このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote







セリフや声優のキャスティングなど様々な意見はあるかと思いますが、管理人個人としてはリリースしてくれたことに価値があると思っていますので、評価は避けたいと思います。



 幻とされていた『フルメタル・ジャケット』の日本語吹替版BDがリリースされ、話題になっています。この吹替版はTV放映用ではなく、吹替版として劇場公開を予定していたものです。『フルメタル…』の日本公開は1988年3月ですが、ちょうどその頃のキューブリックのインタビューがありましたので、ここに一部抜粋して引用してみたいと思います。

 (外国語版は)できる限り最高のメンバーに依頼する。ダビング(吹替)版なら、最高のライター、最高の監督に、最高の俳優。スペイン語版でカルロス・サウラに頼んだこともあるよ。スーパーインポーズ(字幕)版、私はこの方が良いのだが、ダビング(吹替)版主体の国が多いのが現状だ。興行者が主張するから仕方なく作ってはいるが。スーパーインポーズ(字幕)版では、英語の話せる優秀な翻訳者に頼むのが第一。今、ドイツ語版では優秀な翻訳者がいる。ジャーナリストだが。日本ではスーパー主体だね。

〈インタビュアーの『フルメタル…』の日本語字幕の批評なので中略〉

 なにしろ日本語のシンタグム(構文法)は、我々(欧米人)には普通じゃない。

(引用先:イメージフォーラム1988年6月号/スタンリー・キューブリック・ロングインタビュー



 以上のように、キューブリックは外国語版にもチェックを怠らなかったのですが、ポイントは2つ。

(1)キューブリックは吹替版より字幕版を好んでいた

(2)字幕であれ、吹き替えであれ優秀な翻訳者にオファーする

となるでしょう。

(1)は吹替が当たり前のアメリカ生まれ、アメリカ育ちのキューブリックにしては意外な感じもしますが、それだけセリフに込めた意味を重要視していたのでしょう。

(2)は、コントロールフリーク(原田氏談)のキューブリックらしいこだわりで、自分が認めた優秀な人材であれば専門の翻訳家でなく、映画監督でもジャーナリストでも構わない、ということでしょう。つまり専門家の「誤訳の女王」はキューブリックのお眼鏡には叶わなかったんですね(笑。

 キューブリックの人材登用の特徴は、優秀であれば専門外の人材でも積極的に採用する点です。役者でさえ素人(『2001年…』の地上管制官、『シャイニング』のバスルームの美女など)を採用するくらいです。脚本も専門の脚本家に頼まず、小説家(もしくは小説家兼脚本家)にオファーするのが常でした。理由は「専門家の手慣れた仕事(手抜き)を嫌がった」「素人の新鮮なアイデアに期待した」などいろいろ考えられますが、どちらにしてもその「素人」がそれ相応の才能や技能を持っていないと相手にしなかったようです。そうやって冷徹に人を切り捨てる態度に立腹した俳優やスタッフも数多く、そのことが多数の敵と、彼らが吹聴する悪口が、誤解や偏見を生む土壌になったと言えるでしょう。

 キューブリック逝去後の『アイズ…』公開時の字幕は、『フルメタル…』でNGを出されたはずの戸田氏が担当しました。キューブリックが存命なら、かなりの高確率で再度原田氏にオファーしたのではないでしょうか。ワーナーの気の利かなさっぷりはあいかわらずですが、結局戸田氏は最後の重要なセリフ「Fuck」を「セックスよ」と単純に訳してしまいました。現在のDVDやBDはレオン・ヴィタリの監修のもと「ファックよ」に修正されています。そんな戸田氏は『アイズ…』でクルーズとキッドマンが来日した際、二人の間に割って入ってニコニコとカメラマンのフラッシュを浴びておりました(怒。

 「使えない奴に限って目立ちたがり屋」みなさんの周りにもほら、心当たりがありませんか?(笑。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
_SL1500_
フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]


 11月8日に発売される「【初回限定生産】フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ」。スタンリー・キューブリック監督による製作から30周年を記念し、1991年に水曜ロードショーでの放送が予定されていながら、直前になって放送中止となった“幻の日本語吹替音声”が収録される。当時、この日本語字幕・吹替の翻訳と、日本語吹替の演出を担当したのは、映画監督の原田眞人。BDの発売にあたり、原田氏がその経緯や裏話を説明した。

(全文はリンク先へ:AV Watch/2017年11月6日



 日本語吹き替え版はTV用ではなく、映画用だったというのはちょっとした驚きです。そういえばキューブリックは『博士…』を「衝撃の多くをセリフに頼っている」「字幕では面白さが損なわれる映画」と語っていたので、『フルメタル…』も同様に考えていたのかもしれません。『2001年…』や『シャイニング』などのビジュアル重視系は字幕でもOKだが、『博士…』や『フルメタル…』のようにセリフ重視系は吹き替えで、という判断なのでしょう。ただ、ゲルマン・ラテン語系ではない日本語の独自性とその難しさも理解していたようで、『フルメタル…』の頃にやっと日本語吹き替え版を作る体制が整った、ということなのかも知れません。

 そう考えると原田氏が『フルメタル…』の字幕や吹き替え作業で果たした役割は大きい、ということになります。上記の記事からもキューブリックは原田氏に信頼を寄せていたことが伺えます。ちなみに『フルメタル…』公開後のこのインタビューでも字幕の出来の良し悪しを気にしていることからも、キューブリックにとって『フルメタル…』の日本語化は大きな挑戦だったのでしょうね。

 ちなみに原田氏が語る「女性スナイパーが娘(ヴィヴィアン)に似ている」云々の話はあまり気にしなくていいと思います。キューブリックが映画制作に家族を重用したのは事実ですが、ヴィヴィアン以外の家族も手伝わされています。それにスナイパーのくだりは原作通りですからね。さらに言うなら、キューブリックは原作にある「頭部切断シーン」の映像化を試み、その生首の試作さえしています。スナイパーとヴィヴィアンを同一視していたならこんなことはできなかったはず。原田氏はキューブリックと一緒に仕事をした数少ない日本人の一人です。こういった「思い込み論」を語るより、当時の「客観的な事実」をもっと教えて欲しいものです。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 数年前(2015年頃?)惜しくも閉店してしまった『時計じかけのオレンジ』のコロバ・ミルクバーに似たバー、『MILK BAR』ですが、その店内を撮影した動画がYouTubeにアップされていましたのでご紹介。

 管理人も何度か店を訪れたことがありますが、吉祥寺は居住地から遠かったので常連になるほど頻繁に店には通えませんでした。マスターともちょこっとお話しした程度ですし、このブログのことも特に話題にしていません。でも懐かしいです。トイレの便器が小さかった(子供用?)のが面白く、それが特に印象に残っています。それとカウンターに照明が仕込んであって、ちょっと『シャイニング』のバーっぽいな、と思ったこともありました。

 映画やロック、サブカル好きは「将来は店をやりたい!」と思ったりするのが定番の「夢」だったりするのですが、昔に比べて版権管理がシビアになっていますので、勝手に音楽や映像を流して・・・なんてことはできなくなっているようです。でも、こんなバーが再び出現すればぜひ訪れてみたいですね。えっ?お前がやれって?? うーん、やるんだったら徹底的にこだわりたいので、ワーナーさんに話を通して、ってことになるでしょう。そうなると一介の素人にとってはやっぱり「夢」でしょうねぇ。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 俳優のジェームズ・フランコとクリス・バウアーが、ユニバーサル・スタジオのホラーアトラクション『シャイニング』のジャック・トランスに扮して、何も知らない訪問客をさんざん脅かして楽しんだそうです。

 イケメンのジェームズ・フランコはともかく、頭の毛の薄いクリス・バウアーならジャックのマスクなしでいけるんじゃないの?と思ってしまいましたが、このマスク、なかなか出来がいいですね。これなら日本人がかぶってもそれっぽくなりそう。

 というわけで、日本のUSJの関係者のみなさま、ここをご覧になっていましたら、ぜひ来年のハロウィンにはこのアトラクションを上陸させてください。ホラーファンはもちろん、キューブリックファン、キングファンが大挙として押し寄せるのは確実(?)ですので!
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




 アラン・ボーカー氏は、キューブリックがPC(IBM XT)を導入した際に助言をしたIT技術者で、以前この記事でも貴重な写真とともにご紹介していましたが、なんとその時のビデオが残っていたらしく、この度YouTubeにアップされていました。撮影時期は1983年年末から1984年初めにかけて、場所はハートフォードシャーの自宅の仕事部屋で、『フルメタル・ジャケット』のプリプロダクションが始まっている頃です。1本目ではその頃一般家庭にも普及が始まったビデオカメラ(ソニーのベータマックス)がロケハンなどに使えないか、2本目では映画予算の計算にPC(IBM XT)が使えないか検討している様子が映し出されています。1本目に映っている男性はプロデューサーでキューブリックの義弟、ヤン・ハーランで、2本目にはデスクの上で横になるキューブリックの愛猫も登場しています。

 キューブリックの服装が同じなので同じ日に撮影されたものだと思いますが、日時は明確ではないようです。キューブリック独特の落ち着いた、深みのある声を思う存分聞くことができますので、もうこれで偽物インチキ動画(アポロがどうのこうの)を真に受ける人は一人もいなくなるでしょうね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ