このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 イギリスのヒップホップシーンの有望株と目されている、ロンドン北部のノーザンプトン出身のスロータイ(slowthai)は、2019年5月17日にリリースされた『ナッシング・グレート・アバウト・ブリテン』でメジャーデビューしたばかり。そのスロータイのMVに『時計じかけのオレンジ』への言及がある2本をご紹介。



スロータイ/イングロリアス ft. スケプタ(slowthai - Inglorious ft. Skepta)

 まずは『イングロリアス』のMVから。全体的に『時計…』のシーンからの引用がされていますが、スロータイの「イギリス」という国に対するスタンスが感じられるMVになっています。ちなみにフィーチャリングのスケプタはイギリスでは有名なグライムのMCだそうです。ヒップホップは派生音楽が多く、それぞれ区別しにくいためにこの「グライム」というジャンルもヒップホップと区別がつきませんが、こういった大物MCがフィーチャーされているところに、このスロータイに対する期待度が現れています。



スロータイ/ノース・ナイツ(slowthai - North Nights)

 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』っぽかったり、『シャイニング』の真下からアオリやあのシーンも登場しますが、『時計…』の衣装とミルクもバッチリ登場します。

 このインタビュー記事を読む限り、スロータイのリリックは現在のイギリスの置かれた状況と、そこに住む「イギリス人(移民を含む)」について、彼なりの視点で語られたものだそうです。ブレグジッドで揉めているイギリスですが、融和か分断かの問題は今後も激しさを増すでしょうから、彼のようなMCが支持を得ているというのも、現在のイギリスやEUを象徴していると言えるんでしょうね。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
M1

M2
キューブリックの左側にいるのがトーバ・メッツ。

M3
映画の男と同じポーズをとる芝居をするキューブリック。

M4
キューブリックとルースが「共演」したシーン。

 キューブリックの二番目の妻、ルース・ソボトカがキューブリックと結婚前、画家兼映画監督ハンス・リヒターの前衛映画『金で買える夢(Dreams That Money Can Buy)』に出演していたことは以前この記事で紹介しましたが、この映画にキューブリックと最初の妻であるトーバ・メッツ(当時はガールフレンド)が、エキストラとして参加していたそうです。

 この作品の初公開は1947年9月ですので、撮影がその年だとしてもキューブリックは当時18〜19歳(撮影が1947年7月以前なら18歳)。この頃すでにルック誌の有望な新人カメラマンとして、ニューヨークのユダヤ人コミュニティでは知られた存在でした。であれば、キューブリックが映画製作に興味がることを知っている誰かが、この作品のエキストラとしてキューブリックとトーバを撮影現場に誘ったのでは?と考えるのが妥当な気がします。どちらにしても公開された作品は観たでしょうから、キューブリックとトーバは結婚する前から、将来キューブリックの二番目の妻となるルースの存在を認識していたことになります。そのキューブリックがルースと付き合うようになるのはこの5年後の1952年。この頃キューブリックは『恐怖と欲望』を制作中で、ルースはバレリーナをしていました。きっかけはルースのルームメイトの振付師、デイビッド・ヴォーガン(のちに『非情の罠』でデイヴィのマフラーを盗む役として出演)を通じてだと言われています。

M5
ルースが初めて映画に登場するシーン。

 いずれにしてもこの作品で、キューブリック本人とその最初の妻であるトーバ、二番目の妻であるルースが「共演」しているという事実は、実に驚くべきものがあります。つまりこの三人は、ニューヨークのユダヤ人コミュニティという狭い範囲で知り合い、結婚まで至ったということです。キューブリックはその後、ニューヨークはおろかアメリカからもはるか離れたドイツで、以降の生涯を共にするクリスティアーヌ(しかもユダヤ人を弾圧したナチに近い家系の出身者)と三度目の結婚をすることになるのですが、キューブリックがニューヨークのユダヤ人コミュニティから離れ、イギリスに居を構えたのは、そのユダヤ人コミュニティが肌に合わなかったのも理由の一つなのかも知れません。

 ところで、キューブリックはこの頃勃興したニューヨークの前衛映画に関して

「アンダーグラウンド映画からはどんな可能性も感じなかった。クレイジーなアイデアや想像力はあっても、撮影技術はよくなく、興味をそそられなかった。」

と後のインタビューで語っています(イメージフォーラム1988年6月号「キューブリックのロングインタビュー」)。キューブリックの目標はあくまでメジャー・シーンであるハリウッドでの、自己の映像表現を追求することにありました。それは劇映画処女作『恐怖と欲望』が、ニューヨークのアンダーグランドシーンに於いて、多少評価が良かったくらいで満足していなかったという事実からも推察できます。キューブリックが、この『金で買える夢』のエキストラ出演で得たものは「自分はこちら方面に興味もなければ進むべきでもない」という結論だったのではないでしょうか。


『金で買える夢(Dreams That Money Can Buy)』フルバージョン。キューブリック、トーバ、そしてルースの出演シーンは32:56より。


The Stanley Kubrick Appreciation Societyによる紹介動画
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC01503

 この「映画論叢(えいがろんそう)」という雑誌、一般書店ではなかなか入手が難しく、書店での注文かamazonなどのネット通販、もしくは版元である国書刊行会のサイトに頼るしかありません。判型はA5サイズ、ページ数は128ページ、広告も一切ないので1,000円(税別)という価格は仕方ないでしょう。内容もオールド映画ファン向きで、かなり専門的。一般の映画ファンが気軽に手を出すには、なかなか敷居の高い雑誌です。

 その「映画論叢」の第50号に、スタンリー・キューブリック関連の著作で有名な内山一樹氏の最強レポート「『2001年宇宙の旅』を見続けて半世紀」が16ページに渡って掲載されています。その内容はさすがリアムタイムで鑑賞されてきた方の迫真のドキュメントとして、また貴重な資料として非常に読み応えがあります。シネラマでの初公開から凱旋興行と35mm版上映、10年後のリバイバル70mm版上映と35mm版上映、その後1980年代半ばまで続くリバイバル上映、2001年に公開された新世紀版、『午前10時の映画祭』での35mm上映とDCP上映、2015年の『ライブ・シネマ・コンサート』(管理人は内山氏と同日を鑑賞)、そして昨年のアンレストア版70mmからIMAX上映まで、日本での『2001年…』興行について全て言及されています。特に1978年リバイバル時のプリントの品質の不安定さや「バレ(本来見えてはいけない映像が見えてしまっている状態)」への言及は興味深いものがありました。

 内山氏といえば、キューブリックファンにとっては「バイブル」と言えるムック本『イメージフォーラム増刊号 キューブリック』で有名ですが、実はこのムック、その7割は内山氏の執筆(執筆者の石田タク、中畑薫は実は内山氏)だったそう。また、この記事には1969年に刊行された『キネマ旬報 臨時増刊 世界SF映画大鑑』に『2001年宇宙の旅』のシナリオ採録があり、そこにはボーマンがピアノ(キーボード)を弾くシーンが掲載されているとの情報がありました。そのムックも入手しましたので、後日レポートしたいと思います。

情報提供:元・空想科学少年様


映画論叢 50(amazon)
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
IMG_1633

 シド・ミードといえば『ブレードランナー』のプロダクトデザインを担当し、一躍有名になった工業デザイナーですが、のちに「ビジュアル・フューチャリスト」を名乗り、プロダクトデザインのみならず、その作品の世界観までデザインするアーティストとして一斉を風靡しました。日本では『YAMATO2520』や『∀ガンダム』で有名ですが、そちらはその方面の専門家にお任せするとして、キューブリックファンの見地からすると興味があるのはやはり『2001年宇宙の旅』の続編、『2010年』の主役宇宙船「アレクセイ・レオノフ号」を始めとするプロダクトデザインを担当した点です。

 当時、シド・ミードが『2010年』のプロダクトデザインを担当すると聞いて、ソ連といえば曲線的なデザインと刷り込まれていた管理人は「シド・ミードの直線的なデザインだとソ連の宇宙船に見えないのでは?」と危惧していました。デザイン画を見てもその印象は拭えず、「これじゃアメリカ製にしか見えない」と思ったものです。しかし、実際に映画でそのデザインを観るとそんなに違和感はなく、特撮班が頑張ったのか、ディスカバリー号とは対照的な無骨な重量感が存分に「ソ連製」を感じさせてくれました。アーサー・C・クラークが原作『2010年宇宙の旅』で書いた「レオノフ号がディスカバリー号をレ●プしている」というシーン(ドッキングシーン)も原作の印象と大きく違うものではなく、胸をなでおろしたものです。『2010年』という作品に関しては、キューブリックの『2001年…』と比較すること自体間違っていると思うし、それとは全く違う別物として、今現在観ても違和感なく楽しめる「ハードSF映画」として仕上がっていたと思います。それに工学的な知識に裏打ちされたデザインを心がけていた、シド・ミードが果たした役割は少なくないなと、今回の展覧会を観て改めて感じました。

 なお、会場では『ブレードランナー』のメイキング・ドキュメンタリー『デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー』でシド・ミードが登場する部分が繰り返し再生されていました。ちなみにこのドキュメンタリーに共同制作者として登場するアイヴァー・パウエルは、『2001年…』で冷凍冬眠中にHALに殺されるカミンスキー博士を演じて(ただ寝ていただけですが。笑)います。(詳細はこちら)その他会場ではカーデザイナーとして活躍していた1960年代から、ハリウッドに進出してプロダクトデザインを担当した『スタートレック』『トロン』『エイリアン2』『ショート・サーキット』、そして前述した『YAMATO2520』『∀ガンダム』までと、来場者が3万人を突破し、会期が延長されたのも頷ける充実の展示内容でした。ただ、鑑賞の順路や音声ガイダンスの順番など、導線のレイアウトが良くなかったのが気になりました。あと入場料が2,000円、音声ガイダンスが500円というのも割高感(会場は旧小学校の校舎)がありました。それに地方巡回もしないそうなので、その点も残念です。

 会期は2019年6月2日まで。公式ホームページはこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 戦争映画では厳しい訓練教官が登場する映画はいくつもあるのですが、その中でも「狂気的」な訓練教官が登場する映画TOP10を、おなじみのWatchMojo.comがセレクトしています。10位から2位は以下の通り。

10位:ブルースが聞こえる(1988)
9位:フォレストガンプ(1994)
8位:Major Payne(1995)
7位:グローリー(1989)
6位:人生狂騒曲(1983)
5位:パラダイス・アーミー(1981)
4位:ジャーヘッド(2005)
3位:愛と青春の旅だち(1982)
2位:スターシップ・トゥルーパーズ(1982)

 そして1位は・・・まあ言うまでもないですね(笑。2位は唯一SF映画のランクイン。3位も鉄板です。予想できた方も多いのではないでしょうか?
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ