このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 あまりにも『フルメタル・ジャケット』そのままで、もう笑うしかないですね。このカメラマン、絶対「キューブリック感」狙っているでしょう!



 他にもドリル・インストラクターの激しい訓示の動画もありました。これも『フルメタル…』そのまんまです。もしこの場にいたら、笑わずにやりすごす自信は管理人にはありません(笑。たぶんこっぴどく「笑ったり泣いたりできなくしてやる!」と怒鳴られることでしょう。



 これは以前ご紹介した「ドリル・インストラクター」の動画ですが、これもどっちがどっちだかわからなくなるくらい映画とまったく同じです。キューブリックがいかに「パリス・アイランドをそっくりそのままイギリスに持ってきたか」が分かります。キューブリックの「異常なまでのこだわりっぷり」と、「そうまでして飛行機に乗りたくないのか!」という事実に呆れるしかないですね(笑。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


予告!キューブリックからグザヴィエ・ドランまで多大な影響を与え続ける真の巨匠”イングマール・ベルイマン監督の生誕100年の映画祭-ついに日本で開催!

 スウェーデンが生んだ“20 世紀最大の巨匠”イングマール・ベルイマン監督の生誕100年を記念し、特集上映「ベルイマン生誕 100 年映画祭」を YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次にて開催、初日が7月 21日(土)に決定いたしました。

〈中略〉

上映作品 【計 13 本】
『夏の遊び』(51)
『夏の夜は三たび微笑む』(55)
『第七の封印』(57)
『野いちご』(57)
『魔術師』(58)
『処女の泉』(60)
『鏡の中にある如く』(61)
『冬の光』(63)
『沈黙』(63)
『仮面/ペルソナ』(66)
『叫びとささやき』(73)
『秋のソナタ』(78)
『ファニーとアレクサンデル』(82)

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネフィル/2018年5月25日




 キューブリックも「大ファンだ」と公言し、こんな熱烈なファンレターまで綴った20世紀の巨匠、イングマール・ベルイマンの生誕100周年記念上映会が、東京・恵比寿のYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次にて開催になり、初日が 7月21日(土)に決定したようです。

 キューブリックがいかにベルイマンが好きか、「キューブリックのマスターリスト」の記事から抜粋してみると、

『夏の夜は三たび微笑む』

 キューブリック:「マックス・オフュルスが亡くなった後、私が観てきたすべての映画の中で最も感心した映画監督は、疑問の余地なくイングマール・ベルイマンだ。私は『夏の夜は三たび微笑む』が大変好きだ」

『野いちご』

 1963年に発表したキューブリックのトップ10リスト第2位にランクイン。

『叫びとささやき』

 ハーラン:「彼(キューブリック)は『叫びとささやき』に非常に感銘を受け、そして衝撃を受けていました。彼は私と一緒にかろうじてそれを見終えました」


 と手放しでの激賞ぶり。上記3作品は当然上映リストにラインナップされています。

 キューブリックファンはもちろん、映画ファンも見逃せないこの映画祭。2014年にBDボックスが全2巻で発売され話題になりましたが、ベルイマン作品自体が映画館で上映されるのはきわめて稀です。上映館は現在恵比寿ガーデンシネマ(復活して嬉しかった!)のみ決定していますが、全国の上映館はそのうち発表になるでしょう。公式サイトはこちら、公式ツイッターはこちらですので、チェックを忘れずに。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 日本のバス会社ではこんなブラックなアイデアは採用されないでしょうね。しかも電車で走行中に降りようとしているし(笑。「フリックス・バスならこんな悪夢は見ないし快適だよ、しかも安いし!」ってことなんでしょうけど、5ユーロ(約650円)からという運賃は確かにずいぶんと安いですね。公式サイトによると路線はヨーロッパ全土に張り巡らされているようです。利用したレポートを載せているブログもチラホラあるようなので、興味のある方は「フリックス・バス」でググってみてください。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




Doctor Sleep : スタンリー・キューブリック監督のホラー映画の傑作「ザ・シャイニング」の続編にあたる注目作「ドクター・スリープ」の全米公開日が決定 ! ! の一方、マーク・ウォールバーグ主演の「60億ドルの男」の全米公開が案の定、延期の先送り ! !

 ワーナー・ブラザースが、同社の新作映画「ドクター・スリープ」と「60億ドルの男」、そして、「ゴジラ 2」の封切り日について発表しました!!

〈中略〉

 さて、最後に大注目の「ザ・シャイニング」(1980年)の続編にあたる「ドクター・スリープ」の全米公開日は、再来年の2020年初めの1月24日に決定だそうです!!

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:CIA Movie News/2018年5月24日




 またこんなアクセス稼ぎの恣意的な見出し・・・(笑。『ドクター・スリープ』はキューブリックの『シャイニング』の続編ではなく、スティーブン・キングの小説『シャイニング』の続編です。キューブリック版『シャイニング』とは全く別物と考えなければなりません。ですが、宣伝材料としてキューブリックの名前を出せるのは「おいしいネタ」ですので、いろんなところで「わかっていながらミスリード広告や記事」が打たれるでしょうね。

 上記の動画は『ドクター・スリープ』刊行時に版元が作成したPVです。これを観ただけでもスティーブン・キング感満載なので、しっかりと「スティーブン・キング映画」として制作されるのではないでしょうか。同じ小説家(アーサー・C・クラーク)がベース本執筆したという意味では『2001年…』→『2010年』と同じですが、それ以上に肌合いが異なる作品になりそうです。もちろん、それはそれで傑作であって欲しいとは思いますがさてどうなることやら。不安&期待をいだきつつ、2020年1月24日の公開を待ちましょう。


ドクター・スリープ 上(amazon)



ドクター・スリープ 下(amazon)
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 20世紀アメリカのSF小説やファンタジー小説の表紙を飾る個性的なイラストを紹介するムービーを、多くのムービーエッセイをアップするNerdwriter1が公開しています。また、ムービーではなぜSF小説やファンタジー小説の表紙を多種多様なイラストが飾るようになったのか、その歴史もあわせて解説されています。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Gigazine/2018年5月23日




 『時計じかけのオレンジ』のグラフィック・アートで、キューブリックが依頼し、フィリップ・キャッスルが描いた一連のエアブラシによるアートワーク以外に、動画で紹介されているシンプルでグラフィカルなものがありますが、それはペンギンブックス版『時計…』のカバーためにデヴィッド・ペラムが描いたものだそうです。

 このデヴィッド・ペラムですが調べてみると、キューブリックにフィリップ・キャッスルのアートワークの使用を断られたため、仕方なく一晩で描いたいう情報などがヒットしますので、また改めて記事にしたいと思います。

 それまでは上記動画の「センス・オブ・ワンダー」をお愉しみください!
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ