4
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]


 一般的に「難解」と言われるキューブリック作品の中でも、この『時計じかけ…』は例外的にシンプルで明快な作品だ。だが、未だにアレックスが罰らしい罰を受けずに復活するラストに違和感を覚え、それを批判する人も少なくない。これではキューブリックも浮かばれない。

 初公開当時「激しすぎる」と批判された暴力シーンも、現在の感覚からすれば、たいしたことはない。なのに今日に至ってもその描写に激しい拒否反応が噴出するのは、所謂「映画のお約束」の枠を越えているからだろう。つまり、今日の暴力描写はいくらそれが激しくても、「これはフィクションですよ」というお約束の中でなされている。しかし『時計じかけ…』にはそれがない。まるで、実際に暴力の現場を目撃しているかのような映像感覚…。それはひとえにキューブリックの天才的なカメラワークのなせる技だろう。

 やがて、アレックスの暴力三昧の日々はあっけなく逮捕という結末を迎える。しかしここでも暴力、暴力、暴力の嵐…。警官によるアレックスへの暴力、刑務所内での暴力(アレックスがホモ囚人を殴り殺すシークエンスはカットされてしまったのだが)、そして、権力者が一般大衆に対して行う最も恐ろしい暴力「洗脳」。かつて暴力で権力者を困らせたアレックスは、きっちりとその暴力で権力者に仕返しされてしまうのだ。

 アレックスにとって生きる喜びと自由意思の表現であった暴力(ついでに性欲とベートーベンも)を奪われ、見た目は有機物でも中身は機械人間、つまり『時計じかけのオレンジ』にされてしまう。そんな無力な彼を、かつて虐げた連中が暴力で仕返しをする。揚げ句、反体制小説家はアレックスを自殺に追い込み、それを政府批判の世論操作に利用しようと企てる。

 だが、その企ては失敗に終わり、今度は逆に権力者が広告塔として利用するために元の暴力的な人格に戻される。つまるところアレックスは暴力で逮捕され、暴力で洗脳され、暴力で解放されたことになる。しかもアレックスを取り巻く連中(権力側、反政府側、それにかつて虐待した老人でさえ)もそれぞれ暴力でそれに応える。このうんざりさせられるほどの「暴力の連鎖」。これこそがこの作品の核心であり、それを持ちあわせているのが「人間」という存在なのだ。

 ラスト、暴力性を取り戻し、ベートーベンの第九を聴きながら、性夢を夢想し、陶酔するアレックス…。これを単純な善悪の二元論で解釈してしまうと「アレックスが無罪放免なのが許せない」となってしまう。だが、残念ながら人間は聖人君子ではない。アレックスは多かれ少なかれ、等しく皆の心の中に住んでいるからだ。

 人間の暴力性と権力者の横暴、それに魂の救済であるはずのキリスト教でさえ暴力性を内包している(聖書を暴力・エロ本扱いにするなんて…)と告発したキューブリック。そのキューブリックは公開当時、マスコミの一大「暴力賛美映画」批判キャンペーンにより、本人はおろか家族まで脅迫されるという事態に追い込まれてしまう。それは奇しくも『時計じかけ…』で描かれている世界が現実のそれと何ら変わらない、という事を証明する事にもなった。もちろん、公開から35年以上を経た現在でも、この作品が突きつけてくるテーマは全く色褪せていない。むしろ、テロや犯罪が世界中で蔓延する現在の方が、より説得力を持ってこの作品を観ることができるのではないだろうか。

 尚、作品としては間違いなく星5つの評価だが、原作の素晴らしさに負う所も大きいので、その分マイナス1とした。原作の独自解釈・分解・再構成がお得意のキューブリックしては、素直に映像化しているところからも、キューブリックがこの原作を高く評価していた事が伺える。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
RLErmey
R. Lee Ermey (IMDb)
R・リー・アーメイ(MOVIE-FAN)

 『フルメタル…』には、最初はテクニカル・アドバイザーとしての参加だったが、キューブリックに見いだされて、鬼教官ハートマンを熱演した。実際に元教官で、ベトナム戦争へは下士官として参加している。この役の印象がよほど強烈だったせいか、他の出演作でも『トイ・ソルジャー』(1991)では将軍、『トイ・ストーリー』(1995)、『トイ・ストーリー2』(1999)、『トイ・ストーリー3』(2010)、『Xマン3』(2006)では軍曹の声、『セブン』(1995)では警察署長など、軍、警察関係が目立っている。また、ノー・クレジットながら『地獄の黙示録』(1979)にヘリ・パイロット役で出演している。1944年3月24日アメリカ・カンサス州生まれ。自身のサイトはこちら
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

3
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ロリータ(amazon)


1. Main Title (Love Theme From Lolita) (1:57)
 メイン・タイトル(「ロリータ」愛のテーマ)
 Bob Harris / Nelson Riddle & His Orchestra

2. Quilty (Qulity's Theme) (2:52)
 クイルティのテーマ
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

3. Quilty As Charged (0:49)
 クイルティ・アズ・チャージド(セリフ)
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

4. Ramsdale (Arrival in Town) (0:45)
 町への到着
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

5. Cherry Pies (0:28)
 チェリー・パイ(セリフ)
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

6. Lolita Ya Ya (3:23)
 ロリータ・ヤー・ヤー
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

7. Hula Hoop (0:10)
 フラ・フープ(セリフ)
 Bob Harris, Nelson Riddle / Sue Lyon, Shelly Winters

8. There's No You (3:21)
 ゼアーズ・ノー・ユー
 Tom Adair, Hal Hopper / Nelson Riddle & His Orchestra

9. Quilty's Caper (Scholl Dance) (1:50)
 スクール・ダンス
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

10. "A Lovely, Lyrical, Lilting Name" (0:23)
 愛しの名前(セリフ)
 Bob Harris, Nelson Riddle / Shelly Winters

11. Put Your Dreams Away (For Another Day) (3:05)
 アナザー・デイ
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

12. Shelley Winters Cha Cha (3:11)
 シェリー・ウインタースのチャ・チャ
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

13. Music To Eat By (Mother and Humbert At Dinner) (1:52)
 ミュージック・トゥ・イート・バイ
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

14. Love Theme From Lolita (4:14)
 「ロリータ」愛のテーマ
 Bob Harris / Nelson Riddle & His Orchestra

15. Diary Entry (0:25)
 ダイアリー・エントリー(セリフ)
 Bob Harris, Nelson Riddle / James Mason

16. The Last Martini (Discovery Of Diary) (1:40)
 日記の発見
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

17. Charlotte is Dead (Thoughts of Lolita) (4:04)
 シャーロットは死んだ
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

18. Instant Music (Two Beats Society) (2:12)
 インスタント・ミュージック
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

19. Don't Smudge Your Toenails (0:34)
 足の爪を汚さないで(セリフ)
 Bob Harris, Nelson Riddle / Sue Lyon, James Mason

20. The Strange Call (4:02)
 変な電話
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

21. Mrs. Schiller (2:03)
 ミセス
 Bob Harris, Nelson Riddle / Nelson Riddle & His Orchestra

22. Twenty-Five Paces (0:18)
 25歩(セリフ)
 Bob Harris, Nelson Riddle / Sue Lyon, James Mason

23. End Title (4:32)
 エンド・タイトル(「ロリータ」愛のテーマ)
 Bob Harris / Nelson Riddle & His Orchestra



 ボブ・ハリスのペンによるロマンティックなピアノ曲「メイン・タイトル」をBGに、少女のロリータにペディキュアを塗るハンバートの手がアップになる。この淫媚で猥雑なシークエンスだけで、微妙なハンバートとロリータの関係が想像できる、すぐれたオープニングだ。尚、この曲を書いたボブ・ハリスはプロデューサーのジェームズ・ハリスの実弟。身内を使いたがるのは何もキューブリックばかりではない。

 いかにも50年代的なポップス「ロリータ・ヤ・ヤ」は、開放的で奔放なロリータのテーマ・ソングだ。タンゴのリズムがちょっと小バカにしているように聴こえるのは、終始高飛車だったロリータの性格のせいかもしれない。

 「シェリー・ウィンタースのチャチャ」は、酔っぱらったヘイズ婦人が、嫌がるハンバートを無理矢理ダンスに誘うシークエンスで使われている。でも、なぜ役名でなく役者名の曲名がついているのだろう?

 「ミセス・シラー」とは、まだ年端もゆかぬというのに、怒濤の人生を過ごした挙げ句、貧乏でだらしない妊婦に成り果てたロリータの事を指していて、ラスト直前のハンバートとの対峙するシークエンスに用いられている。

 ラストを飾る「エンド・タイトル」は、やっと少女愛から決別したものの、愛するロリータには別れを告げられ、キルティを殺した罪で逮捕、投獄され、その後獄中死してしまうハンバートの悲劇的な最期を効果的に盛り上げている。

 キューブリックは当初「サイコ」で有名な作曲家バーナード・ハーマンを起用する事を考えていた。しかし結局はフランク・シナトラ等に楽曲を提供していたネルソン・リドルに決定するのだが、当時キューブリックは、サウンドトラックをあまり重視していなかったのか、その後の作品で見られる「音楽と映像の相乗効果」や「アイロニックでシニカルな音楽起用」という方法論は感じられず、どちらかというと割とオーソドックスな方法論でまとめられている。また、この経緯から伺えるように、ヒッチコックの影響も感じさせる。

 この作品以降加速する「キューブリック独自の音楽起用」を知るものとしては少し物足りなさも感じるが、再発・再構成CDとしてはよくまとまっているし、どちらにしてもオリジナル音源は入手困難だろうから、ファンなら持っていてもいい一枚だろう。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

5
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)


 この映画は、人類が人類になった瞬間から、人類が人類でなくなった瞬間までを描きつつ、「人類とはいかなる存在か?」「人類はどこから来て、どこへ行こうとしているのか?」という、人類の根源的な命題に、ひとつのビジョンを指し示した空前絶後の傑作映画であり、前代未聞の実験映画だ。

 キューブリックは、そのビジョンの実現するに当たり、当代きってのSF作家であるアーサー・C・クラークを始め、当時の最新技術や科学考証の専門家をフル動員し、優秀なスタッフによって独自開発された特撮技術も最大限に利用した。また、斬新な構成・編集・カット割、既製のクラッシック音楽の効果的な使用、ナレーションの排除、セリフを絞り込み「重要な事は全て映像で表現した」という大胆なアプローチ等よって、映画の枠を超えて一種の「映像体験」して完成させてしまった。そのあまりの斬新さに、当時の論評は的外れで否定的なものもあったというが、それも今では笑い話だろう。

 この映画を、人類の立場で観てしまうと理解できないだろう。キューブリックは、クラークの小説版があくまで人類の視点から人間と宇宙との関わりを表現しようとしたのとは対照的に、もっと高い次元からこの物語を描き出そうとしている。(それが映画版と小説版のもっとも大きな差異だろう)キューブリックは大胆にも、観客に「神」(あるいは人間以上の「ある存在」)の視点から観ることを要求したのだ。

 その「視点」を視覚的に見せる為、キューブリックは「モノリス」という謎の物体を設定した。(宇宙人を描写する事も検討されたが、「陳腐になる」との判断で却下された)黙して語らないモノリスだが、その行動は実に雄弁で、猿人同士の争いや、HALとの対決を促し、人類が「宇宙」という広大な秩序にふさわしい種かどうかを冷徹に淘汰・選別した。その結果、子宮の暗喩ともとれる白い部屋で人間は老い、死を迎え、そして転生するのだが、(クラークの小説版では、時間が逆行し赤ん坊に戻る、という表現になっている。クラークとキューブリックの差異がここにもある)何も知らずそばで漂う地球は、あまりにも脆弱に見える。その地球にしがみつく人類の、なんと幼い事か!スター・チャイルドの済んだ大きな瞳は、キューブリックが人間を冷徹に観察するあの大きく黒い瞳と完全に一致しているのだ。

 もし、現実にモノリス(もしくはそれに準ずる「何か」)が我々の眼前に姿を現した瞬間、人類は何を感じ、何を想い、何を畏れるのだろうか・・・キューブリックが現出してみせたビジョンは、確かに「一つの可能性」を示唆したものに過ぎないかも知れない。だが、そのあまりにもシンプルで、あまりにも衝撃的なメッセージを完全に理解するには、現在の人類はあまりにも幼い。この映画が正当に評価できるようになるには、「その瞬間」が実際に訪れてみなければならないのかも知れない。

 2001年が過去のものとなった現在、映画に描かれた未来のテクノロジーと、今日実現したのものとの比較や(それはそれで楽しい考察だが…)、アポロ月面着陸以前の1968年に公開されたという事実などは、この作品のほんの一部分を紹介したに過ぎない。宇宙に於ける人類の運命を、宇宙からの視点で壮大に描ききった本作は、人類が初めて地球外知的生命体に接触するその日まで、永遠に輝きを失わない、映画史上、否、ありとあらゆる芸術表現の頂点に立つ、究極至高の作品でありつづけることだろう。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
lucky-eyes-wide-shut

 『アイズ…』で、ビルが謎の紳士からの尾行に気付き、思わず売店で購入した新聞「ニューヨークポスト」一面に書かれていた見出し。本作完成直後にキューブリックが逝去してしまった事実に、特別な意味を感じずにはいられない。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ