのモチーフは定番の「Here's Johnny! 」ではなく、双子の少女や三輪車に乗るダニーなどですが、あえて犬男を選んでくるあたりが大阪らしいと思うのは私だけでしょうか? Tシャツはメンズですが、サイズさえ合えば女性でも大丈夫だそうです。

 ホラーカフェのコラボは9月30日まで。日本で『シャイニング』のオフィシャルグッズが購入できる機会はほとんどないので貴重です。メニューには『シャイニング』ネタはありませんが、食事をせずグッズのみ購入もできるそうなので、地元民はもちろん、出張や旅行などお近くにお寄りの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 お店の案内ページはこちら
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 2018年10月6日からいよいよ日本でも公開になる、クリストファー・ノーランが監修した『2001年宇宙の旅』アン・レストア70mm版ですが、公式サイトを引用すると

 『2001年宇宙の旅』製作50周年を記念して、クリストファー・ノーラン監督の協力の元、公開時の映像と音の再現を追求して、オリジナル・カメラネガからデジタル処理を介さずにフォトケミカル工程だけで作成された70mmニュープリントでの上映。音は1968年の公開当時と同じ6チャンネルで、上映前の前奏曲、休憩時の音楽、終映時の音楽まで再現されている。

(引用元:国立映画アーカイブ:製作50周年記念『2001年宇宙の旅』70mm版特別上映


とのことです。

 では具体的にどう違うの? という話ですが、すでに70mm版が公開されているアメリカでは予告編がYouTubeにアップされています。



 これをソースに同シーンをBDから抜き出してBD→70mmの順で比較した動画が一番上の動画ですが、けっこう印象が違います。当然キューブリックの意図は後者なので、後者を基本に考えるべきですが、BDを見慣れていると違和感も否めません。ただしモニターとスクリーンでは映像の投影方法が異なるので映画館で観ればこれとは印象は異なるかも知れません。その確認の意味でも今回の上映は貴重なのですが・・・。それにしても12回の上映回数は少な過ぎますね。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ