このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DR4NEzIVAAIBCiT
作品中のあちこちに登場するクリスマスツリー

 英i-Dが、クリスマスに親や年配の親戚と一緒に見るのは避けるべき映画5作品を発表した。

〈中略〉

「アイズ ワイド シャット」

 巨匠スタンリー・キューブリックの遺作。ある夫婦の愛と性をめぐる心の葛藤を冷徹に映し出したドラマで、妻の性的妄想を叶えるために夫妻で仮装乱交パーティに参加する。当時私生活でも夫婦だったトム・クルーズとニコール・キッドマンが主人公の倦怠期カップル役で共演した。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2018年12月18日





 ちょっと待った!「妻の性的妄想を叶えるために夫妻で仮装乱交パーティに参加する」って間違っていますよ。「妻の性的妄想への嫉妬心から独断で仮装乱交パーティに潜入する」が正しいです。まあ、それはともかく舞台はクリスマス時期のニューヨーク、主演はトム・クルーズとニコール・キッドマンですので、それだけ聞けばいわゆる「クリスマス映画」と言えますが、内容はこの通り全くファミリー向けではありません。

 原作小説『夢奇譚』の舞台はウィーンで、時期はクリスマスではありませんが、キューブリックが映画化の際に時期をクリスマスに設定しました。理由は「クリスマス飾りの照明が物語の怪しい雰囲気に合致するから」や、「夜のシーンが多くなるので、自然光照明の光源を自然な形で用意したかったから」「パーティーというシチュエーションを自然に思わせるにはクリスマスが最適だから」などが考えられます。キューブリックは映像の完成度を最優先させて物語を改変することが多々あるので、おそらくこういった理由ではなかったかと考えています。

 ちなみにキューブリックはユダヤ人ですが、自宅でクリスマスパーティーを開いたり、クリスマスプレゼントを贈ったりするなど、ユダヤ教には無関心でした。ただ、ユダヤ人であることであらぬ差別や誹謗中傷を受けていたのも事実で、それは『アイズ…』の脚本を担当したフレデリック・ラファエル(この人もユダヤ人)の著書『アイズ・ワイド・オープン』に記述があります。また『スパルタカス』の頃は「あのブロンクスのユダヤ野郎!」などと露骨に嫌悪されていたそうです。

 原作小説『夢奇譚』の作者であるアルトゥル・シュニッツラーも、その小説の主人公も、脚本家も、映画監督もユダヤ人の『アイズ…』ですが、キューブリックは映画化に際してその「ユダヤ人臭」の徹底排除をラファエルに指示しています。クリスマスという時期を選んだのも、それを消し去る最適の舞台装置であると判断したのかも知れませんね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
IMG_1573


 書店売りの雑誌がここまでキューブリック作品を採り上げるのはずいぶんと久しぶりだと思います。キューブリック逝去後、2010年頃まではサブカル系雑誌を中心に幾度か採り上げられていましたが、ここ10年くらいはすっかり忘れられた存在になっていました。それだけ今年の『2001年…』関連の盛り上がりがすごかったという証左なのでしょう。

 肝心の特集の内容ですが、全42ページの大特集ですが、オーディオ・ビジュアルの専門誌らしく、その多くが技術的な点にフォーカスしているのは仕方ないところ。特に目新しい一次情報もないので、そういった目的には応えてくれませんが、『2001年…』の4K化を契機に今後4Kや8KのAV機器導入を考えてる方には参考になるのではないでしょうか。

 全チャプターの解説は労作だと思いましたが、モノリスは金属製でなく黒鉛と塗料を混ぜ、それを塗り重ねたものをピカピカに磨き上げて制作したもの。パーカーの万年筆の先はスプリングではなくおそらく小型の原子力(放射性同位体)パケットだと思われますので、ここで補足しておきます。

 特集の各章立てと概要は以下の通り。ご購入の参考にどうぞ。

●特集『2001年宇宙の旅』

・すべては『2001年宇宙の旅』から始まった
 黒田邦雄氏による作品解説

・今、なぜ『2001年〜』なのか
 2018年の『2001年宇宙の旅』
 藤原陽祐氏による70mm上映、IMAX上映、8Kオンエアレポ

 70mmフィルムには「感性情報」が詰まっている
 山下泰司氏によるフィルムアーカイブ冨田美香氏のインタビュー記事

・『2001年宇宙の旅』メディア進化論
 藤原陽祐氏によるLD〜DVD〜BD〜UHDBD、iTunes 4KHRDまでの各メディア解説

・『2001年〜』への異常な愛情
 福井晴敏、添野知生、久保田明、酒井俊之、高津修、西山嘉樹、堀切日出晴 各氏によるコラム

・キューブリック音楽のスコア
 伊藤隆剛氏によるCD4枚組『スタンリー・キューブリックの音楽〜「デイジー」「また会いましょう」から「雨に唄えば」まで』の解説

・画質・音質を極めるならUHDブルーレイ
 藤原陽祐氏によるUHDBD対応機器の解説

・Ultra HD Blu-ray徹底分析〜全チャプター見どころ・聴きどころ解説
 藤原陽祐氏による『2001年…』UHDBD全チャプター解説


HiVi(ハイヴィ)2019年1月号(amazon)


【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC00793
公開直前に回収になり、公開後しばらく経ってから発売になった『アイズ…』の劇場用パンフレット。

 キューブリックの遺作となってしまった1999年7月公開の『アイズ ワイド シャット』ですが、公開当日にパンフレットがない、という事態になってしまいました。理由は完成したパンフレットに不備があり、間際になって回収されたということだったのですが、再度印刷、発売されたパンフレットを入手してみると『シャイニング』のページにスーティブン・キング版の写真が使われていました。

DSC00792
黄色いタイトルに上に「スティーブン・キング版『シャイニング』のバーテンダーのロイドと支配人ダーウェントの写真が使われてる。

 当時運営していたホームページの掲示板でも「せっかく回収してまで刷り直したのに、こんな間違いをしていたら回収の意味がないのでは?」と訝しがる意見が多数。結局回収の原因はわからず、今の今までうやむやになったままでした。ところが最近、ある方からのリークがありまして、どうやら真相は以下のようなことだったらしいです。

 回収になった問題はP49ページにプリントされた「FUCK」の文字で、日本支社の代表取締役社長が「故人に失礼だから」との判断で、文字を消した改訂版に差し替えられました。(情報提供:T.S.さん)

DSC00791
不自然にくり抜かれた背景色にスミベタと、とってつけたような奥付表記が怪しい。

 リーク通り、確かに該当ページには不自然に黒で塗りつぶされた箇所があり、そこには奥付がはいっています。「SOUNDTRACK」と「CREDITS」と同一フォント、同一色でここに「FUCK」と入っていても自然な感じがしますね。当時は完全デジタル製版普及前ですので、製版フィルムをここだけくり抜いて、スミベタの文字白抜きで奥付を入れたように見えます。

 結局ワーナーのお偉い方の「鶴の一声」だった、ということらしいですが、この情報をリークしてくださった方も「伝聞である」とされていますので、確実な情報とは断定できません。

 このブログをご覧になっている方で、もし同様の情報をお持ちでしたらメール、または掲示板にてお知らせください。もう20年近くも前の話なので時効だとは思いますし、特に秘匿すべき情報であるとも思えませんが、ファンの長年のモヤモヤ(笑 を晴らす意味でも、皆様の情報提供をお待ちいたしております。

 なお、『アイズ…』のパンフレットは古本屋やオークションなどで安価に入手できます。その際、万が一「FUCK」と書かれたパンフを見つけますと「超レアアイテム」となり、この情報は確定ということになります。もし「『アイズ…』のFUCKパンフ」を入手された方がいらっしゃいましたら、当ブログまでぜひご一報ください。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
academy_museum_concept_2_embed
ギャラリー「想像の世界」※AMPASより引用

 2019年の終わりにオープンするこの新しいスペースは、初期の無声映画からスタンリー・キューブリック『2001年宇宙の旅』のスターゲートへと通じています。

〈中略〉

 2階の展示室は現実とファンタジーをテーマにした2つのギャラリーに分かれています。「現実の世界」は、映画制作者が冷戦と原子力時代、そしてイタリアのネオリアリズムとフランスのヌーベルバーグにどのように反応したかを、 「想像の世界」は、あらゆるタイプのファンタジー映画を追求しています。ふたつのギャラリーをつなぐのはスタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』の幻惑的で革新的なスターゲート・シーケンスに触発された通路になる予定です。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Hollywood Reporter/2018年12月4日




 上記の「想像の世界」のイメージボードによると、以前この記事でご紹介した『2001年…』で実際に使用された唯一の現存モデル「アリエス1B宇宙船」、ジュール・ヴェルヌの『月世界旅行』、スピルバーグの『未知との遭遇』のマザーシップなどが展示されるようです。

 他にも東京のアート集団「teamLab」が「Transcending Boundaries」というインスタレーションを開催したり、4階のマリリン・アンド・ジェフリー・カッツェンバーグ・ギャラリーでは、宮崎駿監督作品の回顧展が予定されています。

 リンク先によると映画関連の機材も展示されるようですが、シネラマ用のカメラは初めて見ました。本当に3本のフィルムをセットできるんですね。

 なかなか充実した展示になりそうですが、スターゲートに似せた通路まで作るという、今更ながらのアカデミーの『2001年…』に対する厚遇ぶりに違和感も(笑。1968年のアカデミー賞では『2001年…』に、監督賞も作品賞も脚本賞(クラークは相当悔しがっていた)も贈らなかったくせに、この手のひら返しには違和感ありまくりです。とは言っても、やはり興味をそそる展示物ばかり。映画ファンには定番のロサンゼルスの観光スポットになりそうな予感ですが、だったら贖罪を込めてせめてアカデミー特別賞くらいは、クリスティアーヌが存命のうちに贈ってあげてほしいものです。

 アカデミー映画博物館の公式サイトはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
バルセロナ現代文化センターで開催中の『スタンリー・キューブリック展』のPV

ドイツを皮切りに世界中を巡回し続けるキューブリック展が現在バルセロナで開催中。

 その封切りから50年たった今も、圧倒的な現代感と未来感を失わず、不朽の名作としてあらゆる世代の映画ファンを魅了し続ける『2001年宇宙の旅(1968)』や『時計じかけのオレンジ(1971)』、『シャイニング(1980)』そして遺作となった『アイズ・ワイド・シャット(1999)』まで、長編映画をはじめ数々の作品を残したニューヨークの映画監督スタンリー・キューブリックの展覧会が現在バルセロナで行われている。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Casa BRUTUS/2018年11月30日




 Web版とはいえ、Casa BRUTUSのようなメジャーな雑誌が、海外で開催中の『スタンリー・キューブリック展』を採り上げるのはいささかびっくりなのですが、今年は『2001年…』の公開50周年だったこともあり、久しぶりにキューブリック周辺が盛り上がった一年になりました。

 1999年3月に逝去後、同年7月に遺作になってしまった『アイズ ワイド シャット』の公開があり、ひとしきり話題になった後、一旦忘れられた形になったキューブリックですが、実はその数年後、キューブリック邸に死蔵されていた数々の貴重な資料が公開になり、それらをまとめて展示する展覧会がドイツの会社によって企画され、2004年からドイツを皮切りに全世界で公開・展示されてきたのがこの『スタンリー・キューブリック展』です。この展覧会は海外では大きな反響を呼び、キューブリック邸に遺されていた残りの資料も2007年にロンドン芸術大学に寄贈され、それら資料をまとめた『The Stanley Kubrick Archives』が刊行されるなど、海外では死後もキューブリックは大きな反響を呼びつづていました。

 ですが、残念ながらその反響は日本には届かず、管理人を始めとした一部のキューブリックファンが騒いでいるのみ、という状態が10年以上も続いて来たのですが、近年再び盛り上がりを見せ、今年の『2001年…』公開50周年でやっと一般レベルまでその盛り上がりが到達した、という印象です。それはこのCasa BRUTUSが『スタンリー・キューブリック展』を記事で採り上げたという事実からも確認できますね。

 これまでの開催地リストはこちら。『スタンリー・キューブリック展』公式サイトはこちら。今更言うまでもないことですが、バルセロナ、ロンドンの次、ぜひ日本でお願いします!
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ