このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


『To the Moon and Beyond』は0:32より

 『2001年宇宙の旅』がいつ観ても古さを感じさせないのは、その後のSF作品を一変させてしまったメカデザインや、セット、ミニチュア、特殊メイクなど、美術全般の魅力が大きい。そして何より、とんでもなくリアリスティックな画面を実現させた、高度な特撮技術(*1)の貢献を忘れてはならない。本来であれば、製作・配給を手掛けたMGMのスタッフが、特撮も担当するべきなのだろう。だがこの時期、ほとんどのハリウッドの撮影所は特撮課を廃止してしまっており、スタンリー・キューブリックは新たにスタッフを見つけることからスタートしなければならなかった。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:CINEMORE/2018年9月21日




 ここで採り上げられている『Universe』はこちらで、『To the Moon and Beyond』はこちらでご紹介済みです。記事の執筆を担当した大口孝之氏はCGの専門家だそうです。こうしてスタッフの動きと役割が時系列でまとめて記事化されると大変わかりやすいですね。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DngbtiHUcAALI76

 すでに伝えられているように、『2001年宇宙の旅』が2018年10月19日(土)より2週間の予定で以下のIMAX館で上映されます。「2週間」となっているのは、客の入りによっては延長もあるという含みだとは思います。

 気がかりなのは上映サイズですが、北米での上映を観た方のレポートによると、左右カットされていたという証言もちらほら。ただ、序曲と休憩、エンドロールは上映されていたそうなので、そこは期待して良さそうです。

 IMAXはすべてデジタルでの上映となりますので、国立映画アーカイブの70mm上映とはまた違ったものになると思います。色調はアンレストアである70mm版に合わせていると思いますが、デジタルですのでフィルムのキズなどは修正しているでしょう。

 上映館のリストは以下の通りです。詳細はリンク先をご確認ください。『2001年…』のアスペクト比は2.2:1ですので、スクリーンの左右が広いほうが迫力があり、形がよりワイドの方が上下の黒味が少ないということになります。因みに一般的なスクリーンの比率は1.85:1程度です。後は音響、スクリーンと座席の関係(観やすさ)などで決めるのが良いかと思います。

 上映館中一番スクリーンサイズが大きいのは「109シネマズ・大阪エキスポシティ」の26×18m、次点は「成田HUMAXシネマズ」の24.5×14mとなっていますが、これ以下はスクリーンサイズ非公表の映画館が多いため、はっきりしません。上映環境の良し悪しは、スクリーンサイズだけで決まるものではありませんので、客層やアクセスまで考慮した上で、自分に最適の上映館を選択してください。

●109シネマズ
二子玉川
木場
湘南
菖蒲
大阪エキスポシティ
箕面

●TOHOシネマズ
仙台
日比谷
新宿
ららぽーと横浜
二条
なんば

●ユナイテッド・シネマ
浦和
としまえん
豊橋18
岸和田
キャナルシティ13

●KINEZO
T・ジョイ PRINCE 品川
横浜ブルク13
広島バルト11
鹿児島ミッテ10

●シネマサンシャイン
大和郡山
衣山
土浦

●イオンシネマ
大高

●HUMAXシネマズ
HUMAXシネマズ成田

●USシネマ
USシネマちはら台

●フューレック
福山エーガル8シネマズ
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 以前こちらでご紹介したアメリカ版オフィシャル動画に日本語字幕と、末尾に広告を追加したもののようです。アンレストアとフィルムの質感を楽しむ70mm版上映、デジタルながら、大画面の迫力と音響を楽しむIMAXと、同じ映画でも全く違う楽しみ方ができるので、これに50周年記念BD&4Kや、レコードジャケットサイズのBDまで発売されるというのですから、今年の秋はまさに「『2001年…』の秋」になりそうですね。


2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ (初回限定生産/3枚組/ブックレット&アートカード付) [Blu-ray](amazon)



【Amazon.co.jp限定】LPジャケット仕様 2001年 宇宙の旅 劇場公開50周 年記念企画 (WARNER LARGE JACKET COLLECTION) [Blu-ray](amazon)
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
91118


『2001年宇宙の旅 HDデジタル・リマスター&日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ』発売

 映画『2001年宇宙の旅』製作50周年記念、HDデジタル・リマスターBlu-ray発売決定。日本語吹替音声を追加収録した『2001年宇宙の旅 HDデジタル・リマスター&日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ』が11月21日発売。同日には、『2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ』も発売されます。いずれも初回限定生産。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:amass/2018年9月20日




 やはりきましたね。希望通り日本語吹き替え版も収録です。海外に比べて発表が遅かったのはこのせいでしょう。日本語吹き替えは以前WOWWOWでオンエアしたものと同じでしょうか? やっとオフィシャルに円盤化されましたね。BDか4Kかで迷いますが、BD所有者なら迷わず4Kだと思います。楽しみですね。


2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ (初回限定生産/3枚組/ブックレット&アートカード付) [Blu-ray](amazon)
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
burnel1
『2001年宇宙の旅』でカメラマン(左)を、『スターウォーズ(新たなる希望)』でデル・ゴレン(右)を演じたバーネル・タッカー

BT
『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』ではワイロン・サーパー大尉(一番右)役で登場

 クラビウス基地の会議室や、モノリス前での記念撮影のカメラマンを演じたバーネル・タッカーは、『スター・ウォーズ(新たなる希望)』で反乱同盟軍の通信士デル・ゴレンを演じているのですが、次作『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』では同じく反乱同盟軍の氷の惑星ホスのエコー基地所属、ワイロン・サーパー大尉を演じています。かと思えば『007は二度死ぬ』で潜水艦のクルー、『オーメン』ではシークレット・サービス、TVシリーズの『謎の円盤UFO』ではパイロット、『電撃スパイ作戦』では通信士や潜水艦のクルー、『U-571』ではデューク提督、『フラッシュ・ゴードン』では旅客機の副操縦士などを担当。

 キューブリック作品では『博士の異常ない愛情』でマンドレイクの副官を、そしてきわめつけは『シャイニング』で警察官を演じてるんですね。でもそのシーンはキューブリックによって公開後すぐカットされちゃいましたが(笑。

burnel2
『博士…』出演シーン。セリフは「将軍から」のみ。

 典型的な「なぜかそんな役ばっかり」の役者さんですが、ここまで警察・航空・軍関係ばかりが続いているのはめずらしいのでは? そんなバーネル・タッカー、『スター・ウォーズ』ファンの間では結構有名な存在らしく、こんな動画まであります。



 ただ、バイオグラフィはカナダ生まれだということぐらいでIMDbにもそれ以上の情報がなく詳細は不明。俳優業も2012年のTVシリーズ『ドクター・フー』以降出演がないようです。キューブリック作品に3回も起用されていますし、どこかでインタビューでも受けてもらって、当時の撮影秘話など聞いてみたいものですね。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ