このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
maxresdefault

 『2001年…』で、月のティコ・クレーターで発見されたモノリスに人類が付けた名称。TMAとは、Tycho Magnetic Anomaly(ティコ磁気異常)の略。因に、木星衛星軌道上で発見されたモノリスは、クラークの小説版によると、当初「TMA-2」と呼ばれたが「ティコ」でも「磁気異常」でもないので「ビック・ブラザー」と呼ばれた。400万年前の地球にあったものや、白い部屋に現れたものは単に「モノリス」と呼ばれている。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Tom-Cruise-bullied-full
Tom Cruise (IMDb)
トム・クルーズ(MOVIE-FAN)

 言わずと知れたハリウッドの大スター。『アイズ…』で、主人公の医者ビル・ハーフォードを演じた。共演は実生活でも当時妻だったニコール・キッドマン。主な出演作は、『エンドレス・ラヴ』(1981)、『トップガン』(1986)、『カクテル』(1988)、『レインマン』(1988)、『7月4日に生まれて』(1989)、『ア・フュー・グッドメン』(1992)、『ミッション・インポッシブル(1,2,3)』(1996、2000、2006)など多数。キューブリック関連に絞ると、『博士…』に出演したジョージ・C・スコット(士官学校校長)と共演した『タップス』(1981)で生徒役を、キューブリックに監督のオファーがあった『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994)で主役を演じている。また、DVDボックスの特典映像『A Life in Pictures』ではナレーションを担当した。1962年7月3日アメリカ・ニューヨーク州生まれ。ミミ・ロジャースとは1987年結婚、1990年離婚。キッドマンとは1990年結婚、2001年離婚。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ターミネーター2 特別編(日本語吹替完全版) [Blu-ray](amazon)


 キューブリック・フォロワーの一人、ジェームズ・キャメロン監督の、今さら説明不要の大ヒット近未来SF。

 映画の中盤、サラがスカイネットの開発者を殺しに行く場面、突然ローアングルで家の廊下のカーペットを走り回るラジコンカーを追うカメラワークが・・・。そして母親が子供を呼ぶ声…「ダニー!!」あああ、やっちゃってくれてます。あと、開発者が会社で銃撃を受け、瀕死の状態で爆破スイッチを持ち上げているカットは、なんとなくハロランがダニーのシャイニングを受け取ったカットに似てなくもない。同じ黒人だし。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
da
Identical Twins, Roselle, New Jersey, 1967(Wikipedia)

 著名な女性写真家、ダイアン・アーバスの代表作。キューブリックは『シャイニング』の双子の幽霊でこの作品のモチーフを使い、自殺してしまったアーバスにオマージュを捧げている。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

4
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ロリータ [Blu-ray](amazon)


 現在使われている、「ロリータ・コンプレックス(ロリコン)」という言葉は、「従順で大人しい、可憐な聖少女」的な意味合いで使われる事が多いようだが、原作よると、単純にそういう意味ではなく「狡猾で小生意気で口の悪い、蠱惑的な少女」といったニュアンスで定義されている…と思われるのだが、とにかく主人公であるハンバート氏の偏執的な少女への視線や妄想が凄すぎて、とてもじゃないが一般人には理解不可能。歩き方や仕種、話し方から肌のツヤ、揚げ句の果てにテニス・ウェアから覗く脇毛まで(謎)、彼の定義に当てはまらないものはニンフェット(妖精)とは呼ばないし、興味もないらしい。

 この映画はよく「ミス・キャスト」と評されることが多いようだが、原作を読んでみると一概にそうとは思えない。(原作のナボコフはこの映画を気に入っていたらしい)長篇の小説だが、よくまとめられて映像化されていて、ナボコフのファンだったというジェイムズ・メイソンも、ハンバートの「いっちゃってる」さ加減を上手く演じていた。それにピーター・セラーズの怪演も見逃せない。TV作家なる怪しげな職業の業界人は、キューブリックが生涯忌み嫌った、ハリウッドに巣くう胸くそ悪い連中を戯画化した姿だとも言えるだろう。

 とにかく一方的に妄想に溺れるハンバートの間抜けさ加減は、可笑しくもあり、情けなくもあり、憐れでもあるが、「男の恋愛」とは、はたから見ればその対象は誰であれ、以外とこんなものかもしれない…。そんなキューブリックの冷めた視線で描かれた「ブラック・コメディ」として観るべきではないだろうか。ハンバートは最後の最後に、妊婦になった一介の主婦姿のロリータを見て、自分が愛していたのは「ニンフェット」ではなく、あれだけ忌み嫌った母親シャルロットの血を確実に受け継いでいる、ロリータという「一人の女性」だったことに気づいてしまうのだが、それが少女の肖像画の頭部を銃で打ち抜く(少女愛からの決別)というラストシーンに象徴されている。ここにも「恋愛に対する男の身勝手な幻想」を打ち砕く、キューブリックらしい「皮肉の一撃」が感じられる。ただ、少しツメは甘かったかも知れない。当時の社会状況とか、タブーを考えれば仕方ない事かとは思うが。

 キューブリック自身も後に、「当時の様々な圧力団体の干渉を受け、ハンバートとロリータのエロティックな関係を充分脚色できなかった」と言っている。ロリータも原作の設定より少し年上の少女をキャスティングするしかなかったようだ。しかしこの37年後、『アイズ ワイド シャット』の少女売春婦役にリーリー・ソビエスキーをキャスティングして、この無念を晴らしている。(恐るべき執念…)彼女のような少女系女優がこの『ロリータ』でキャスティングされていたら、さぞかし異様な映画になっていただろう。

 近年、例の「ロリータ・ファッション・ブーム」で、この映画のポスターやポストカードを度々街で見かけるようになった。それはそれで良い傾向だとは思うのだが、やはり作品自体も観て欲しい。(この作品には性描写はまったく出てこないので、未成年者や女性でも心配ない)なぜなら、初期のキューブリック作品で最も冷遇されている隠れた名作だと思うからだ。

 この作品でキューブリックが皮肉ったのは、いわゆる「ロリコン」ではなく、女性を矮小化し、自分の好みのわくに閉じこめ、束縛しようとする男の独善的な欲望だ。(男自身はそれを「愛」と呼んでいる)その点は決して見誤ってはならない。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ