2
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 ネットは今や動画が当たり前となり、こんな貴重な映像が手軽に観られるようになったのは、大変喜ばしい事ではあるのだが、著作権的には限りなくクロに近いグレーなので心情的にはちょっと微妙。まあ、その是非はともかく、観れるものなら観たいのがファンというもの。アップした方に感謝しつつ、堪能させて頂きました。

 内容は、ニューメキシコ州のフレッド・スタットミュラー牧師が、軽飛行機に乗って教区を飛び回る活躍をレポートしたもので、当時、映画館で流れていたニュースフイルムとして一般的な作り。キューブリックが監督したものでなければ、今となっては全く価値のないフィルムだっただろう。後に飛行機嫌いになるキューブリックだが、'51年当時はまだ飛行機に夢中で、恐らく牧師の飛行機に同乗してカメラを回したのではないだろうか。

 短いフィルムだが、キューブリックらしさを感じるシークエンスはある。まず、子供が病気になるという緊急事態での離陸で、操縦する牧師の横顔にスロットルを操作する映像がインサートされるシーン。こういう編集はキューブリックの得意とする所で、その場の緊張感がよく表現されている。

 また、ラストシーンの、救急車の中から親子の目線で離れて行く牧師を撮影し、それにエンドマークをかぶせるというセンス。通常なら牧師と飛行機を手前に配し、その奥に向かって救急車が走り去り、牧師が親子の無事を願って見送る・・・とする所を、あえて母親の目線で撮影する事によって、より牧師のヒーロー像を強調している。まあ、キューブリックが単にあまのじゃくなだけかも知れないが。

 全般的にはヤラセ感ありありで時代を感じさせるものではあるが、大変貴重なフィルムなのは間違いない。ニーズはあると思うので、然るべき所が、然るべき手順で、然るべきメディアで発売して欲しい。もちろん、残りの未公開フィルム『拳闘試合の日』、『海の旅人たち』、『恐怖と欲望』も併せてお願いしたい。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
full-metal-jacket-1

 主人公のジョーカーが胸に付けていた「ピースバッジ」。平和の象徴である鳩の足跡をシンボライズしたもので、反戦平和のシンボルとして60年代に大々的に流行、反戦運動家も好んで使用したのはよく知られていますが、これを付けていたからといって『フルメタル…』を反戦映画と解釈するのは早計すぎ。今一度この主人公の「ニックネーム」を思い出してみて欲しい。

 また、ヘルメットに「Born To Kill(生まれながらの殺し屋)」と落書きされていたり、上官に「何故ピースバッジを付けているんだ?」との問いに、「ユングの二面性に関係するからです」と答えているからといって、『フルメタル…』を善と悪、正気と狂気の二面性を描いたものと解釈するのは早計すぎ。今一度この主人公の「ニックネーム」を思い出してみて欲しい。

 ・・・結局、戦争なんて「たちの悪い冗談」でしかない。戦場で浪費される兵士の命以外は。「弾丸は冗談を言わない」からね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

バリーリンドン [DVD](amazon)


 キューブリックの諸作品を観るにつけ、所謂一般の「映画」のそれとはかなり趣きを異としている事がわかる。誤解を怖れず言葉にすれば、一種の「組み写真」というか、一つのテーマを連続した写真で見せる「写真展」というか、まるで「映画を観る」というより、「作品を鑑賞する」という表現の方がしっくりくるようにさえ思われる。

 だがそれは、常に「退屈」「平板」との評がつきまとう事を覚悟しなければならない。キューブリックはそれを知りつつも、画の持つ力を信じ、「画で語る」という方法論を実践した。何故なら一般的な映画が持っている「俳優や台詞の面白さ」や「演出された映像の迫力」といった特徴は、感情に訴える事はできても、感性に訴える事はできない、と考えていたからだ。

 キューブリックは「映画は演劇を映像に収めたものではない」と発言している。だが多くの映画は演劇の延長でしかなく、親しみやすい演技、説明的台詞の多様、紋切り型の演出等に終始している。キューブリックはそんな「演劇的映画」を撮ろうとはしなかった。それは演出家でも俳優でもなく、カメラマン出身だという出自を考えれば、ごく自然な帰結だろう。

 キューブリック作品は「演劇的映画」として鑑賞してはならない。スクリーンに映し出された圧倒的なその画に、美術館にいるような緊張感を持って対峙しなければならないのだ。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

4
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
_SL500_
キューブリック・ミステリー―『2001年宇宙の旅』論 (Fukutake Books)(amazon)


 『2001年…』を中心にしたキューブリックの諸作品を独自の解釈で読み解きながら、その映像表現からメディアの本質を読み解くメディア論。特にHALやモノリスが産まれるに至った、当時のテクノロジーや社会背景の解説はとても興味深い。

 1990年の初版なので、多少情報が古くなってしまった部分はあるが、今でもその考察や指摘は充分に読みごたえがある。内容もかなり平易で、あまり専門的になりすぎないよう配慮されて書かれているのも好感が持てる。

 著者の浜野保樹氏は現在、東京工科大学メディア学部の教授で、キューブリック関連書籍の邦訳にも携わっている。海外には良書も多いと聞くので、是非その方面での活躍にも期待したい。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

2
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

A.I. [Blu-ray](amazon)


 キューブリックが20年の歳月をかけて積み重ね、練り上げたプロットを、ワーナーに期限を切られたとはいえ、たった1年(撮影は68日)で完成させてしまったスピルバーグに、高い完成度と深い思想性を求めるのは少し酷なことかも知れない。だが、この雑な作品をどうしても高く評価できないのは紛れもない本心だ。

 物語の根幹は「愛」にあることはキャッチコピーが示唆する通りだが、物語は終始「愛すること」、「愛されること」の行為のみに終始し、「愛とは何か?」という本質的な問題はおざなりにされてしまっている。キューブリックは、人間であれ、機械であれ、かりそめの肉体に「愛すること」をインプットされている点では対した違いはないと考え、愛の行為のみに終始し、「愛の本質」を考えようとしない人間に対して疑問を投げ掛けている。それは、同じ「愛する行為」ながら全く相反する(母性愛と性愛)プログラムをインプットされたデイヴィッドとジョーに象徴されているのだが、本来なら、もっと「愛の本質」について疑問を持ち、絡まなければはらない二人の機械は、「本物の人間になりたい」や「子供にはわからない」などの簡単な台詞のやりとりに終始し、全く話が深まっていない。

 キューブリックはこのプロットの映像化に当たり、本物のロボットを欲しがったと言う。この事は、キューブリックの完全主義者ぶりを象徴するエピソードとして有名だが、この物語の主題を、「愛の本質の追求」と考えるならば、それも納得のいく話かも知れない。何故なら、映像的に完全なロボットに見えれば、「機械が愛を求める姿」に強烈な違和感を覚えるはずで、それが機械的に「愛する行為」のみを求める人間の姿を逆説的に象徴させることができるからだ。スピルバーグの失敗は、この二人の重要なキャラクターに魅力的な俳優(ハーレイとロウ)をキャスティングしてしまったがために、中途半端な感情移入を呼んでしまった点にある。

 スピルバーグの失敗はそれだけではない。雑な脚本やご都合主義なストーリー展開は、製作期間の短さを考慮して大目に見るにしても、物語の後半に頻出する説明的なセリフのオンパレードや、未来人(機械人?)の映像化は、観るものをシラけさせるのに絶大なる効果を発揮している。

 キューブリックが目指したのは、ピノキオを下敷きに、おとぎ話的ファンタジーに彩られつつも、「愛の本質」を現代人に問い正す寓話であったはず。現代人はおろか、未来人でさえも「愛の本質」の正体が分からず、氷の中から掘り出したデイヴィッドから答えを得ようとするが、おざなりにデイヴィッドの夢を叶えて終わる当たり、皮肉に充ち、救いのない終わり方だが、物語はそちら側に深く立ち入ることはせず、結局スピルバーグの『デイヴィッドの母を訊ねて2000年』に収れんしてしまったのは、とても残念でならない。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ