このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1920px-Bofors-060323-F-9044H-001
ロッキードAC-130H「スペクター」ガンシップに搭載された、ボフォース40mm機関砲に弾薬を装填するR・リー・アーメイ。(2006年)



ハートマン軍曹、ありがとう。

 スタンリー・キューブリック監督の映画『フルメタル・ジャケット』に「ハートマン軍曹」役で出演した俳優のロナルド・リー・アーメイさんが、肺炎による合併症のため死去した。74歳だった。アーメイさんのマネージャーが4月16日、公式Twitterで発表した。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ハフポスト日本版/2018年04月16日



 R・リー・アーメイの逝去の報に関連して、いくつか事実誤認がみられますので、ここで事実関係を整理します。

 アーメイが『フルメタル…』に参加した経緯は、脚本で参加したマイケル・ハーの紹介によるものです。ハーは『地獄の黙示録』でヘリパイロット役兼テクニカル・アドバイザーだったアーメイを知っていて、ベトナム戦争の専門家を欲しがっていたキューブリックに紹介しました。当初は単なるアドバイザーでしたが、罵倒のセリフのあまりの迫真さ(アーメイは実際に海兵隊の訓練教官だった)にキューブリックに気に入られ、ハートマン役に決定していたティム・コルチェリ(ヘリで民間人を撃ちまくるドアガンナー役で復活)から急遽変更、抜擢されました。アーメイは「役が欲しかったので奪い取った」と発言しています。

 アーメイはしばしば「『フルメタル…』でアドリブを許された数少ない役者のひとり」と紹介されますが、そんなことはなく他の役者にもアドリブを試しています。キューブリックはむしろ撮影現場でのアドリブを重視した監督で、その意図はこの記事で解説しています。

 アーメイは『フルメタル…』の撮影中に片側(おそらく左側)の肋骨すべてを折る事故を起こして、撮影は5ヶ月間中断してしまいました。中断後の演技が格段に上達していたので、キューブリックはいくつかのシーンを撮り直しました。オープニングに続く新兵罵倒シーンは、その撮り直したシーンではないかと思います。常に左手を腰の後ろに当てているのがその理由です。ジョーカーが腹パンチを食らうシーンでは、殴る瞬間は左手ですが、実際に殴ったのは右手です。このことからも、左手をかばっていたことが伺えます。

 アーメイはその後もキューブリックと親交を続けましたが、キューブリック自身が『アイズ ワイド シャット』は駄作と告白したと証言したことが話題になりました(その記事はこちら)。ただ、これはプライベートな場での発言だったこと。キューブリックが本気で駄作だと考えるなら、公開を差止めることさえできたこと。キューブリックが『アイズ…』製作に並々ならぬこだわりと時間を費やしていたことなどを考えると、キューブリックが冗談を言った可能性が高いと考えます。キューブリックのジョークは周りの人をドン引きさせるほど「ブラックで」「キツくて」「容赦なかった」そうです。それほど「クルーズ夫妻につきあって批評家とランチをするのにうんざり」していたんでしょうね。

 そんなアーメイも故人となってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 1968年に公開されたスタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」には、後世の映画制作にも影響をあたえた特撮技法が取り入れられています。コンピューターによってあとから映像を加工するVFXがなかった時代、撮影は工夫の連続でした。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:GIGAZINE/2018年4月12日




 記事では「回転するセット」「モーションコントロールカメラ」「スリットスキャン」「フロント・プロジェクション」の4つが紹介されていますが、どれもすでに知られていた特撮方法(スリットスキャンはベースのアイデアがあり、その発展系)です。キューブリックはそられを改良し、より高い品質を求めた、というのが正しい理解です。キューブリックは光学(アナログ)で合成すると画質が劣化するのを嫌がり、なるべく合成の工程を少なくするようにしました。端的に言えば「合成なしの一発撮り」を理想としたのです。となると、セットはなるべく本物に近くなるように作り込むしかなく、それが予算が膨大に膨らんだ理由の一つになりました。

 撮影自体は原始的で、とても手間のかかるものばかりでした。「無重力状態は被写体の真下にカメラを置き、レンズを真上を向けて撮影」「鏡を使ってありえない角度のツーショット」「ガラスにペンを貼って宙に浮かせる」「コンピュータのディスプレイは手描きアニメーション」「それらはリア・プロジェクションでセットに埋め込んだ映写機で表示させる」などなど、当時のスタッフの苦労がしのばれますね。実際に離職率はかなり高かったようです。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
10
キューブリックファンのみならず、『007』ファンにとっても貴重な資料が見られます。



 『007シリーズ』のプロダクション・デザイナーとして、キューブリック作品では『博士の異常な愛情』と『バリー・リンドン』での美術監督としての仕事で有名な、ケン・アダムの資料を保管した『ケン・アダム・アーカイブ』が、ベルリンのドイツ・キネマテーク映画テレビ博物館(Deutsche Kinemathek Museum fuer Film und Fernsehen)に設置され、公式サイトがオープンしたそうです。

 公式サイトでは『博士…』や『バリー…』でケンが描いた、イメージボードや絵コンテを見ることができます。ケンはドイツ・ベルリン出身ですので、当地にこの施設が開設されるのは順当と言えば順当ですが、ナチスの迫害から逃れ、イギリスに移住し、爵位まで授与された当人は何を思うのでしょうか?ケンはすでに故人ですので、その心情ははかりかねますが、どちらにしても貴重な資料であることは間違いないので、保管施設が設置されたのは喜ばしいことですね。

 『博士…』のアーカイブはこちら、『バリー…』はこちらをどうぞ。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ケア・デュリアが『2001年宇宙の旅』に出演する前に主演した映画『バニー・レイクは行方不明』。この後デュリアは『母の旅路』に出演後、『2001年…』の撮影(1966年前半)に臨むことになる。



 『バニー・レイクは行方不明』を撮っていたある日、私の代理人から「今、座っている?」と電話がありました。私は「いいえ」と答えた。彼は言った。「まあ、座ったほうがいい。スタンリー・キューブリックの次の映画の主役へのオファーがあった」。私はオファーを知りませんでした。私はオファーについて一言も聞いていなかった。私はすでにキューブリックのファンだった。私は演劇学校に通っていたときに観た『突撃』が大好きでした。

(引用元:cleveland.com/2011年7月9日




 IMDbの『バニー・レイク…』のトリビアの項目には「この映画のケア・デュリアのパフォーマンスは、キューブリックが『2001年…』のボーマン役を選んだことにつながりました」となっていますが、どうやらそれは間違いで、それ以前の映画(『リサの瞳の中に』?)を観てオファーしたことになります。このインタビューでデュリアは、監督であるオットー・プレミンジャーが恐ろしかったらく、「撮影はハッピーな体験ではなかった」「怒鳴ってばかりで、みんなを侮辱するのを楽しんでいるように見えた」とも語っています。

 この『バニー・レイク…』、そのせいもあってか全体的にピリピリとした神経質な雰囲気が張り詰めた、良質のサスペンス映画に仕上がっています。機会があればぜひご観賞あれ。

情報提供:sinika様
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
180209_cinema-e1518086836352
ロゴ制作:鈴木一誌



 2018年3月までは「東京国立近代美術館フィルムセンター」という名称だったのが、本日2018年4月10日「国立映画アーカイブ」として東京国立近代美術館から独立した組織になり、開館しました。以下はそのプレスリリースにあった設置概要です。

独立行政法人国立美術館 国立映画アーカイブ設置のお知らせ

東京国立近代美術館フィルムセンターは、2018年4月、独立行政法人国立美術館の映画専門機関「国立映画アーカイブ」として新たな位置づけで設置されます。これまでも映画の収集・保存・公開・活用を行ってきましたが、今回、他の国立美術館と同格の機関として改組し、「映画を残す、映画を活かす。」をミッションとして、我が国の映画文化振興のためのナショナルセンターとして一層の機能強化を進めていきます。

独立行政法人国立美術館 国立映画アーカイブ 概要

◆名称:国立映画アーカイブ  英語名称:National Film Archive of Japan(略称 NFAJ)
◆設置年月日:2018年4月1日
◆館長(予定者):岡島尚志(おかじま ひさし)
◆ミッション:映画を残す、映画を活かす。
◆URL:http://www.nfaj.go.jp/
◆先付け映像:作者 山村浩二  ※映像はフィルムセンタートップページでご覧ください

◆独立後の体制
●広く外部から助言を得る体制
  アドバイザー(8人)
  岡田裕介氏(一般社団法人日本映画製作者連盟会長)
  奥田瑛二氏(俳優・映画監督)
  河瀬直美氏(映画監督)
  新藤次郎氏(協同組合日本映画製作者協会代表理事)
  長瀬文男氏(株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス代表取締役会長)
  堀越謙三氏(東京藝術大学名誉教授)
  松坂慶子氏(俳優)
  山田洋次氏(映画監督)
  機能強化会議(仮):産官学関係者、アドバイザー

◆ナショナルセンターとしての強化
 ●3 本の柱を核に収集・保存・公開・活用を一本化
  1.映画を保存・公開する拠点:保存・復元・上映・展示
  2.映画の文化・芸術振興拠点:教育・普及
  3.映画による国際交流拠点:FIAF機関との国際連携・協力
 ●大ホールを「長瀬記念ホール OZU」と改称。
 ●幅広く多くの人たちに向けて、監督別や国別、ジャンル別など様々なテーマによる上映会や、映画史上の名作を鑑賞する上映会、映画を学ぶ人たちに向けた上映会、親子向け上映会を実施。

(引用元:東京近代美術館ホームページ/2018年2月6日


 今年のカンヌ映画祭で上映される70mm版『2001年宇宙の旅』が、日本で上映されるとしたら今のところ、ここしかありません。プレスリリースにも「映画史上の名作を鑑賞する上映会」とあります。学芸員さん、日本のワーナーの担当者さん、期待していますよ!
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ