このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
acoalex
小説版で、アレックッスたちが押し入るこの時点で作家が執筆していたのが小説『時計じかけのオレンジ』

 この「時計じかけのオレンジ(A Clockwork Orange)」という言葉ですが、古いコックニー(ロンドンの下町言葉)の言い回しで「奇妙な」という意味で、それを気に入った原作者のアンソニー・バージェスが小説のタイトルに据えました。

 その原作小説では、小説家アレクサンダーがタイプライターで書いていた本のタイトルが『時計じかけのオレンジ』で、押し入ったアレックスはそれを面白可笑しく読み上げ、ビリビリに破いて床にぶちまける、というシーンがあります。また、よく勘違いされるのですがここでいう「時計じかけ」とは「機械じかけ」の意味で、見た目は有機物(人間)でも中身は機械、つまり物語後半でルドビコ療法によって暴力を振るおうとすると吐き気を催すよう、オペラント条件付けで「機械人間」にされてしまったアレックスの置かれた状況を示しています。原作小説にはルドビコ療法の効果を実証するステージの場面で、アレックスが「まるで俺は時計じかけのオレンジみたいじゃないか!」と叫ぶ場面があります。

 つまり「時計じかけ」というのは誤訳とまでは言えませんが、かなり不親切な訳で、正確に訳すなら「機械じかけ」と訳すべきものです。タイトルを『時計じかけのオレンジ』から『機械じかけのオレンジ』に変えてみると、物語の内容を端的に表現していて違和感なく納得できます。公開当時(1971年)であれば機械じかけの時計はそこここに存在していましたので、特に説明の必要はありませんでしたが、デジタル時計が常識な現在、「時計=機械」とすぐに結びつかずに混乱を招いてしまっているようです。試しにGoogleの画像検索で「clockwork」で検索すると時計の機械部分の画像が数多くヒットします。英語圏のでの「clockwork」とはこのイメージになります。

 キューブリックが小説版にある「時計じかけのオレンジ」が登場するシーンや台詞を省いた意図は不明ですが、推察するに「説明しなくても観ればわかるでしょう」ということではないかと思います。確かにそうなのですが、「時計じかけ=機械じかけ」のニュアンスが伝わりにくい日本語訳はちょっとハンデがあるかもしれないですね。

 なお、「アンソニー・バージェンスが一時期暮らしていたマレーシアの言葉では、人間のことを「orang」(オラン)という。「A Clockwork Orang(e)」=「時計じかけの人間」とも解釈できる」などという解説もありますが、バージェスやキューブリックがそう証言しているなどのソースが不明なため、ここでは採用していません。何卒ご了承ください。

初出:2013年2月13日
加筆・修正:2019年4月20日
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して耳目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
americananimals
予告編はこちらでご覧ください。

 大学生4人が時価1200万ドル(約12億円相当)のビンテージ本強奪を狙った実話を描く「アメリカン・アニマルズ」の本編映像を、映画.comが先行入手した。前代未聞の強盗に挑もうとする主人公たちが“映画を教科書に計画を練る”シーンを収めている。

〈中略〉

 本編映像では「ザ・クラッカー 真夜中のアウトロー」「マッチスティック・メン」「ユージュアル・サスぺクツ」「ザ・ドライバー」「明日に向って撃て!」「スティング」「男の争い」「華麗なる賭け」といった参考書ならぬ“参考映画”が登場するなか、主人公たちが「現金に体を張れ」(スタンリー・キューブリック監督)を真剣に見入っている光景を活写。スペンサーが映画を参考に図面を起こし、ウォーレンが「現金に体を張れ」のセリフから計画を練る様子が映し出される。なお、今回披露されたシーン以外にも、劇中には「オーシャンズ11」「レザボア・ドッグス」を“真似する”シーンが登場するようだ。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2018年4月18日





 過去の犯罪映画を調べるというシチュエーションで登場する映画の中に、『現金に体を張れ』があるというのはなかなか奮ってますね。『現金…』のオマージュといえばクエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』が有名ですが、キューブリック・フォロワー(最近では「キューブリキアン」と言うそうです)の代表格であるジェームズ・キャメロン監督の『ターミネーター2』でも『現金…』のオマージュシーンがありました。

 この『アメリカン・アニマルズ』は2019年5月17日(金)から全国公開されます。公式サイトはこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して耳目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 現在全世界を巡回中の『スタンリー・キューブリック展』ですが、2019年4月26日よりロンドンのデザインミュージアムでの開催が始まります。それより以前、2016年6月30日〜10月30日の期間でサンフランシスコのユダヤ現代美術館で開催されたキューブリック展の展示を紹介した、360度VR動画がありましたのでご紹介。

 360度VRなので撮影者ご自身が映っているのはしょうがないとしても、展示の雰囲気はよくわかりますね。ただスペースの関係か、この時の展示はちょっとこじんまりした印象を受けます。映像がもっと鮮明だったらよかったのですが、そこがちょっと残念です。

 今回のロンドンの展示がどうなるかまだわかりませんが、ロンドンはキューブリックがその半生を過ごし、生涯を終えた地です。BFI(英国映画協会)もからんでかなりの本気度を感じますので、展示には期待したいですね。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して耳目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『マイセン幻影』などのジョルジュ・シュルイツァーがメガホンを取ったサスペンス。旅行中に失踪した恋人を捜索し続ける男の行く末が描かれる。『パッション・ベアトリス』などのベルナール・ピエール・ドナデュー、『S&M ある判事とその妻』などのジーン・ベルヴォーツのほかヨハンナ・テア・ステーゲ、グウェン・エックハウスらが出演した。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/2019年4月4日




 以前この記事でご紹介しましたが、キューブリックが高評価を与えたサイコサスペンス映画の傑作『ザ・バニシング−消失−』(1988年作品・当時日本未公開)の本編映像が公開になったのでご紹介。

 「これまで観た映画の中で最も恐ろしい映画だ」とスタンリー・キューブリック監督が震撼−というキャッチコピーもさることながら、失踪するヒロイン、サスキア役はキューブリックが製作準備を進めていた幻の作品『アーリアン・ペーパーズ』の主人公ターニャ役にキャスティングされていたヨハンナ・テア・ステーゲです。この『アーリアン…』での衣装合わせやスクリーンテストの動画も残されていますので、そういった予備知識を入れつつ、このヨハンナのどこにキューブリックは魅力を感じたのかを考えながら鑑賞するというのもキューブリックファンとしてはアリなのかな、と思っています。

 4月12日(金)よりシネマート新宿他全国順次公開です。公式サイトはこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して耳目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
KUBRICK_life

 キューブリック90回目の誕生日にオープンしたスクロールエフェクトを使用したサイト『Work and Life of Stanley Kubrick』。その名の通り簡単なバイオグラフィーと作品紹介で構成されていますが、何故か自主制作映画『恐怖と欲望』『非情の罠』、ハリウッドデビュー作の『現金に身体を張れ』の3作がオミットされています。内容はそれぞれの作品の主だったエピソードで構成されていますが、スクロールエフェクトの使い方はなかなか凝っていて、WEB制作関係者には参考になるかも知れません。

 制作したのはtubikという会社だそうです。サイトはこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して耳目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ