このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC00739
写真中央のNFAJニューズレター第3号(310円・郵送可)には、「“大きな映画”の場所」と題された岡島尚志氏による大スクリーン映画の記事と、「シネラマ『2001年宇宙の旅』」と題された冨田美香氏によるシネラマ版、アンレストア70mm版についての記事が掲載されています。詳細は国立映画アーカイブ/刊行物まで。



 まず、何をさておいてもこの特別上映を実現していただきました、ワーナー・ブラザース・ジャパンと国立映画アーカイブ関係者様に深く御礼を申し上げたいと思います。大変貴重な機会を設けていただき、誠に有難うございました。今回の上映の経緯と詳細は、上映前に配布された下記の「NFAJハンドアウト第002号」にある通りで、デジタル全盛の現在、ロスト・テクノロジーの復元には大変なご苦労があったことは容易に推察できます。これでもまだ100%再現とは言えないのですが、現在できることを全て注ぎ込んだ、と言い切っていいと思います。

NFAJ_1

NFAJ_2
当日鑑賞者向けに配られた「NFAJハンドアウト第002号」(国立映画アーカイブ様より掲載許可取得済み)

 さて、管理人としてどういう点に注目して鑑賞したかについてですが、まずはアスペクト比です。『2001年』の撮影アスペクト比は2.2:1、70mmは2:1であったというデータが残っていますが、今回の70mmは、ほぼ現行BDと同じのフルサイズの2.2:1であったように感じました。HALのモニタもしっかり8つ見えていたので、おそらく16日からのIMAX上映も2.2:1ではないかと思います。

 次に、画質ですが、画面に走るフィルムの傷やピントが甘い箇所など、観づらさも多少あったかと思います。しかし、アナログならではの豊かな描写力、奥行き感は素晴らしいものがありました。特に星空の再現度は高く、思わず「信じられない 星がいっぱいだ!」と心の中で叫んでしまいました(笑。この70mm版をデジタルで再現した4K UHD BDや、IMAX上映には大いに期待できると感じました。

 色調ですが、宇宙ステーションの椅子がマゼンタだったことが判明していたこともあり、その点に注目していたのですが、最初のフロイド博士がラウンジを歩くシーンでは赤にしか見えませんでした。ソビエトの科学者と会話するシーンではマゼンタに見えましたので、この辺りの調整はどうなっていたのか謎が残りました。全体的に色温度が高めに補正されていて、現行BDで見る場合に比べてレトロ・フューチャー感があったように思います。

 音響に関してですが、やはり現在の低音重視のシネコンには及ばない部分はあったと思います。しかし、当時の再生環境の再現という意味では、たとえ音源がデジタルであったとしても意義のある挑戦だと感じました。音量も音割れしないギリギリまで攻めいたとは思いますが、TMA-1の「ビーッ」(「キーン」よりノイズ成分が多かった印象)という咆哮には参りました(笑。

 字幕は要返却の貴重な70mmフィルムに字幕を焼き付けることができなかったため(おそらく)、スクリーン下に小さな字幕用スクリーンが準備されていました。特に見づらくはなかったですが、IMAXでは当然字幕入りのデータが用意されていると思います。

 以上になりますが、今回の70mm特別上映は1978年のリバイバル公開時まで時を遡り、追体験する、いわば『1978年宇宙の旅』でした。そしていよいよ、そのノウハウをつぎ込んで、この70mmアンレストア版をデジタルで現代に蘇らせた『2018年宇宙の旅』が、10月16日から全国一部のIMAXで上映が始まります。特に円盤やCS・BS、ネット配信などで「観た気になっている方々」に、「『2001年…』は映画館で観ないと観たうちに入んねーよ!」と、「他の観た気になっている方々」に対してイキっていただくためにも(笑、一人でも多くの『2001年…』劇場未体験組(もちろん『2001年…』自体未体験組も)に今回のIMAX上映を「体感」していただきたいと思っています。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ペンシーンは0:41から。『ファースト・マン』公式サイトはこちら



 『ファースト・マン』は、史上初めて月面を歩いた宇宙飛行士ニール・アームストロングを中心に、1961年から1969年にかけてのNASAのミッションが実話に基づいて描かれた映画で、全米ではこの10月から、日本では2019年2月から公開予定です。

 その『ファースト・マン』の予告編には『2001年…』のペンシーンをオマージュしたと思われるシーンが登場します。この映画はニール・アームストロングの伝記に基づいていますので、このようなエピソードが実際にあったのかもしれませんが、製作総指揮が「キューちゃん大好き!」のスピルバーグだけに、なんとなく勘ぐってしまいますね。

 『ファースト・マン』は全米では公開になりましたが、ある有名なシーンがなかったり、登場する宇宙飛行士がトンデモコメントをしたりして物議を醸しているそうです。もちろんアポロ月面着陸は「人類の偉業」ですが、アメリカのソ連に対する軍事的優位性の誇示も目的のうちに入っていた、というのは有名すぎるくらい有名な話です(いわゆる「スプートニク・ショック」)。ふだんは「USA!USA!」うるさいくせに、こういった「変な気の回し方(もしくはアカデミー賞欲しい!)」はいかにも反現大統領主義のハリウッドですが、現在の「差異」にいびつに気をつかうハリウッドより、1980年代の「アメリカ・イズ・ナンバーワン!」でオラオラしてた頃のハリウッドの方がよっぽど「健全」な気がするのは私だけでしょうかね?
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
djinn_1
ソビエト科学者のと会合シーンでは「赤に近いマゼンタ」に見えます。



Exclusive! An original ‘2001’ Djinn chair from Kubrick’s film set has emerged and settles a debate

A rare, original Djinn chair from the actual film set of Kubrick’s masterpiece 2001: A Space Odyssey (1968) has just surfaced in a South London private home and helps settle an ongoing debate.

 キューブリックの傑作映画『2001年宇宙の旅』で実際のセットで使用された、貴重なオリジナルのジンチェアは、ロンドン南部の個人宅から発見され、長年の議論を解決するのに役立ちます。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Film and Furniture/2018年8月2日




 『2001年…』の宇宙ステーションに置かれていた、オリビエ・ムルグのジンチェアのカバーの色ですが、長年「赤」か「ピンク」かで論争があったそうです。その結果、最近になって映画で使用されたオリジナルのジンチェアが見つかり、結論としては「ピンク(正確にはマゼンタ)」で決着したそうです。

 『2001年という“未来”(A Look Behind the Future)』登場するこのシーンでは、確かにマゼンタに見えますね。

djinn_2

 宇宙ステーションのロビーのファーストシーンに登場するジンチェア。マゼンタより赤に近いように見えます。ライティングの関係でしょうか?

djinn_3

 (おそらく)キューブリック邸に引き取られたジンチェア。赤に見えますが、キューブリックが赤とマゼンタを用意させ、マゼンタを選んだためにボツになった赤をキューブリックが自宅用に引き取ったのではないかとも考えられます。ちなみに写真左はキューブリックの長女カタリーナ、右は三女ヴィヴィアン。

djinn_4

 記事のリンク先にある、見つかったというオリジナルのジンチェアはショッキングピンクのようなピンクで、とても「マゼンタ」とは言えません。ライティングの影響だけで、ここまで色が違うとは考えにくいのですが、退色の可能性もあり、実物を見てみないことにはなんとも言えません。また、記事でも引用されている、このページの作者は「ピンク(マゼンタ)」と断言していますが、ソースは当時映画を見た方々の記憶のみです。

 なんともモヤモヤした話ですが、キューブリックが何種類かの「赤〜ピンクのジンチェア」を用意させ、ベストのものをチョイスしたと考えるのが一番自然のような気がします。つまり、撮影準備中の映像である『2001年という“未来”』や、自宅で子供たちと写った写真はソースになり得ず、結局のところ映画に登場している色が正しい、ということです。であればトップに貼ってあるソビエト科学者のと会合シーンの「赤に近いマゼンタ」が一番正しく、宇宙ステーションのロビーのファーストシーンの色はライティングの関係で赤く見える、というのか今現在の管理人の結論です。

 また何かわかりましたら追記するか、改めて記事を起こしたいと思います。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

デヴィッド・ボウイ/スペース・オディティ(David Bowie - Space Oddity)

 まずは外せない超有名曲。1969年にデヴィッド・ボウイがリリースした初期の名曲『スペース・オディティ』から。「宇宙の変人」というタイトルからしてそうですが、当時のサイケデリック・ムーブメントと『2001年…』がいかに密接に結びついていたかを示す、トリップ的浮遊感のある微妙なコード進行が特徴的な名曲です。



クリス・ハドフィールド/スペース・オディティ(Chris Hadfield - Space Oddity)

 関連作品としてご紹介します。2013年当時NASAの現役宇宙飛行士だったクリス・ハドフィールドが、国際宇宙ステーションにギターを持ち込み、『スペース・オディティ』をカバー(ボウイの許可済み)したMVです。宇宙飛行士ですのでミュージシャンとしては素人ですが、それにしても素晴らしい音楽と映像です。歌詞もオリジナルの「プロテインを飲んでヘルメットをかぶれ」を、「ソユーズのハッチを閉めてヘルメットをかぶれ」に変えるなど工夫があり、最後のソユーズ地球帰還シーンはご本人が搭乗していたものを使用しているそうです。



レニー・クラヴィッツ/ビリーヴ(Lenny Kravitz - Believe)

 当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったレニー・クラヴィッツが1993年に発表したアルバム『自由への疾走(Are You Gonna Go My Way)』からのセカンドシングル。監督はミシェル・ゴンドリー。



マイケル・ジャクソン/スクリーム(Michael Jackson - Scream)

 今更説明不要のマイケル・ジャクソンですが、妹ジャネット・ジャクソンとデュエットした1995年発表のアルバム『HIStory』からのシングルカット曲。監督はマーク・ロマネク。ギネスに「史上最も費用のかかったMV」として認定されているそうです。



ペット・ショップ・ボーイズ/アイ・ドン・ノウ・ホワット・ユー・ウォント(バット・アイ・キャント・ギヴ・イット・エニイ・モア)(Pet Shop Boys - Don't Know What You Want (But I Can't Give It Anymore))

 1990年代を代表するテクノ・ダンス・デュオ、ペット・ショップ・ボーイズの1999年発表のアルバム『ナイトライフ』からのシングルカット曲。しかしこのMVは謎だらけで、途中『2001年…』の白い部屋でなぜか袴に着替えるのです。前半は『THX-1138』、後半は『マトリックス』っぽいですが、更に謎なのが眉毛。これはひょっとしてギャグのつもりなんでしょうか?よく・・・わかりません。



ミューズ/ブリス(Muse - Bliss)

 イギリスのロックバンド、ミューズの2001年にリリースされたセカンドアルバム『オリジン・オブ・シンメトリー』から。落ちてゆく縦穴の中にある横穴に、見覚えのあるエアロックが登場します。



イマジン・ドラゴンズ/オン・トップ・オブ・ザ・ワールド(Imagine Dragons - On Top Of The World)

 アメリカ・ネバダ州出身のオルタナ系ロックバンド、イマジン・ドラゴンズが2002年に発表したシングル曲。どうやらビートルズの4人になぞられたメンバーが宇宙飛行士になり、月へと向かうが実はそこは・・・というストーリーの様です。2001という番地の家からサイケ野郎はジョン、六角サングラスがポール、ヒッピーはジョージ、ライダー風はリンゴのつもり? その4人が横断歩道で「アビイ・ロード」して、「0009LAH」という監視カメラがそれを監視、つれてこられた月面セットにはディレクターチェアーに座ったいかにもユダヤ人くさい風貌でアーミーパーカーを来た人物、多分これがキューブリックですね。その隣のうさんくさい政治家はニクソンでしょうか。思いっきり『アポロ陰謀説』を茶化しています(笑。『シャイニング』成分も多めの楽しいビデオに仕上がっています。



レディ・ガガ/バッド・ロマンス(Lady Gaga - Bad Romance)

 あまりにも有名なレディ・ガガですが、2009年に発表したアルバム『ザ・モンスター』からのシングル曲『バッド・ロマンス』のMVは、『2001年…』の白い部屋のようなセットが印象的です。同じイタリア系という事もあってマドンナとよく比較されているようですが、この曲は1980〜90年代にヨーロッパ(主に英国)を席巻したニューウェイブ、エレクトロ・ポップ系の影響が強いように感じます。マドンナがあまりにもアメリカン・エンターテイメント的であったのに対し、ガガはヨーロッパ的なイメージも合わせ持っていて、クイーン(クイーンの『ラジオ・ガガ』が『レディ・ガガ』になった話は有名)やデヴィット・ボウイの影響がそう感じさせる要因のひとつでしょう。



スティグ・オブ・ザ・ダンプ[ft. ジェスト] - キューブリック/Stig Of The Dump - Kubrick [ft. Jehst]

 イギリスのヒップホップ・アーティスト、スティグ・オブ・ザ・ダンプが2015年にリリースした『キューブリック』というそのまんまの曲のMVが、やっぱりそのまんまキューブリックです(笑。途中でチラっと映る「Here's Johnny!」とハートマン軍曹は多分ジェストでしょう。この小太りのおっさんのビジュアルはともかくとして、『2001年…』以外にもキューブリック作品が数多く登場し、各作品の再現度が高いのは嬉しいですね。しかも珍しいことに『非情…』まで採り上げられています。でも最後に登場するレコジャケまでそのまんまなのはどうなんでしょう? ロバート・マッコールにはちゃんと許可を取ったのでしょうか。ちょっと気になります。



ビッグ・ショーン/バウンス・バック(Big Sean - Bounce Back)

 ビッグ・ショーンはアメリカ・デトロイト出身のアーティストで、2017年にリリースした『バウンス・バック』は「立ち直る」という意味なんですが、歌詞を見ると「やり返す」「這い上がる」というもっと攻撃的なニュアンスで歌われているように感じます。最初と最後に『2001年…』のスターゲート・シークエンスのようなカットがありますが、これはドラッグでのトリップでしょうか? ヒップホップカルチャーもドラッグとは切っても切れない関係ですからね。
(情報提供:okayu様)


 以上ですが、意外に少ない印象です。探せばもっとたくさんあるんだと思います。もし何か他に情報がありましたら掲示板までおしらせください。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
SKE_london

 2018年10月24日〜2019年3月31日の日程でスペイン・バルセロナで開催される『スタンリー・キューブリック展』の次の開催地は、ロンドンのデザインミュージアムにて、2019年4月26日〜9月17日の日程での開催が決定したそうです。

 今までキューブリックの第二の故郷とも言えるロンドンでの開催がなかったのは不思議だったのですが、満を持しての開催決定ですね。関連イベントもいくつか開催される可能性が高いですし、久しぶりの大規模開催の予感がします。

 残すはキューブリックの故郷、ニューヨークでの開催と・・・もう何年も(忘れるぐらい昔から。笑)言い続けていますが、我が「日本」。今回の『2001年宇宙の旅』アンレストア70mm版公開の盛り上がりを見ると、開催が決定されれば大騒ぎになるのは必至でしょう。ロンドンの次、期待しましょう。

 今までの開催地リストはこちら
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ